ループイフダン設定例

ループイフダン 豪ドルNZドル S(売り)20 資金30万円・40万円設定例 2022年5月

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

当サイト圧倒的人気NO.1のリピート系FXのアイネット証券が提供する「ループイフダン」。

ループイフダンとは?
リピート系FX比較

2022年より、タイアップ特典の非売品レポートが一本追加になりました。設定例は、タイアップレポートをご覧いただいた方がよりご理解いただけると思います。

公式ブログでは不定期でループイフダンの設定例を公開していますが、当サイトでも公開しています。

ループイフダン設定例まとめはこちら

過去にループイフダンBSの豪ドルNZドルの設定例を公開したことがあるのですが、今回はループイフダン豪ドルNZドルのSの設定例を公開いたします。

ループイフダンBS 豪ドルNZドル20 設定例 目安資金と検証スタート 2022年1月4日

最後に当サイト限定タイアップキャンペーンのお知らせがありますのでお見逃しなく(*他のサイトではもらえない限定特典です)。

ご覧いただく前の注意点

 

ループイフダンの設定例をご覧いただく前に、以下の注意点をご確認ください。

注意

  • 私が今、個人口座で30万円~40万円程度の資金で始めるならという「例」を公開します。
  • 公開した設定を推奨しているわけではありません。
  • 「決済損益の目安」は目安であり、確定しているものではありません。
  • 想定変動幅より外れた場合は損失が出る場合があります。
  • 決済損益の目安はループイフダンランキングより引用しました。
  • 記事作成・公開日。2022年5月11日のデータ・為替レートをもとに算出しています。

特に決済損益の目安は、あくまでもデータ作成時の直近1年間のデータをもとに作成したものであることにご注意ください。

*これから先の1年間で同じパフォーマンスになるとは限らないという意味です

スポンサーリンク

2022年5月投稿時点の豪ドルNZドルの魅力

 

この投稿公開時点の豪ドルNZドルの魅力とは?

現状、米ドル円がかなり上昇したことにつられる形で、対円通貨ペアのほとんどが数年来高値圏まで上昇しています。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。表示しているテクニカル指標はこちらをMT4に再現しています。

豪ドルNZドルなら、対円通貨ペアではないので、円安だからどうこうということはありません

しかも、豪ドルNZドルは6年半以上の期間も1,500pips程度のレンジ内で動いており、ループイフダン圧倒的一番人気の通貨ペアですからね。

この投稿公開時点では、豪ドルNZドルは売りポジションを保有した時にスワップポイントの受け取りが発生します(*投稿時点の情報です。スワップポイントは日々変動します)。

こちらのレポート内、そしてループイフダンセミナーでもいつも「スワップポイントの重要性」をお伝えしています。

スノーキー ループイフダンセミナー お申込方法

現状高値圏にある豪ドルNZドルで、スワップポイントの受け取りが発生するS(売り)を稼働することは魅力的です。

私も実際に本日より豪ドルNZドルのSの売買システムをリアル口座で稼働しました。

スポンサーリンク

ループイフダン設定例・その1豪ドルNZドルS20資金40万円例

 

ループイフダンの設定例その1、豪ドルNZドルS20はこちら。

元手資金は約40万円。

・売買システム「豪ドルNZドル S(売り)20」を1,000通貨
・「最大ポジション数 50(想定変動幅 約1,000pips)
・損切り設定「なし
・「必要証拠金の目安 約39万1,000円

私は損切り設定「なし」派なので「なし」にしていますが、「あり」か「なし」かは好みです。

ループイフダン 損切り設定 あり なし どっちがいい?

スポンサーリンク

設定例その1を豪ドルNZドルの月足チャートに表示

 

設定例その1をよりわかりやすく理解していただくため、豪ドルNZドルの月足チャートをご覧いただきます。

最安値の売りポジションが1.10台の場合、為替が上昇した時の売買停止ラインの目安は1.20台付近。

計算上は2013年7月の高値まで上昇しても耐えられる計算です。

 

設定例その1の期待値(皮算用)

 

設定例その1の直近1年間の決済損益の目安は40,000円弱です。

先ほどの元手資金と、決済損益から算出した年利(年間利益率)の期待値は約10%です。

年利12%を超えれば上出来だと私は考えているので、やや物足りない期待値・皮算用ですね。

スポンサーリンク

ループイフダン設定例・その2豪ドルNZドルS20資金約30万円例

 

ループイフダンの設定例その2。

先ほどの設定例その1は必要資金が約40万円で、リターンの期待値が少し物足りない数値でした。

なので、想定変動幅を狭くして、元手資金を30万円程度にしたのがこちらです。

・売買システム「豪ドルNZドル S(売り)20」を1,000通貨
・「最大ポジション数 40(想定変動幅 約800pips)
・損切り設定「なし
・「必要証拠金の目安 約28万円

先ほどの設定例その1と比較して、10万円以上も必要証拠金の目安が少なくなりました。

が、想定変動幅が1,000pips→800pipsと狭くなっています。

スポンサーリンク

設定例その2を豪ドルNZドルの月足チャートに表示

 

設定例その2をよりわかりやすく理解していただくため、豪ドルNZドルの月足チャートをご覧いただきます。

最安値の売りポジションが1.10台の場合、為替が上昇した時の売買停止ラインの目安は1.18台付近。

計算上は2015年7月の高値まで上昇しても耐えられる設定です。

 

設定例その2の期待値(皮算用)

 

設定例その2の直近1年間の決済損益の目安は約40,000円弱です(想定変動幅を抜けたり、強制ロスカットがなかった場合)。

先ほどの元手資金と、決済損益から算出した年利(年間利益率)の期待値は約14%です。

こちらなら、私が満足いく年利12%を超えているので、リターンの方を重視するならこちらの設定例2かなと思います。

ただ、注意点として設定例2は元手資金を少なくしたので年利期待値・皮算用は高くなりましたが、想定変動幅から抜ける可能性が高く・強制ロスカットへ近くなっています。

なので、豪ドルNZドルがある一定ライン、例えば中心値である1.074ぐらいまで下落してきたら、停止を検討したいところです。

豪ドルNZドルは日本円がからんでいない通貨ペアなので、急激な円高・フラッシュクラッシュが発生しても影響を受けにくい点は魅力ですね。

公式ブログで公開している、その他の通貨ペアの設定例まとめはこの投稿の冒頭にオレンジ色のボタン・リンクがあります。

ループイフダンBSの豪ドルNZドルの直近の成績公開記事。

ループイフダンBS 豪ドルNZドル 20と40 どっちが儲かる?比較検証4か月目 2022年5月4日

その他の設定も含むループイフダン検証記事一覧こちらからご覧いただけます。

次の項で限定タイアップキャンペーンのお知らせがあります。

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ということで「ループイフダン」の「豪ドルNZドル」の売りの設定例については以上です。

ループイフダンが利用できるアイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券バナー

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

マネースクエア・トラリピとのタイアップキャンペーンの詳細はこちら。

トラリピ(マネースクエア) タイアップ

その他のタイアップキャンペーン一覧表。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

30万円から始められるFX中長期投資

人気のリピート系FX&スワップ投資

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

メキシコペソ円スワップ投資

◆人気のメキシコペソ円
◆メキシコは信用格付けが高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約16%強(管理人の設定)

南アフリカランド円スワップ投資

◆歴史が長い南アフリカランド円
◆スワップポイントの安定性が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆値動きがあるので為替差益も狙える
◆年利の期待値は約12%強(管理人の設定)

-ループイフダン設定例
-,

© 2022 リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室