ループイフダン検証

ループイフダン 資金30万円 設定例

投稿日:2019年1月28日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

当サイト人気NO.1のリピート系FX・アイネット証券が提供する「ループイフダン」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

私はYouTube上でもループイフダンに関する動画をいくつか公開しているのですが、視聴者様よりコメント欄でリクエストをいただきました。

資金30万円でループイフダンを始めようと思います。年利5%ぐらい狙えると十分です。設定例を教えてください。

このような内容でした。

リクエストにおこたえする形でYouTube上の動画で、例を公開しました。

当サイトでも動画内容を文字に起こして公開しておきます。

今回の投稿の注意点

 

先ほどの動画、そして今回の投稿の注意点です。

  • 「私ならこうします」というものであり、設定を推奨しているわけではありません
  • ループイフダンは年利が確定しているものではなく、損失が出る可能性もあります
  • 決済損益の目安はループイフダンランキングよりデータを抽出しました
  • 2019年1月25日のデータをもとに作成しました

特に決済損益の目安は、あくまでもデータ作成時の直近1年間のデータをもとに作成したものであると点にご注意ください。

*これから先の1年間で同じパフォーマンスになるとは限らないという意味です

スポンサーリンク

設定例その1 豪ドル円B40

 

設定例その1 豪ドル円版その1はこちら。

・売買システム「豪ドル円 B(買い)40」
・「最大ポジション数 30(想定変動幅 約12円)」
・「目安必要資金 27万9,600円
・想定変動幅の範囲内で動いた場合の1年間の決済損益の目安(*損切りがなかった場合)
 「約8,000pips(8万円)」+買いスワップ

*目安必要資金及び、決済損益の目安は2019年1月25日時点の情報です。
為替の値動きによっては損失が出る可能性もあります

スポンサーリンク

設定例その2  豪ドル円B80

 

設定例その2 豪ドル円その2版はこちら。

・売買システム「豪ドル円 B(買い)80」
・「最大ポジション数 22(想定変動幅 約17.6円)」
・「目安必要資金 29万2,560円
・想定変動幅の範囲内で動いた場合の1年間の決済損益の目安(*損切りがなかった場合)
 「約3,920pips(3.9万円)」+買いスワップ

*目安必要資金及び、決済損益の目安は2019年1月25日時点の情報です。
為替の値動きによっては損失が出る可能性もあります

スポンサーリンク

豪ドル円日足チャートと週足チャート

 

豪ドル円日足チャートと週足チャートで確認してみましょう。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

直近1年半で豪ドル円は19円ほど動いているので、前者の設定例1の「B40」だと、始めたタイミングによりますが、厳しいですね。

設定例2の「B80」でも最高値で稼働していた場合、自動損切りや強制ロスカットが発生する可能性があります。

2019年の年初の「フラッシュクラッシュ」が発生したこともあり、豪ドル円は値動きが激しかったですからね。

次の米ドル円の設定例をご覧ください。

スポンサーリンク

設定例その3 米ドル円B50

 

設定例その3 米ドル円版その1はこちら。

・売買システム「米ドル円 B(買い)50」
・「最大ポジション数 26(想定変動幅 約13円)」
・「目安必要資金 28万9,640円
・想定変動幅の範囲内で動いた場合の1年間の決済損益の目安(*損切りがなかった場合)
 「約5,500pips(5.5万円)」+買いスワップ

*目安必要資金及び、決済損益の目安は2019年1月25日時点の情報です。
為替の値動きによっては損失が出る可能性もあります

スポンサーリンク

設定例その4 米ドル円B100

 

設定例その4 米ドル円版その2はこちら。

・売買システム「米ドル円 B(買い)100」
・「最大ポジション数 20(想定変動幅 約20円)」
・「目安必要資金 29万7,800円
・想定変動幅の範囲内で動いた場合の1年間の決済損益の目安(*損切りがなかった場合)
 「約2,500pips(2.5万円)」+買いスワップ

*目安必要資金及び、決済損益の目安は2019年1月25日時点の情報です。
為替の値動きによっては損失が出る可能性もあります

スポンサーリンク

米ドル円日足チャートと週足チャート

 

米ドル円日足チャートと週足チャートで確認してみましょう。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

直近1年半で米ドル円は10円ほどしか動いていません。

が、米ドル円は年間20円ほど動くこともあるので、設定例その4の米ドル円B100の方が安定感は高いですね。

 

補足

 

補足しておきますが、今回の設定例では、リーマン・ショック級の下落には耐えられません

2018年12月の暴落は「リーマン・ショック級」なのか 株 為替 チャート比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 2018年12月24日のNYダウは大暴落し、翌日・2018年12月25日の東京株式市場は大混乱。日経平均株 ...

続きを見る

*リーマン・ショック後の安値は豪ドル円55円台・米ドル円75円台

また、為替レートが何円の時に売買システムを稼働したか?あるいは高値圏でポジションを持ったか?によって想定変動幅の考え方は変わります

今回の例だと始めたタイミング次第では、フラッシュクラッシュにも耐えられない可能性もあります。

損切り設定「あり」「なし」についてはこちらの動画を参考にどうぞ。

いただいた質問の「資金30万円」を超えてしまいますが、今回の設定例で「資金50万円」で「損切りなし」設定で私ならやりたいですね。

*追記 資金100万円での設定例も後日公開しました

ループイフダン 資金100万円 豪ドル円 米ドル円 設定例

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 当サイト人気NO.1のリピート系FX・アイネット証券が提供する「ループイフダン」。 過去に資金30万円での ...

続きを見る

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ループイフダン」での30万円の資金での設定例については以上です。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループイフダン検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.