FX 為替が大きく動く時間帯 FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー

FX・バイナリーオプション・シストレ比較評判ブログbyスノーキー Top > FX入門 > FX 為替が大きく動く時間帯

【スノーキーのブログ】

【小手川征也メルマガ】

【小手川征也無料動画】

【小手川征也LINEスタンプ】

【サイト説明】

【米ドル円スプレッド比較】

FC2おすすめブログ認定

カテゴリ

【ご注意・免責事項】

FX 為替が大きく動く時間帯

 投稿日:2013.11.19 | 最終更新日:2017.05.29

FX・バイナリーオプション・シストレ業者、36社で取引したことのある

当サイト管理人のスノーキー(小手川征也)です。  FXの比較はこちら。  BOの比較はこちら


FXを始めたばかりの初心者さんが最も知りたいことの一つが

為替が大きく動く時間帯」ではないでしょうか?


基本的には土日を除く、365日取引が可能なFX(外国為替証拠金取引)。

いつでも自分の都合のいい時間に取引出来る」というメリットの一方で、

24時間取引出来てしまう」ということがデメリットとなっているケースもあります。


24時間という長い時間の中で、

取引する時間帯の取捨選択をすることは、非常に重要な課題です。


動かない時間帯もずっとチャートを見ていることは非常に疲れますよね。


私の新刊のこちらの書籍の7章では

為替が大きく動きやすい時間帯」に焦点を当てた取引手法を公開しています。




為替は基本的には

その通貨の国のお昼の時間帯が動きやすい」という特徴があります。

具体的に書きますと、


1.日本円は、(日本時間の)日本の朝から夕方にかけて動きやすい

2.ユーロは、(日本時間の)夕方から夜にかけて動きやすい

3.米ドルは、(日本時間の)夜から朝方にかけて動きやすい


時差の関係で、日本時間の夕方がユーロ圏の朝で、

日本時間の夜がアメリカの朝となるからです。


この法則を当てはめていきますと、

豪ドル(オーストラリアドル)やNZドル(ニュージーランドドル)は、

日本時間の早朝から午後かけて動きやすい、ということになります。


FXの取引をする時、

取引する通貨ペアを選ぶ時は、

その通貨の国が今は朝なのか?夜なのか?を考えると、

動きやすい時間帯なのかどうか? を知る目安になりますよ。


あくまでも「動きやすい時間帯」ということなので、

もちろん動かない時もあるので、ご注意ください。


FX業者のスプレッド比較はこちら→米ドル円スプレッド比較


注目記事。  ミラートレード比較   外為オプション ラダーオプションとは?

FX 株 比較  逆指値 スベリ スリッページ  バイナリーオプション 境界とは 

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

      
2013/11/19(火) FX入門

【YouTube】

【管理人の著書】

最新記事

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

ブロともになる

QRコード

ブックマーク

プロフィール

アクセス解析

【FX業者の評判】

【バイナリーOP評判】

ブロとも一覧