FX用語 ナ行 FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > FX用語 ナ行

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

FX にっそく


FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FXの初心者向けのFX用語集 な行です。

今回は「日足(にっそく)」について。


実は、よくある間違いなのですが

日足」は「にっそく」ではなく、「ひあし」と読みます。


なので「日足チャート」は「にっそくちゃーと」ではなく「ひあしちゃーと」と読みます。


栃木県日光市の清滝地区と足尾地区を結ぶトンネルで、

日足トンネル(にっそくとんねる)」というものがあるようです。

そちらを先に知っていると日足を「にっそく」と呼んでしまいますよね。


1日の値動きを表したチャートを「日足チャート(つきあしちゃーと)」、

1週間の値動きを表したチャートを「週足チャート(しゅうあしちゃーと)」、

1か月のの値動きを表したチャートを「月足チャート(つきあしちゃーと)」と

呼ぶので合わせて覚えておきましょう。


ヒロセ通商とスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーン中!

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。



タイアップキャンペーンの詳細はこちら→ヒロセ通商 LION FX タイアップ


FX業者のスプレッド比較はこちら→米ドル円スプレッド比較


注目記事。  SBI FXトレード SBI証券 違い  FX 上場企業

コピートレード 無料  指値制限のないFX業者  FX スキャルピング 規制 禁止  FX 大口業者比較



      
2013/12/07(土) FX用語 ナ行

FX ネガティブサプライズとは?


FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FXの初心者向けのFX用語集 ナ行です。

今回は「ネガティブサプライズ(ねがてぃぶさぷらいず)」について。


ネガティブサプライズとは、

テロや戦争などの予想不可能な出来事が発生したり、

経済指標などの事前予想よりも実際に発表された数値がかなり悪かったり、

予想外の悪い材料が出た場合に使います。


例「米雇用統計が発表されましたが、失業率が事前予想より悪く、米ドルが売られました


株の場合は、会社の不祥事や、突然の下方修正のなどがネガティブサプライズです。


数時間前に発表されました

欧州中央銀行金融政策発表では、

事前予想は据え置きだったのですが、

0.50%から0.25%への引き下げを発表して、0.25%に決定しました。


政策金利の利率によって、その通貨の価値がかさ上げされていることもあるので、

基本的には利下げは悪材料です。

なので、想定外のユーロの利下げはネガティブサプライズと市場は判断しました。


ユーロの利下げが発表された直後のユーロ円の10分足チャートです。

20131107ユーロ円10分足

続いて、ユーロドルの10分足チャートです。

20131107ユーロドル10分足

チャート画像はメタトレーダー4のものです。


経済指標の場合は、

重要度が高いほど、下振れした時の為替の値動きも大きくなるのでご注意ください。


今回のような事前に発表時刻のわかっている

重要指標をまたいだポジションはなるべく持たないようにする方が賢明です。


ネガティブサプライズの反対の

予想外の好材料をポジティブサプライズと言います。


FX業者のスプレッド比較はこちら→米ドル円スプレッド比較


注目記事。  SBI FXトレード SBI証券 違い  バイナリーオプション 聖杯

FX 金利変動リスクとは?  FX 為替変動リスクとは?  リクォートとは?



      
2013/11/08(金) FX用語 ナ行

FX 仲値とは?


FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FXの初心者向けのFX用語集 ナ行です。

今回は「仲値(なかね)」の意味について。


毎日、日本時間の午前10時ごろに決定されます「仲値」。

午前10時頃は、この仲値が決定するので荒れやすいと言われますが、

それほど動かない日もありますし、私は気にしていません。


以下が仲値についての用語説明です。

「TTM」とも呼ばれる銀行などの金融機関の、顧客向けの売買レート。

為替レートの大きな変動がない限り、その日1日適用される基準為替レートとなる。

顧客が外貨を売買する際は、この仲値に手数料が上乗せされる。


要は、銀行などのその日一日の基準レートです。

日本円から外貨などへの交換の際には、大手銀行の場合、

仲値から1円程度手数料として上乗せされます。


一般的に5と10のつく「ゴトウ日」の仲値はドル買い需要があるので、

米ドル/円は上昇しやすいと言われますが、

毎回そうなるわけではないので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。


FX業者のスプレッド比較はこちら→米ドル円スプレッド比較  FX スプレッド 比較  

FXの口座開設手順です→FX バイナリーオプション 口座開設

証拠金1万円以下で取引できるFX業者一覧表→FX 1000通貨 手数料無料


注目記事。  FX 選択型システムトレード  バイナリーオプション 有効シグナル

シストレ.COM 評価  ミラートレード比較  IG証券 タイアップキャンペーン  FX 株 比較



      
2013/06/26(水) FX用語 ナ行

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧