バイナリーオプション 両建て FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > バイナリーオプション入門 > バイナリーオプション 両建て

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

バイナリーオプション 両建て

 投稿日:2012.10.26 | 最終更新日:2017.05.29

FX・バイナリーオプション・シストレ業者、35社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FX比較はこちら。  BOの比較はこちら


*追記 バイナリーオプションは

   自主規制で大きくルールが変わりました


新ルールのバイナリーはこちら→バイナリーオプション比較


バイナリーオプション 強制ロスカットバイナリーオプション 権利放棄

バイナリーオプション おすすめチャートという記事に続く、バイナリーオプションの初心者向けブログ記事。


バイナリーオプションの両建て戦略について。

以前にハイアンドローメジャーという記事で、大きく3タイプに分かれると書きましたが、

今回は、タイプ別に両建て戦略が有効か?無効か?について解説しますね。


上昇予想、下落予想、どちらも同額のチケットを購入した場合の

両建て戦略という前提で話を進めたいと思います。


まずは恐らく国内シェアNO.1であると思われる

GMOクリック証券の外為オプションについて。

外為オプションに関しては、両建ては無意味です。

スタート時刻と判定時刻が設定されているので、

同じタイミングで両方のチケットの取引が同時にスタートして終了するからです。


無意味どころか、むしろデメリットの方が多いです。

その理由はレンジ外があるからです。

レンジ外・レンジアウトになってしまったら、

どちらのポジションもハズレ・損失になってしまうので。


次はトレイダーズ証券のみんなのバイナリー

指標発表時に限定すれば、チャンスはかなりあります。

過去に私自身も、何度か米雇用統計時に両建て戦略でトレードしたことがあります。

詳しくはこちら→みんなのバイナリー 必勝法


場面に応じては、有効です。

その理由は、チケット購入時刻が自分で選べるから。

レンジ相場の上限・下限でチケットを購入すれば、

どちらのチケットも利益を出すことが出来ます。


両建て戦略をされる際は、バイナリーオプション業者ごとに異なる

取引ルールをしっかり理解しましょう。

バイナリーオプション比較記事→バイナリーオプション比較


注目記事。  ミラートレーダー NDD  FX 1000通貨 手数料無料

完売・売り切れのないバイナリーオプション  FX メンタル本 オススメ  SBI FXトレード評判 

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

      

【YouTube】

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧