FX法人口座 リスク FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > FX法人口座 > FX法人口座 リスク

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

FX法人口座 リスク


FX・バイナリーオプション・シストレ業者、35社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FX 法人口座 資本金 いくら?目安FX 法人口座 レバレッジ

FX 法人口座 審査FX 法人口座 キャンペーンという記事に続く、

FXの法人口座に関するブログ記事。


ヒロセ通商のように、

レバレッジ300倍などのハイレバレッジで取引のできるFXの法人口座。


あくまでも法人の事業の一環なので、

赤字の場合の損失を9年繰り越せたり、

原稿料、アフィリエイト報酬など、他の収入と合算できる点、

色々なものが個人と比較して経費と認められやすかったりとメリットは色々とあります。


では、法人口座のリスクは?  


やはり、ハイレバレッジとの付き合い方を知っているか知っていないか?で、

ハイレバレッジ取引に慣れていないことが最も大きなリスクだと思います。


個人の場合だと、

25倍にレバレッジ規制されているので、強制ロスカットが執行された時点でも、

ある程度の証拠金は手元に残ります。

FX ドル円 必要資金

計算式→FX ドル円 必要資金

 
ハイレバレッジで取引していると、

必要証拠金は個人口座の10分の1程度、4000円ほどでも1万通貨の取引が可能です。


これは言いかえると、ロスカットが遅れると

口座に入れているお金がほとんど残らない可能性も高くなる
、ということです。


私はレバレッジ規制以前よりFX取引をしているので、

100倍程度は慣れています。


が、ハイレバレッジでの取引経験のない方が

いきなり200倍・300倍で取引するのは少しリスクが大きいので、

まずは50倍、その後100倍、といった感じに段階を踏んでいくことをおススメします。


今回はリスクについてのみ書きましたが、

FX法人口座のメリット・デメリットについてはこちら→FX 法人口座 メリット デメリット


法人口座のレバレッジ・スプレッドなどのスペック比較はこちら→FX法人口座比較


注目記事。  ドラギ砲  アイネットFX 評判  バイナリーオプション 確定申告 書き方 記入例

FX メンタル本 オススメ  SBI FXトレード CM動画  ThirdBrain Fx  ミラートレード比較 

関連記事


      
2013/02/16(土) FX法人口座

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧