トライオートFX検証

トライオートFX トルコリラ円評判 取引コストが高いのでオススメできない

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私は現在、ループイフダン450万円トラリピ150万円の資金でリピート系FX運用をしています。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

過去にはトライオートFX」も使っていましたが、もう利用することはないでしょう。

トライオートFXの運用と検証をやめた理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供するリピート系FXの「トライオートFX」。実は私のリピート系FXデビューはこのサービ ...

続きを見る

そんなトライオートFX」でトルコリラ円の運用はあまりオススメはできません

特にFX初心者さんや、トルコリラ円運用初心者さんには。

その理由とは?

トルコリラ円のリピート系運用は難しい

 

トルコリラ円の2019年8月下旬ごろの日足チャートをご覧いただきます。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

トルコリラ円は、2019年8月下旬に瞬間的な大きな為替の変動のいわゆる「フラッシュクラッシュ」が発生しました。

このような値動きを事前に予測することは難しい(というかほぼ不可能)です。

そして、2018年8月には「トルコリラ・ショック」と呼ばれるショック安もありました。

つまり、1年強ぐらいの期間中に、2度もショック安が起きている通貨ペアです。

ということで、高金利通貨ペアの中でも、トルコリラ円は初心者さんには難しい通貨ペアです。

資金管理や、リピートさせるロジックがご自身の中で確立されていないと、強制ロスカットの可能性も出てきます。

キャンペーンをやってるから、試してみよう」という安易な考えで(リピート系FXで)始めるような通貨ペアではないということです。

スポンサーリンク

トライオートFXのトルコリラ円は取引コストが高い

 

トライオートFX」の取引コストを大手リピート系FXサービスと比較してみると、このようになりました。

比較対象は私が実際に合計600万円の資金で運用をしている「ループイフダン」と「トラリピ

1,000通貨あたり片道20円は、スプレッド2銭とほぼ同じ意味です。

サービス名 スプレッド 1万通貨以下
(1回の発注時)の
取引時の手数料
合計した
取引コスト
トラリピ
マネースクエア
6銭程度
(変動制)
無料 約6銭
ループイフダン
アイネット証券
7銭 無料 7銭
トライオートFX 5.5銭 1,000通貨あたり
片道20円
(往復40円)
9.5銭
相当

一目瞭然ですが、「トライオートFX」は他社と比較しても、圧倒的に取引コストが高いです。

もしもキャンペーンなどをやっていたとしても、キャンペーンが終了したら、また割高なコストでトルコリラ円のリピート系FXをすることになります

また、トライオートFX」は外付け手数料なので、利益(為替差益)が削られます

今時、往復の外付け手数料が発生するのは「トライオートFX」ぐらいです。

トライオートFX」はそもそも、取引コストが高いリピート系FXなのです。

豪ドルNZドルについて調査しました過去の投稿でも書きました。

トライオートFX コアレンジャー 豪ドル/NZドルは取引コストが割高すぎる

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供する「トライオートFX」。 多くのFX・資産運用ブロガーがすすめる?運用をしている? ...

続きを見る

コアレンジャー 豪ドル/NZドル スプレッド比較すればインヴァスト証券が儲かる仕組み

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供する「トライオートFX」の「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」。 その収益率の高さば ...

続きを見る

スポンサーリンク

トライオートFXは操作が難解で初心者には向かない

 

これは実際に使っていた私の個人的な感想ですが「トライオートFX」ははっきり言って使い勝手が悪いです。

冒頭で「初心者さんにとってトルコリラ円でのリピート系FX運用は難しい」と書きましたが、「トライオートFX」でトルコリラ円運用をすることになると初心者さんには難しい通貨ペアで、初心者さんには難しいプラットフォームでリピート系FXをするということになります。

また、使い勝手の悪さにどうにか慣れようにもトライオートFX」にはデモ口座がありません

ループイフダンなら、デモ口座もありますし、トルコリラ円運用の場合でも値幅もあらかじめ用意されているものの中から選ぶだけです。

トルコリラ円の買いスワップポイントを当サイトでは毎週調査していますが、ループイフダンを提供するアイネット証券は1位になることが多いです。

毎週調査しているトルコリラ円買いスワップポイントの結果はこちら

リピート系FXではなく、トルコリラ円スワップ投資での資金30万円・50万円・100万円のモデルケースは以下の投稿で書きました。

【追記あり】FX トルコリラ円スワップ投資 100万円・50万円・30万円例 利回り期待値など

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 *追記 トルコリラ円のスワップポイントが50円程度まで下がってきたので、以下の投稿で50円程度が続いた場合 ...

続きを見る

ループイフダンとトライオートFXの比較は以下の投稿でご覧ください。

ループイフダン トライオートFX 比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 リピート系FXの二つのサービスを比較するシリーズです。 今回は、アイネット証券などが提供する「ループイフダ ...

続きを見る

 

まとめとアイネット証券タイアップ

 

以上、トライオートFXでトルコリラ円運用は取引コストが高いのでオススメできない理由でした。

ループイフダンが利用できるアイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-トライオートFX検証
-,

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.