リピート系FX入門

ループイフダン 暴落時は大損するとは限らない

投稿日:2018年12月15日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私もリアル口座・リアルマネーで運用中のアイネット証券が提供するリピート系FXの「ループイフダン」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

その運用を始める前に知りたいのが為替の暴落時にループイフダンを稼働しているとどうなるか?について。

ループイフダンには「B(買い)」と「S(売り)」の2種類ある

 

この投稿時点ではアイネット証券のループイフダンは14通貨ペアが取引可能で、それぞれに決まった値幅が用意されています。

そして、さらに「B」と「S」の売買システムを選ぶことができます。

「B」は買い注文(&決済注文)を繰り返す売買システムで、「S」は売り注文(&決済注文)を繰り返す売買システムです。

スポンサーリンク

「S」であれば暴落時も利益を出せる

 

S(売り)」であれば、為替の暴落時も利益を出すことが可能です。

ループイフダンは「追尾型」のリピート系FXなので、その方向(Bなら上昇、Sなら下落)を追いかけてくれます。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

なので「これから下がる」と思ったときは「S(売り)」の売買システムを稼働しておけばいいのです。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

スポンサーリンク

「B」は暴落時は大損するとは限らない

 

では、「B(買い)」は暴落時・急落時に大損するのかというと、そうとは限らないです。

あくまでも為替が下がっている相場の時は「S(売り)」の方が有利というだけです。

B(買い)」の売買システムを稼働している場合、「下落局面はポジションを積み上げるターン」というだけで、その後に「上昇局面があれば利益に変わる」からです。

ショック安のような急落時は別として、揉み合いながらの暴落時には「B(買い)」でも利益を積み上げることはできます。

以下の投稿で過去に書きました。

ループイフダン 値幅「狭い」の方が「広い」より有利なのはこんな時

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 ループイフダンでは、設定値幅が色々と用意されています。 その値幅が「狭い方が利益を細かく積み上げられる」と ...

続きを見る

スポンサーリンク

肝となるのは最大ポジション数の設定

 

下落局面の後に「B(買い)」を稼働していて、その後に利益につなげられるのか?その肝となるのは「最大ポジション数」の設定です。

最大ポジション数を超えてしまうと自動損切り あり」の場合は損切りが発生することもありますし、「自動損切り なし」の場合でも新規にポジションを持つのを停止してしまいます。

ループイフダン 損切り設定 あり なし どっちがいい?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私もリアル口座・リアルマネーで運用をしていますループイフダン。 2017年5月中旬に法人口座で運用を開始し ...

続きを見る

なので為替が反転上昇した時に利益に変わるのは、最大ポジション数の設定の範囲内です。

こちらの著書の5章でも書きましたが、ループイフダン運用で重要なことは「リスク管理」です。

その「リスク管理」のカギを握っているのが「最大ポジション数の設定」なのです。

リスク&リターンの兼ね合いもあるので、ただ広く取ればいいとは限りませんが、広く取っておく方が初心者さんにとっては安心です。

*上記の書籍は当サイト限定特典でもらえます。この後をご覧ください

 

まとめとアイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ループイフダン運用をしていて、暴落時にどうなるのか?は以上です。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-リピート系FX入門
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.