FXシストレ入門 FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > FXシストレ入門

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

ソーシャルトレード メリット デメリット

 投稿日:2015.07.03 | 最終更新日:2017.05.29

FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


2015年に登場し、

その存在はFX業界の新たな潮流となるかもしれない

ソーシャルトレード」。

ソーシャルトレードの解説はこちら→ソーシャルトレードとは?




凄腕トレーダーのトレード・取引をコピーできるのは

すごく魅力的なサービスですよね。


プログラムではなく、

人間が判断した売買・取引なので、

上手な方なら柔軟に相場の変動に応じることも可能なのがメリットです。


ただ、その一方でデメリットも存在します。

人間のメンタルというのは脆い(もろい)ということです。


特に私は色々なFXトレーダーの大会にゲスト枠として

出場させていただく機会が多いのでわかりますが、

トレードの全てを公開するというのは非常にプレッシャーがかかります。


また、その取引がコピーされていると思うと

プレッシャーはさらに倍増するでしょう。

崩れ出した時の損失が出るスピードは、

利益を出している時のスピードよりも速いことが多いと思います。


なので、そのトレーダーが順調か?好調か?の

成績のチェックは定期的にすることが重要ですね。


*追記 後日、さらにリスクをお話しました動画はこちら




自動プログラムの方が良い方は

インヴァスト証券「シストレ24」などの

プログラム型の方がシステムトレードが良いかも知れませんね。



この記事公開時点で、日本国内でソーシャルトレードが出来るFX業者は

ワイジェイFXのみです。



*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい

選ぶだけのFX比較はこちら→選ぶだけのFX

トレードコレクターの検証結果→トレードコレクター 大損


注目記事。    FX 連続注文 スプレッド比較 まとめ  トレードコレクター 攻略

FXCMジャパン証券 タイアップ  SBI FXトレード SBI証券 違い   選べる外為オプション 評価



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

      
2015/07/03(金) FXシストレ入門

FX 最大ドローダウンとは?

 投稿日:2014.05.02 | 最終更新日:2015.06.24

FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FX シストレ 無料シストレ 証拠金以上の損失という記事に続く、

FXシストレ入門ブログ記事。


FX・投資用語でもあり、

特にシステムトレードの際によく出てくるのが

ドローダウン」や「最大ドローダウン」というものです。


ドローダウン」は下落(損失)幅のことで、資産が減少した際によく用いられます。

その前に「最大」がつく「最大ドローダウン」は、

最大の下落(損失)幅のこと、ということになります。

最大ドローダウンとは?

上の図のように、累積損益pipsが、

最も利益の大きい状態から最も損失の大きい状態の値幅を

一般的には「最大ドローダウン」と呼びます。


さらに複数の画像を用いてお話ししました

無料動画がこちらです。



その他の私のYouTube動画一覧はこちらです。


ミラートレーダーや、

メタトレーダー4などの自動売買・システムトレードをされる方は、

派手な利益やプロフィットファクターだけではなく、

潜んでいるリスクの「最大ドローダウン」もチェックしてから、

自動売買プログラムやEA、ストラテジーを選択するようにしてください。


メタトレーダー業者比較→MT4比較

ミラートレーダー業者比較→ミラートレード比較


注目記事。  SBI FXトレード SBI証券 違い  FX パターン分析とは

バイトレタッチ 評判  FX 1000通貨 手数料無料  FX スキャ OK  トライオート キャンペーン攻略



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

      
2014/05/02(金) FXシストレ入門

シストレ 証拠金以上の損失

 投稿日:2013.05.25 | 最終更新日:2015.06.24

FX・バイナリーオプション・シストレ業者、35社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FX初心者にとって、

難しいのが、エントリー(買ったり売ったりする)のタイミングや、決済のタイミング。

特に決済のタイミングは非常に難しく、感情に流されてしまうと、

取り返しのつかない大損につながることもあります。


そんな初心者でもほったらかしで、運用してくれるのがFXのシステムトレードです。


数年前まではメタトレーダー4ぐらいしか、

しっかりしたFXのシストレのプラットフォームの選択肢はありませんでしたが、

2012年より台頭してきたのが

ミラートレーダーと呼ばれるFXのシステムトレードのプラットフォームです。

ミラートレーダーが人気の理由


業者比較はこちら→ミラートレード比較

ミラートレーダーの操作方法の一例はこちら→シストレ24 使い方


そこで本題の、シストレでは証拠金以上の損失が出る可能性があるかどうか?ですが、

あるか?ないか?で言えば、あります


FXには強制ロスカットという、証拠金が一定レベルを下回った場合に

ポジションをロスカットをしてくれる仕組みがあり、

証拠金以上の損失が出るのを防ごうとしてくれます。


が・・・戦争・テロ・天変地異など、急激な相場変動時や、

ポジションが週末をまたいだ時に、土日に大きな為替を動かす材料が出て

金曜日の終値と月曜の始値が大きくかい離した場合に、元本以上の損失が出る恐れがあります。


避けるためには、余裕を持った証拠金で運用をすることと、

選挙やG20など週末に大きなイベントが予定されている時はポジションを全て決済することですね。


注目記事。  コピートレード 無料  シストレ24 検証  ミラートレーダー NDD  

FX 法人口座 メリット デメリット  バイナリーオプション 有効シグナル



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

      
2013/05/25(土) FXシストレ入門

【YouTube】

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧