*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

トライオートETF検証

トライオートETF 自動売買セレクト 大損 失敗 全銘柄でマイナス収支に

2018年12月25日

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

インヴァスト証券が提供する「トライオートETF」。その中の機能の「自動売買セレクト」。

以下の投稿の続報です。

SNSで大損報告多数!トライオートETF 自動売買セレクトの問題点を検証

さらに状況は悪化しています。2022年の株安でこの投稿へのアクセスが集中しています。

*2023年4月追記 金利の金額が問題になっています。SNSなどで「トライオートETF 金利」で検索してみてください

2018年12月24日、アメリカの株式市場は暴落

 

トライオートETFのパフォーマンスの前に、昨晩のNY株式市場の値動きをご覧いただきましょう。

NYダウ、ナスダック指数、S&P500日足チャートは楽天証券・マーケットスピードのものです。

昨晩は取引が半日しかなかったにもかかわらず、NYダウは650ドルを超える下げ幅を記録しました。

その直後、YouTubeで動画を公開するぐらい衝撃的でした。

短期間での今回の暴落劇は「リーマン・ショック級」といってもいいレベルです。

スポンサーリンク

トライオートETF「自動売買セレクト」大損状況

 

先日の投稿時点はトライオートETF「自動売買セレクト」の59銘柄中、57銘柄がマイナスでしたが、先ほど調査したところ全銘柄がマイナスになっていました。

「ナスダック100_スリーカード」 -9.83%

「日経225ETF_スリーカード」 -11.30%

「ナスダック100トリプル_ライジング」 -27.43%

「S&P500ダブル_スリーカード」 -46.19%

「ナスダック100トリプル_追尾」 -47.68%

「S&PETF_追尾」 -50.02%

「ナスダック100トリプル_スリーカード」 -53.97%

「金融株_追尾」 -70.37%

「金融株トリプル_追尾」 -74.05% などなど全59銘柄。

*損益のパーセンテージはインヴァスト証券公式HPで表示されているものです。始めた時期によって損益率は変わります

スポンサーリンク

投資は「売り(ショート)」からも入れる方がいい

 

先日からの繰り返しになりますが、やっぱりリピート系の自動売買をするなら、売り(ショート)のできるものがいいです。

やっぱりFXの方がいいですね。リピート系FX」については、以下の二つの投稿をご覧ください。

リピート系FXとは?
リピート系FX比較

FXの場合は、金利のような「スワップポイント」を狙う(もらえる)こともできるので長期戦になった時にも妙味があります。

30万円から始められるFXスワップ投資

人気・注目の通貨ペア3選

ハンガリーフォリント円スワップ投資

◆人気急上昇中のハンガリーフォリント円
◆ハンガリーは政策金利が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約38~48%(管理人の設定例)

チェココルナ円スワップ投資

◆人気のチェココルナ円
◆チェコの信用格付けは日本より高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約24~34%(管理人の設定例)

メキシコペソ円スワップ投資

◆日本人に人気のメキシコペソ円
◆メキシコペソ円は値動きが穏やか
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約20~31%(管理人の設定例)

-トライオートETF検証
-,

© 2024 50代でセミリタイア・リピート系FXとスワップ投資検証ブログ