FX 窓埋め 手法 FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > FX手法・必勝法・攻略法 > FX 窓埋め 手法

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

FX 窓埋め 手法

 投稿日:2013.11.12 | 最終更新日:2017.05.29

FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FXの手法・攻略法・必勝法記事。


FX 窓とはという記事では、

窓(まど)」の意味の説明と、主にリスク・注意点について書きました。


ですが、窓を空けた時には、

リスクだけではなく、チャンスも存在します。


窓を利用した一つ目のFX取引手法


一つ目は、週明けに窓を空けることがわかっていて、

しかも、上か?下か? どちらに窓を空けるかまで読めている時です。

週末に大きなイベント、

例えば選挙が予定されている時は、前もって日程を知ることが出来ますよね?


2012年12月の総選挙では自民党が圧勝して、

米ドル円やクロス円は、大きく上に窓を空けました。


ロングポジションを週末から持ち越していれば、

大きな利益を出すことが出来た、ということです。


とは言え、なかなか選挙結果の予想を的中させたり、

それで為替がどう動くか?まで読むのはFXを始めたばかりの人には難しいかと思います。


なので、二つ目のチャンスを狙います。


窓を利用した二つ目のFX取引手法


二つ目の窓を利用したFX取引手法は、

窓埋めトレード」「窓埋め手法」などと呼ばれるものです。


窓を空けた時には「窓埋め圧力」が発生します。

あけた窓は埋める」とも言われることもありますが、

すぐに完全に埋めることは、私の経験上は意外と少ないです。


とは言え「窓埋め圧力」があるのは確かで、

上に窓を空けた場合は一度は下に、

下に窓を空けた場合は一度は上に動くことは多くの場面で見られます



なぜそのような動きになるか?ですが、

あなたが月曜日の朝に買い(ロング)でエントリーしようと思っていても、

月曜の朝になってみたら

1円以上も上に窓を空けていたら、買うのを躊躇しますよね?

なので、買い勢力が続かず、下方向に動くことが多いのです。


窓埋め手法を詳しく見てみましょう


ではどのような考えで私が取引をしているか?をご覧ください。


以下の画像は実際に週明けに窓を空けたチャートです。

FX窓埋め手法

米ドル円10分足チャートはメタトレーダー4のものです。


画像の中にも書き込みましたが、

金曜日クローズ時は97.425円で終わっていますが、

月曜日オープン時には97.625円で始まっています。

週明けは20銭の窓空けでスタートした、ということです。


こういった場面では私は、

ショートをエントリーして、

20銭の半分の値幅の10銭ほどの値幅を狙いに行きます。


下への圧力がありますが、

窓を完全に埋めるかどうかはわからないので、

欲張らずに、空けた値幅の半分の値幅狙う
、ということです。


この窓埋めトレード手法で、

「月刊BIG tomorrow(ビッグトゥモロー)」の2013年12月号にも掲載されました。



ただし、今回ご紹介しました

私の取引手法・窓埋め手法は、個人の考え方などをご紹介したものです。

毎回必ず利益が出るとは限りませんので、実際の取引に関しては自己責任でお願いします。


FX業者のスプレッド比較はこちら→米ドル円スプレッド比較


注目記事。  FX法人口座比較  FX 大口業者比較

FX 上場企業  FX ナンピン 必勝法  オプトレ 評判  コピートレード 無料


関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

      

【YouTube】

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧