*当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

FXハンガリーフォリント円スワップポイント投資

LIGHT FX LIGHTペア版 ハンガリーフォリント円 スワップ投資例 資金30万円 2023年12月

2023年12月21日

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

FXのスワップポイント投資に関するシリーズ記事。

2023年12月18日より、高スワップポイント、狭いスプレッドで人気がある「LIGHT FX」のLIGHTペアにハンガリーフォリント円が追加されました!

*みんなのFXには、LIGHTペアの取り扱いはありません。LIGHT FXの口座をまだお持ちでない方は最後のタイアップバナーから口座開設をどうぞ

ということで、2023年12月版として今回は、2023年12月18日時点での為替レート約0.41円で、LIGHT FXの「LIGHTペア」の、昨日、一昨日の買いスワップポイントが続いた場合と、念のために減額になった場合も含めて元手資金30万円でのハンガリーフォリント円スワップ投資の始め方・買い方・ポジションの持ち方の例をお伝えします。

記事の最後にLIGHT FX「当サイト限定特典(3000円のキャッシュバック上乗せ)に関する記述があります。

最短当日に口座開設完了限定特典は今すぐこちらでもご確認いただけます→LIGHT FX

YouTube動画版はこちら。

LIGHT FX・LIGHTペア版ハンガリーフォリント円スワップ投資設定例の注意点

 

今回の記事をご覧いただく前に以下の注意点をご覧ください。

・スワップポイントは日々変動します。
 カバー先が提示しているスワップポイントが変動する、などの要因。
・ハンガリーフォリント円の1Lot→10万通貨(LIGHT FXの場合)
・スワップポイントや為替レートは資料作成時点のものです
・記事内に「*追記」等あればそちらもご確認ください
・今回は「LIGHT FX」の「LIGHTペア」の2023年12月18日・19日の買いスワップポイントで算出
(念のために買いスワップポイントが減額になった場合でも算出)
・私がハンガリーフォリント円のスワップ投資をする場合の考え方を公開します
(例を推奨しているわけではないのでご自身の判断で)
・投資に関する最終決定は自己責任でお願いいたします
・記事作成時点の為替レートが0.41円で買いスワップポイントが10万通貨あたり、
 +20円or+15円が続いた場合という前提で算出しています
(買いスワップポイントが、この金額が続くかどうかはわからないので皮算用です)
・10万通貨買いポジション保有で1円上昇→10万円の含み益(利益)、
10万通貨買いポジション保有で1円下落→10万円の含み損(損失)

ハンガリーフォリント円に限ったことではなく、FXのスワップポイントは日々変動します。

2023年12月18日にハンガリーフォリント円が追加され、12月18日19日の実績値は10万通貨(1Lot)当たり+20円

また、もしも買いスワップポイントが減額になった時のために、+15円での試算値も公開します。

単純計算をすると、1Lot(10万通貨)当たり、+20円×30日=1か月間+600円という1か月間の期待値がまず出ました。

スポンサーリンク

ハンガリーの政策金利は高いがメキシコよりは低い

 

ハンガリーと、他の国・地域の政策金利と比較したものがこちら。

直近、ハンガリーは利下げを繰り返したので、現状はメキシコの方が政策金利が高いです。

 

ハンガリーフォリント円月足チャートで史上最安値などを確認

 

ハンガリーフォリント円月足チャートで史上最安値などのリスクを確認しておきましょう。

トレーディングビューで約20年間分の月足チャートで確認したのですが、直近約20年間の安値は0.30円台でした。

2012年1月につけています。もう11年以上前の出来事。

長期スパンで本日の為替レートを見ると、中心値の少し下。

どちらかといえば、安値圏で推移しています。

いつもお伝えしていますがスワップ投資のリスク管理の基本として、史上最安値まで為替レートが下落しても大丈夫な買い方はしておきたい。

20年間安値の0.30円に下落しても強制ロスカットにならない買い方ですね。

ちなみに、今スワップ投資家の中でもっとも人気があるメキシコペソ円の月足チャートをご覧いただきましょう。

9年ぶりの高値圏でのもみ合いが続いており、高値掴みになるのが心配です。

FX 資金30万円 メキシコペソ円スワップポイント設定例 利回り期待値・ロスカットラインなど 2023年8月末

ただ、メキシコペソ円はループイフダンかなりの高パフォーマンスをたたき出したこともあり、魅力的な通貨ペアではありますが。

現在の為替レートが高値圏なのか?安値圏なのか?という視点で見るとメキシコペソ円よりもハンガリーフォリント円の方に私は魅力を感じます。

おすすめはしませんが、トルコリラ円も低い位置です。レバレッジ1倍以下も含む30万円資金例はこちら。

LIGHT FX 資金30万円 トルコリラ円 スワップポイント投資設定例 低レバレッジ版 2023年10月

この後、ハンガリーフォリント円の計6つのやり方の例を出しますので、皆様のリスク&リターンの考えに近いものはどれでしょうか。

 

設定例1・買いスワップポイント+20円が続き・資金30万円・20Lotの場合

 

前述しました、2023年12月の18日19日のLIGHT FX「LIGHTペア」のハンガリーフォリント円の買いスワップポイントの期待値(皮算用)は10万通貨あたり+20円でした。

為替レートは0.41円でこの後の6例を算出。

設定例その1。

資金30万円で200万通貨(20lot)を保有した場合で、スワップポイント+20円が続いた場合

皮算用は以下の囲い込みです。

資金30万円・200万通貨の期待値

・ハンガリーフォリント円買いスワップポイントが10万通貨あたり+20円が続いたと仮定
・20円×20Lot×30日=約1万2,000円
・月利(月間利益率)約4%強計算(皮算用)
・年利(年間利益率)約48%強計算(皮算用)

ということで、皮算用・期待値は月間1.2万円となりました。

以下は為替レートが0.41円の時に200万通貨の買いポジションを保有した場合の必要証拠金の目安とロスカットラインの目安。1Lotあたり+20円が続いた場合と仮定。

スタート時のレバレッジ約2.7倍強制ロスカットラインの目安は約0.289円です。

FXの中長期投資ではスタート時のレバレッジを2倍以下におさえる、という考えが広まりつつありますが、超えてしまっています。

強制ロスカットラインの目安は、20年間安値はなんとかカバーできています。

リスクはやや高めですが、リターンの利回り期待値は月間4%・年間48%とかなり魅力的な数値となっています。

数量を少し引き下げてリスク&リターンを少し落ち着かせたのが、次の設定例その2。

スポンサーリンク

設定例2・買いスワップポイント+20円が続き・資金30万円・18Lotの場合

 

買いスワップポイントと為替レートの前提条件は設定例1と同じ。

設定例その2。

資金30万円で180万通貨(18lot)を保有した場合で、1Lotあたりスワップポイント+20円が続いた場合

皮算用は以下の囲い込みです。

資金30万円・180万通貨の期待値

・ハンガリーフォリント円買いスワップポイントが10万通貨あたり+20円が続いたと仮定
・20円×18Lot×30日=約1万0,800円
・月利(月間利益率)約3.6%強計算(皮算用)
・年利(年間利益率)約43%強計算(皮算用)

ということで、皮算用・期待値は月間1万800円となりました。

以下は為替レートが0.41円の時に180万通貨の買いポジションを保有した場合の必要証拠金の目安とロスカットラインの目安。1Lotあたり+20円が続いた場合と仮定。

スタート時のレバレッジ約2.5倍強制ロスカットラインの目安は約0.271円となり、設定例1より期待値もリスクも少し下がりました。

これぐらいのリスク&リターンのバランスが私の好みですが、皆様はいかがでしょうか。

月利期待値3.6%は十分すぎる数値ですもんね。

ループイフダンなどのリピート系FX自動売買で、月間利益率1%を目標にしている私にとって十分すぎる数値です。

さらに数量を減らして、リスクとリターンの両方を引き下げたのが、次の設定例その3です。

 

設定例3・買いスワップポイント+20円が続き・資金30万円・16Lotの場合

 

買いスワップポイントと為替レートの前提条件は設定例1と同じ。

設定例その3。

資金30万円で160万通貨(16lot)を保有した場合で、1Lotあたりスワップポイント+20円が続いた場合

皮算用は以下の囲い込みです。

資金30万円・160万通貨の期待値

・ハンガリーフォリント円買いスワップポイントが10万通貨あたり+20円が続いたと仮定
・20円×16Lot×30日=約9,600円
・月利(月間利益率)約3.2%強計算(皮算用)
・年利(年間利益率)約38%強計算(皮算用)

ということで、皮算用・期待値は月間9,600円となりました。

以下は為替レートが0.41円の時に160万通貨の買いポジションを保有した場合の必要証拠金の目安とロスカットラインの目安。1Lotあたり+20円が続いた場合と仮定。

スタート時のレバレッジ約2.2倍強制ロスカットラインの目安は約0.248円となり、設定例1設定例2と比較して期待値もリスクも少し下がりました。

月間利益率3.2%でも十分すぎる数値です。

保守的に運用したい方は、この設定例3か、さらに数量を下げたやり方になりますね。

次の設定例4からは、買いスワップポイントが+15円になった場合です。

 

設定例4・買いスワップポイント+15円が続き・資金30万円・20Lotの場合

 

ここからの3例は、LIGHT FX「LIGHTペア」のハンガリーフォリント円の買いスワップポイントが10万通貨あたり+15円が続いた場合。

設定例その4。

この例は、設定例1の買いスワップポイントが減額になった場合の期待値です。

資金30万円で200万通貨(20lot)を保有した場合で、スワップポイント+15円が続いた場合

皮算用は以下の囲い込みです。

資金30万円・200万通貨の期待値

・ハンガリーフォリント円買いスワップポイントが10万通貨あたり+15円が続いたと仮定
・15円×20Lot×30日=約9,000円
・月利(月間利益率)約3%強計算(皮算用)
・年利(年間利益率)約36%強計算(皮算用)

ということで、皮算用・期待値は月間9,000円となりました。

以下は為替レートが0.41円の時に200万通貨の買いポジションを保有した場合の必要証拠金の目安とロスカットラインの目安。1Lotあたり+15円が続いた場合と仮定。

設定例1と同じくスタート時のレバレッジ約2.7倍強制ロスカットラインの目安は約0.289円

リターンの利回り期待値は月間3%・年間36%と充分魅力的な数値となっています。

設定例2の買いスワップポイントが減額になった場合が、次の設定例その5。

 

設定例5・買いスワップポイント+15円が続き・資金30万円・18Lotの場合

 

買いスワップポイントと為替レートの前提条件は設定例1~4までと同じ。

設定例その5。

この例は、設定例2の買いスワップポイントが減額になった場合の期待値です。

皮算用は以下の囲い込みです。

資金30万円・180万通貨の期待値

・ハンガリーフォリント円買いスワップポイントが10万通貨あたり+15円が続いたと仮定
・15円×18Lot×30日=約8,100円
・月利(月間利益率)約2.7%強計算(皮算用)
・年利(年間利益率)約32.8%強計算(皮算用)

ということで、皮算用・期待値は月間8,100円となりました。

以下は為替レートが0.41円の時に180万通貨の買いポジションを保有した場合の必要証拠金の目安とロスカットラインの目安。1Lotあたり+15円が続いた場合と仮定。

設定例2と同じくスタート時のスタート時のレバレッジ約2.5倍強制ロスカットラインの目安は約0.271円

買いスワップポイントが+20円の場合と比較して、当然ながら期待値は低くなっていますが、月利期待値2.7%でも個人的には十分です。

設定例3の買いスワップポイントが減額になった場合が、次の設定例その6。

 

設定例6・買いスワップポイント+15円が続き・資金30万円・16Lotの場合

 

買いスワップポイントと為替レートの前提条件は設定例1と同じ。

設定例その6。

この例は、設定例3の買いスワップポイントが減額になった場合の期待値です。

資金30万円で160万通貨(16lot)を保有した場合で、1Lotあたりスワップポイント+15円が続いた場合

皮算用は以下の囲い込みです。

資金30万円・160万通貨の期待値

・ハンガリーフォリント円買いスワップポイントが10万通貨あたり+15円が続いたと仮定
・15円×16Lot×30日=約7,200円
・月利(月間利益率)約2.4%強計算(皮算用)
・年利(年間利益率)約29%強計算(皮算用)

ということで、皮算用・期待値は月間7,200円となりました。

以下は為替レートが0.41円の時に160万通貨の買いポジションを保有した場合の必要証拠金の目安とロスカットラインの目安。1Lotあたり+15円が続いた場合と仮定。

設定例2と同じくスタート時のレバレッジ約2.2倍強制ロスカットラインの目安は約0.248円

月間利益率2.4%でも十分すぎる期待値です。

3例×2の計6例を公開しましたが、皆様はどう感じられましたでしょうか。

 

LIGHTペア版・ハンガリーフォリント円スワップ投資例・2023年12月最後に

 

最後に注意事項をご覧ください。

・為替変動リスクがあります(下落リスク)
・「20年間安値」を更新しないとは限りません
・スワップポイントの変動リスクがあります(ハンガリーが利下げをしてもしなくても)
・いつもお伝えしていますが資金が多い場合や他の通貨ペアでも投資する方は、
一社に全額投入よりも数社に分散がおすすめ(巻き込まれ強制ロスカットを防ぐ)ですが、
現状の買いスワップポイントなら他社・他サービスの選択肢を選ぶ理由はなく
新規で始める場合でも買い増しをする場合でも
LIGHT FXのLIGHTペアがベストでしょう。

設定に関しては以上です。

冒頭でもお伝えしましたが、LIGHT FXとのタイアップキャンペーンのお知らせが最後にあります。

その他の通貨ペアも含む、高金利通貨ペアスワップ投資例まとめ記事はこちら。

FXスワップポイント投資 やり方の例 まとめ

 

LIGHT FXタイアップキャンペーンはこちら

 

2023年12月下旬のハンガリーフォリント円の為替レートで、直近のLIGHT FXの「LIGHTペア」のスワップポイントと、減額になった場合も考えた、スワップ投資の30万円の資金での設定例を計6つご覧いただきました。

ハンガリーフォリント円が取引できるLIGHT FX(今回の試算で活用した「LIGHTペア」がある)と当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中

スマホによる本人確認「eKYC」だと最短当日に口座開設完了しますので急いでる方は活用してください。

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

LIGHT FX

上のバナーが表示されていない場合はこちら→LIGHT FX

タイアップキャンペーンの詳細はこちらの記事でご確認ください。

LIGHT FX タイアップ

その他の当サイト限定タイアップキャンペーン一覧。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

30万円から始められるFXスワップ投資

人気・注目の通貨ペア3選

ハンガリーフォリント円スワップ投資

◆人気急上昇中のハンガリーフォリント円
◆ハンガリーは政策金利が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約38~48%(管理人の設定例)

チェココルナ円スワップ投資

◆人気のチェココルナ円
◆チェコの信用格付けは日本より高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約24~34%(管理人の設定例)

メキシコペソ円スワップ投資

◆日本人に人気のメキシコペソ円
◆メキシコペソ円は値動きが穏やか
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約20~31%(管理人の設定例)

-FXハンガリーフォリント円スワップポイント投資
-

© 2024 50代でセミリタイア・リピート系FXとスワップ投資検証ブログ