投資用語

リクォートとは?

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社の比較はこちら。 バイナリー会社比較はこちら

FXの初心者向けのFX用語集 ラ行です。

今回は「リクォート(りくぉーと)」について。

リクォートとは、

発注した注文が約定しない状態・・・つまり、約定拒否のことです。

注文が弾かれる・注文が通らない、とも言います。

リクォートが頻発するFX業者は「約定力の低い業者」といえます。

一般的には

注文数量が多いほどリクォートは発生しやすくなります。

私の知る限り、唯一「リクォートが発生しない」ことを明記しているFX業者があります。

FXCMジャパン証券です。

*追記 後日に、楽天グループの傘下入りをしました
 楽天グループ入り後もNDD方式を採用しているかどうかは不明です
*追記 ここまで

その理由は、

ノンリーディングデスク(NDD)方式を採用しているNDD業者なので、

ディーラーを介さず直接インターバンクに注文を流しているからです。

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-投資用語

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.