ひまわり証券評判

ループ・イフダン NYダウ

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

FXで人気の自動売買といえば、いまやEAによるシステムトレードではなく「リピート系FX」です。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

その中でも、特にループイフダンの人気・勢いは止まりません。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

今回は、ループイフダン(もしくは類似サービス)でNYダウが取引できるのかどうか?について。

NYダウとは?

 

そもそも、NYダウとは?

◆NYダウとは?
ダウ工業株30種平均(ダウ平均)」のことで、アメリカを代表する30社の銘柄(株)で構成される指数。
ボーイングやマイクロソフト、マクドナルド、アップルなどが構成銘柄である。

要は、アメリカの代表的な株価指数のことです。

ちなみに、NYダウ先物のことを「ダウ先」と呼ぶ方が多いので合わせて覚えておきましょう。

スポンサーリンク

NYダウの特徴

 

NYダウの特徴は、アメリカは世界一の経済大国なので、世界各国の株式市場に大きな影響を与える点です。

アメリカがくしゃみをすると日本は風邪をひく」という名言?がありますが、アメリカの株価指数であるNYダウが日本の株価指数に与えるインパクトは大きいです。

ネガティブな過去の出来事ですとアメリカの投資銀行の大手のリーマン・ブラザーズ」が破綻した「リーマン・ショック」が記憶に新しいですね。

株式市場の主役は昔も今もアメリカです。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

NYダウの値動きの特徴としてはトレンドが発生した時に一方向に大きく動く」「一日の値動きが激しい」点などがあります。

為替でも、株価指数でも一日の値動きが激しい方が、リピート系にとって、利益を出しやすいです(*ただし、想定変動幅・想定レンジの範囲内で)。

先ほど、アメリカがくしゃみをすると・・・と書きましたが、日本の株価指数の「日経225」「日経平均株価」は、アメリカ株の値動きを受けて動くことが多く、一日の値動きが乏しい日も多いです。

前置きがとても長くなりました。次が答えです。

ループ・イフダンと同じような仕組みでNYダウを取引できるのは「ループ株365です。

こちらの口座が必要になります→ひまわり証券

*投稿の最後のタイアップキャンペーンについても是非ご覧ください

ループ株365とは?リピート系FXとトライオートETFとの比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FX業界の老舗のひまわり証券が「ループ株365」という新サービスを開始しました! ループ株365とは? & ...

続きを見る

以下の過去の投稿では「日経225」の必要目安資金を調べて書きましたが、今回は「NYダウ」の必要目安資金を調べてみました。

ループ株365 目安資金

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 ループイフダンの「株価指数版」ともいえる、ひまわり証券の「ループ株365」。 スタートする際に気になる「目 ...

続きを見る

次の項へ。

スポンサーリンク

ループ株365のNYダウ設定値幅と目安資金

 

以下はひまわり証券公式ホームページに掲載されていた「NYダウ」の目安資金表です。

以下の表をご覧いただく際の注意点は「必要な証拠金は77,000円で固定」「取引数量1枚」ということです。

投資資金 ループ株365設定値幅
B80 B160 B240
50万円 最大ポジション数 5 4 4
1番上の買値から
耐えられる値幅
320円 480円 720円
100万円 最大ポジション数 9 7 6
1番上の買値から
耐えられる値幅
800円 960円 1,200円
150万円 最大ポジション数 12 10 8
1番上の買値から
耐えられる値幅
880円 1,440円 1,680円
200万円 最大ポジション数 15 12 10
1番上の買値から
耐えられる値幅
1,120円 1,760円 2,160円
250万円 最大ポジション数 17 13 11
1番上の買値から
耐えられる値幅
1,280円 1,920円 2,400円
300万円 最大ポジション数 19 15 13
1番上の買値から
耐えられる値幅
1,440円 2,240円 2,880円
500万円 最大ポジション数 27 21 17
1番上の買値から
耐えられる値幅
2,080円 3,200円 3,840円
800万円 最大ポジション数 36 27 23
1番上の買値から
耐えられる値幅
3,200円 4,800円 5,280円
1000万円 最大ポジション数 41 31 26
1番上の買値から
耐えられる値幅
3,200円 4,800円 6,000円
2000万円 最大ポジション数 62 45 38
1番上の買値から
耐えられる値幅
4,880円 7,040円 8,880円

基本的に資金量が多いほど、耐えられる値幅は広くなります。

これはリピート系FXと同様ですね。

ただ、資金量を大きくするとリスク&リターン、資金効率の問題も出てきますので、ただ資金量が大きい方がいいとも言えません。

 

ひまわり証券タイアップ

 

NYダウを、ループイフダンと似たような仕組みで取引する方法は以上です。

ループ株365が始められる、ひまわり証券の新規口座開設当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

ひまわり証券 くりっく株365

上のバナーが表示されない方はこちら→ひまわり証券

当サイト限定タイアップキャンペーン一覧は以下でご確認ください。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 当サイト限定のFXタイアップキャンペーンを開催中のFX会社の一覧表を作成しました。 それぞれのタイアップキャンペーンの詳細情報は枠内の「詳細はこちら」のこ ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ひまわり証券評判
-,

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.