くりっく365比較評判 FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > くりっく365比較評判

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

くりっく365 デメリット

 投稿日:2013.08.16 | 最終更新日:2015.06.24

FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FXの取引所取引といえば、

東京金融取引所の「くりっく365」がシェアも高く、有名です。


くりっく365のメリットとしては、

安全性と健全な財務状況が認められた業者のみしか参加できないこと、

複数のマーケットメイカーにより構成された

為替レートでの取引なので、透明性が高い点です。


バイナリーオプションの

サービスを始めたら、為替レートの透明性の高さは売りになるのでは?と思っています。


さて、一方のくりっく365のデメリットは?


ずばり、手数料です。

店頭・相対・OTC業者と呼ばれる一般的なFX業者でも、

間接的な手数料のスプレッドがかかってきますが、

くりっく365はスプレッドにプラスして、売買手数料もかかります


手数料の安い業者を利用しても、

1枚(1万通貨)あたり、片道50円程度必要です。 往復なら100円。


2011年までは税制面での優遇があったのですが、

2012年より店頭FXも申告分離課税20%になったので、

くりっく365のメリット・魅力はかなり小さくなりました。


何か新しい目玉となるサービスを始めないと、

じり貧になると思うのですが、次の一手はあるのでしょうか?


店頭FX業者のスプレッド比較はこちら→米ドル円スプレッド比較  FX スプレッド 比較  

FXの口座開設手順です→FX バイナリーオプション 口座開設


注目記事。  シストレ24 悪評  FX業者間アービトラージ

アイネットFX iPad Android  指値制限のないFX業者  FX 自己資本規制比率とは




◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

      
2013/08/16(金) くりっく365比較評判

【YouTube】

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧