*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

FXスワップポイント投資

トルコリラ円 スワップ投資でセミリタイア(月20万円の買いスワップを狙う)するための目安資金 2024年7月

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

今、人気再燃中なのが、トルコリラ円スワップ投資。

30万円資金例はこちら。

トルコリラ円スワップ投資 資金30万円例 利回り期待値など 2024年4月版 レバレッジ1倍未満も

この記事では、トルコリラ円スワップ投資でセミリタイア資金(毎月20万円)を得るための資金・数量の目安などの試算をしていきます。

セミリタイア」ということで、毎月20万円の買いスワップポイントと設定しました。

他にアルバイトなど、収入があれば生活していける金額だと思います。

首都圏でなければ。

記事の最後にはタイアップキャンペーンに関する記述もありますので、お見逃しなく。

トルコリラ円以外の通貨ペアも含む、高金利通貨ペアスワップ投資例まとめ記事はこちら。最新の設定例はこちらでご確認ください。

FXスワップポイント投資 やり方の例 まとめ

この記事のYouTube動画版はこちらです。

トルコリラ円スワップ投資の人気が再燃中

 

トルコリラ円スワップ投資の人気が数年ぶりに高くなっています。

その理由の一つが、底打ち感が出てきた点でしょう。

長らく低迷を続けていて、米ドル円の上昇・歴史的な円安の恩恵を受けてこなかった通貨ペアですが、ここにきてトレンド転換の兆しが。

最近、X(旧Twitter)でもトルコリラ円」に関するポスト(投稿)をよく見かけるようになりました。

SNS上に投稿されている内容は、日々得た買いスワップポイントの報告や、トルコリラ円に関する強気な意見などです。

少し前までの悲壮感漂うポストはかなり減りました。

私自身、トルコリラ円スワップ投資を始めて3年以上経ちますが、まだ強制ロスカットにならずになんとか耐えています。

公式ブログ(別サイトにて)月一ペースで公開しているトルコリラ円スワップ投資検証ブログ記事はこちら

 

トルコリラ円スワップ投資で毎月20万円稼ぐための目安資金・はじめに

 

ここから、本題に入ってまいりたいと思います。

今回の記事をご覧いただく前に以下の注意点をご覧ください。

・スワップポイントや為替レートは資料作成時点のものです
(*トルコリラ円の定期調査スワップポイント比較リンクもご確認ください)
・記事内に「*追記」等あればそちらもご確認ください
・トルコリラ円は直近は4.8円~4.9円レベルで推移。
スワップポイントは増額傾向にあり直近は約+42円・それ前提で進めます

・LIGHT FXのLIGHTペアで運用した場合という前提で進めます
(現在、LIGHT FXのトルコリラ円の最大レバレッジは10倍ですが、
近日中に25倍に引き上げられる予定です)
・私がトルコリラ円のスワップ投資をする場合の考え方を公開します
(例を推奨しているわけではないので、どんなやり方でやるのかはご自身の判断で)
・投資に関する最終決定は自己責任でお願いいたします

トルコリラ円に限らず、FXのスワップポイントは日々変動します。

私は当サイトで定期的に高金利通貨ペアのスワップポイントを調査しています。

数年間にわたり、取り続けているデータこちら

トルコリラ円のスワップポイントが安定している会社の買いスワップをもとに算出します。

LIGHT FXの「LIGHTペア」だと最近は+40~50円でした。

今回は、+42円が続いた、と仮定して算出します(皮算用です)。

1万通貨当たり+42円の買いスワップポイントだと、160万通貨を保有すると1日に約6,720円のスワップポイントの受け取りが発生します。

その場合、1か月間で20万1,600円なので、記事のタイトルの「セミリタイア」に必要な毎月20万円の金額に到達します(*前提条件の買いスワップポイントが続いた場合の皮算用ではありますが)。

為替レートが4.8円(*これより以降、この為替レートで試算します)で最大レバレッジ10倍の場合、トルコリラ円の160万通貨の買いポジションを保有するのには、約76.8万円がポジションを持つのに最低限必要な資金です。

ですが、最低限必要な資金だけ口座に入っていても、為替が逆行(下落)したらすぐに強制ロスカットとなってしまいます。

以降、この記事の中で記載するスワップポイントの金額」は全て「トルコリラ円の買いスワップポイント1万通貨あたりの金額のことを意味します。

スポンサーリンク

トルコリラ円の週足チャートで史上最安値を確認

 

トルコリラ円の週足チャートで、資料作成時点の為替レートと史上最安値を確認してみましょう。

史上最安値は2024年3月につけた4.3円台です。

なのでできれば、為替レートが3円割れぐらいまで下落しても大丈夫なポジションの持ち方・資金管理はしておきたいです。

今回は、5つの買い方の例・設定例を考えました。

次の項から、設定例にまいります。

スポンサーリンク

資金350万円・160万通貨でスワップポイント+42円の場合

 

前提条件は1万通貨当たりの買いスワップポイントが+42円続いた場合。

そして、直近の為替レートは4.8円前後。

それがもしも続いたと仮定して、ここから先の試算結果を5つ公開します(*期待値・皮算用です)。

例その1。

資金350万円で160万通貨を保有した場合。

強制ロスカットラインの目安、皮算用は以下の囲い込みです。

資金350万円・スワップ+42円・160万通貨の場合

・トルコリラ円買いスワップポイントが1万通貨あたり+42円で安定していると仮定
・スタート時のレバレッジは約2.2倍

・強制ロスカットラインの目安は約2.9円(史上最安値より約1.4円下)
・月間約20.16万円のスワップを獲得した場合・年利約70%強の期待値(強制決済がなければ)

個人的には年利期待値(皮算用)はかなり高いが少し攻めた印象です。

これから先のトルコリラ円の値動きに対して、強気な方向けかなと。

例その2より、スタート時のレバレッジ等が低くなっていきます。

 

資金400万円・160万通貨でスワップポイント+42円の場合

 

例その2。

資金400万円で160万通貨を保有した場合。

強制ロスカットラインの目安、皮算用は以下の囲い込みです。

資金400万円・スワップ+42円・160万通貨の場合

・トルコリラ円買いスワップポイントが1万通貨あたり+42円で安定していると仮定
・スタート時のレバレッジは約1.9倍

・強制ロスカットラインの目安は約2.5円(史上最安値より約1.8円下)
・月間約20.16万円のスワップを獲得した場合・年利約61%強の期待値(強制決済がなければ)

年利期待値(皮算用)は高く、レバレッジ2倍以下スタート

個人的には悪くはないかなという印象ですが、まだ少し強制ロスカットラインがタイトかなと。

対象の通貨ペアがトルコリラ円なので。

さらにリスク&リターンを引き下げた設定例3をご覧いただきましょう。

スポンサーリンク

資金450万円・160万通貨でスワップポイント+42円の場合

 

例その3。

資金450万円で160万通貨を保有した場合。

強制ロスカットラインの目安、皮算用は以下の囲い込みです。

資金450万円・スワップ+42円・160万通貨の場合

・トルコリラ円買いスワップポイントが1万通貨あたり+42円で安定していると仮定
・スタート時のレバレッジは約1.7倍

・強制ロスカットラインの目安は約2.2円(史上最安値より約2.1円下。現状の為替レートの半値以下)
・月間約20.16万円のスワップを獲得した場合・年利約54%強の期待値(強制決済がなければ)

年利期待値(皮算用)は高く強制ロスカットラインは今の為替レートの半値以下まで引き下がりました。

リスク&リターンのバランスで見たときに、これぐらいのポジションの持ち方が現実的かなと思います。

もう少しリスク&リターンを引き下げた設定例4をご覧いただきましょう。

スポンサーリンク

資金500万円・160万通貨でスワップポイント+42円の場合

 

例その4。

資金500万円で160万通貨を保有した場合。

強制ロスカットラインの目安、皮算用は以下の囲い込みです。

資金500万円・スワップ+42円・160万通貨の場合

・トルコリラ円買いスワップポイントが10万通貨あたり+42円で安定していると仮定
・スタート時のレバレッジは約1.5倍

・強制ロスカットラインの目安は約1.86円(史上最安値より約2.4円下。現状の為替レートの半値以下)
・月間約20.16万円のスワップを獲得した場合・年利約49%強の期待値(強制決済がなければ)

年利期待値(皮算用)はまだまだ高く、強制ロスカットラインは2円以下まで下がりました。

先ほどの設定例3でも現実的でしたが、それよりも少しリスク&リターンが引き下がり、こちらも私もやりたい水準の買い方ですね。

最後である、次の5例目では、スタート時のレバレッジが1倍未満の例をご覧いただきます。

 

資金810万円・160万通貨でスワップポイント+42円の場合

 

例その5。

資金810万円で160万通貨を保有した場合。

強制ロスカットラインの目安、皮算用は以下の囲い込みです。

資金810万円・スワップ+42円・160万通貨の場合

・トルコリラ円買いスワップポイントが10万通貨あたり+42円で安定していると仮定
・スタート時のレバレッジは約0.9倍

・強制ロスカットラインの目安は理論上なし
・月間約20.16万円のスワップを獲得した場合・年利約30%強の期待値(強制決済がなければ)

年利期待値(皮算用)は1~4例目と比較するとガクッと下がってしまいましたが、それでも他の通貨ペアのスワップ投資と比較しても十分高い水準です。

また、スタート時のレバレッジが1倍を切っているので、強制ロスカットは理論上なくなりました

ただ、元手資金が一気に810万円と引きあがったので、その点がどうでしょうか。

皆様は、どの例がご自身の投資スタイルに近いと思われましたか?

 

トルコリラ円スワップ投資でセミリタイア・最後に

 

冒頭部分に書いたことと、さらに最後に以下の注意事項もご確認ください。

・為替変動リスクがあります(下落リスク)
・「史上最安値」を更新しないとは限りません
・スワップポイントの変動リスクがあります(トルコ中銀が利下げする可能性がある)
・いつもお伝えしていますが資金が多い場合は、一社に全額投入よりも数社に分散
(LIGHT FXのLIGHTペアと他社の組み合わせがおすすめ)

数社に分散する理由の一つは、スワップポイントの減額に対するリスクヘッジです。

以上です。

FX口座をまだお持ちでない方は最後の項もチェックしてみてください。

その他の通貨ペアも含む、高金利通貨ペアスワップ投資例まとめ記事はこちら。

FXスワップポイント投資 やり方の例 まとめ

次の項で限定特典のお知らせがあります。

 

FXタイアップキャンペーン

 

ということで、今回はトルコリラ円のスワップポイント投資で、セミリタイアを目指すべく毎月20万円稼ぐための目安資金の試算、2024年7月版でした。

今回の試算で出てきました高スワップポイント&金額の安定性が高い「LIGHTペア」の提供があるLIGHT FXと当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

LIGHT FX

上のバナーが表示されていない場合はこちら→LIGHT FX

タイアップキャンペーンの詳細はこちらの記事でご確認ください。

LIGHT FX タイアップ

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

【PR】30万円から始められるFXスワップ投資

人気・注目の通貨ペア3選

トルコリラ円スワップ投資

◆高金利通貨ペアの中でもファンが多い
◆トルコは政策金利がかなり高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆レバレッジ1倍未満の例も
◆低レバレッジでも高い期待値
◆年利の期待値は約30~51%(管理人の設定例)

メキシコペソ円スワップ投資

◆日本人に人気のメキシコペソ円
◆メキシコペソ円は値動きが穏やか
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約20~31%(管理人の設定例)

ハンガリーフォリント円スワップ投資

◆人気急上昇中のハンガリーフォリント円
◆ハンガリーは政策金利が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高い期待値
◆年利の期待値は約38~48%(管理人の設定例)

-FXスワップポイント投資
-

© 2024 50代でセミリタイア・リピート系FXとスワップ投資検証ブログ