CFD比較

トライオートETF ループ株365 どっちがいい

投稿日:2018年12月20日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

インヴァスト証券が提供する「トライオートETF」とひまわり証券が提供する「ループ株365」とどっちがいい?

どちらもCFDでリピート系の自動売買が可能です。

トライオートETFとは

 

トライオートETF」とは、インヴァスト証券が提供する「店頭CFD」のサービス名。

ETF銘柄に絞って、自動売買機能を持たせたのが特徴

リピート系ETF」「リピート系CFD」と呼んだ方がわかりやすいですね。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

このトライオートETFには大きな欠点があって、自動売買の場合は買い(ロング)でしか入れません

スポンサーリンク

ループ株365とは?

 

アイネット証券など提供する「ループイフダン」の株価指数版と書くとイメージしやすい方も多いのではないでしょうか。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

日本、米国、ドイツ、英国の株価指数を「取引所CFD」でリピート系取引ができます。

くりっく株365」が原資産。

トライオートETFと違い、ループ株365は買い(ロング)のみではなく、売り(ショート)からも入れます

スポンサーリンク

2018年10月以降の世界株安

 

この投稿を執筆しているのは、2018年12月下旬ですが、2018年10月以降、NYダウ・アメリカの株式市場の急落が世界的な株安へと広がっています

日経225、NYダウ、ナスダック指数、S&P500日足チャートは楽天証券・マーケットスピードのものです。

スポンサーリンク

トライオートETF大損?

 

Twitter上で「トライオートETF」で検索をすると、強制決済(強制ロスカット)の報告ツイートが散見されました。

とくに「ナスダック100トリプル」という「自動売買セレクト」の銘柄が人気だったようで、大きな損失を出してしまった方も多いようです。

資産運用系のブロガーさんも、この銘柄で運用されていたようですが・・・。

 

トライオートETFとループ株365どっちがいい

 

本題の「トライオートETF」と「ループ株365」のどっちがいいか?について。

手数料や銘柄数など、比較ポイントは色々とあると思いますが「ループ株365」の方が良いと私は思います。

その理由は「トライオートETF」は自動売買の場合は売り(ショート)から入れないから。下げ相場に極端に弱い金融商品だといえるでしょう。

下落相場が来たらこうなることはわかっていたはずなのに、インヴァスト証券はなぜ自動売買で売り(ショート)ができる機能を搭載しなかったのでしょうか

ループ株365が始められる、ひまわり証券の新規口座開設当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

ひまわり証券 くりっく株365

上のバナーが表示されない方はこちら→ひまわり証券

株価指数にこだわらなくても、FX(外国為替証拠金取引)でリピート系でも良い気もしますね。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-CFD比較
-,

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.