FX 株 比較 FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > FX入門 > FX 株 比較

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

FX 株 比較


FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


*追記 動画でご覧になりたい方はこちら


私はここ数年は、

FX(外国為替証拠金取引)・バイナリーオプションなどの

為替の金融商品しか取引していませんし、

メディアに掲載していただく際も、出版した本もFXに関するものばかりです。

スノーキー(小手川征也)の投資歴

ですが、上の一覧表のように、もともとは株のデイトレーダーでした。

株の信用取引の経験もあります。

株のトレーダー時代もBIG tomorrowの取材を受けたことがあります。


そんな私が、FXと株の違いをまとめて、比較してみました。


まず、投資対象が違います。

株は一般的には企業の個別銘柄を取引するのに対して、

FXは外国為替を取引します。


金融商品としてのFXと株の違いの比較一覧表が以下になります。

FXと株の違い・比較

まずは取引時間の比較ですが、

株の個別銘柄を取引する市場の一つである東京証券取引所の場合は

午前中が9時~11時30分で、お昼休みを挟んで午後が12時30分~15時まで。


一方のFXは24時間取引が可能(土日を除く365日)です。

また、日本が祝日の際は株式市場はお休みですが、

為替市場は開いているので、FXの取引が出来ます。


次に銘柄数の比較。

日本の上場企業は3500社あり、どれが上昇するかを探すのは非常に難しいです。

良いと思った株でも取引が活発でない(流動性が低い)と、

値動きがほとんどない日が続くこともよくあります。


一方のFXは、米ドル、ユーロ、円の世界3大通貨と、

ポンド、豪ドルを合わせた5通貨がよく取引されており、日本人に人気です。


それらを組み合わせたもの・・・

米ドル円」「ユーロ円」などを通貨ペアと呼びます。

少ない業者ですと、12通貨ペアしかないところもあり、

投資対象が少ない点がメリットでもありデメリットでもあります。


次にキャピタルゲインと呼ばれる価格変動による利益の比較ですが、

株の場合は、現物取引と呼ばれる「株を買う」取引きですと、

上昇しないと利益を出すことは出来ません

審査が必要な「信用取引」の場合は「空売り」という取引きなら、

下落局面でも利益を出すことは可能ですが、

全ての銘柄が空売りできるわけではないですし、

初心者がすぐに手を出しにくいものになっています。


一方のFXは、

上昇か?下落か?を予想する二者択一です。

上昇を狙った取引を「ロング」、下落を狙った取引を「ショート」と呼びます。

上昇局面ではロングで利益が狙えますし、下落局面ではショートで利益が狙えます。


インカムゲインと呼ばれる配当や利息などの比較ですが、

株の場合は、年に1度、あるいは数度ある配当権利落ち日をまたいで保有していると

配当をもらえます。 が・・・配当を出していない「無配」の企業もあります。

FXのインカムゲインは「スワップポイント」と呼ばれる金利相当分を

毎日受け取ることも可能です(*場合によっては支払うケースも)。


倒産や破たんの可能性の比較ですが、

その年によってばらつきはありますが、年間5社から30社ぐらいは上場企業の破綻・倒産はあります。


また、倒産していなくても、

日本航空やカネボウ、西武鉄道、武富士などのように上場廃止になることもあります。


一方のFXは、国家の通貨が投資対象ですので、

可能性は0とは言いませんが、破たんして、紙くずになる可能性は低いです。


そして最後にレバレッジの比較です。

株の現物取引は、株価がそのまま購入代金なので、

100万円の株なら100万円の資金プラス手数料が必要になります。

信用取引の場合は、約3倍のレバレッジで取引が出来るので、

100万円の株が対象ですと33万円ほどの資金が必要になります。


一方のFXは、最大25倍のレバレッジをかけることが出来るので、

10万の資金があれば、250万円相当の取引が可能
になります。


株と比較した時に、

FXは開始資金が少なくても取引出るという点が、人気を集めている最大の理由ですね。


私自身も少額資金で取引できるという点と、

24時間取引できるという点に魅力
を感じ、株のデイトレーダーからFXのトレーダーに転身しました。


株には株の面白さや夢があるので、面白いですけどね。

ライブスター証券

参考記事。  株 特定口座 源泉徴収 あり なし  株主優待 信用買い


FXは、1000通貨から取引するなら資金(証拠金)1万以下で取引できる業者も存在します。

1000通貨取引ですと利益も損失も小さくなるので、

FXを始めたい方は、

まずは1000通貨取引の出来る業者でFX取引に慣れることから始めましょう。


FXの口座開設手順です→FX バイナリーオプション 口座開設

証拠金1万円以下で取引できるFX業者一覧表→FX 1000通貨 手数料無料


注目記事。  ミラートレード比較  ペンタゴンチャート FX

FX 上場企業  FX 大口業者比較  コピートレード 無料  シストレ.COM 評価 

関連記事


      
2013/05/12(日) FX入門

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧