ループイフダン検証

ループイフダン リーマン・ショック

投稿日:2018年12月18日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私も運用中のアイネット証券が提供する人気のリピート系FXの「ループイフダン」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

運用成績は好調で、来月か再来月には口座残高は2倍になりそうな勢いです。2倍を達成したら、費やした1年7カ月か1年8カ月ぐらいですね。

リピート系FXにとって当たり年といってもいい、2017年・2018年と為替が穏やかな値動きが2年続いたことも幸運でした。

とは言え、穏やかな為替の値動きがいつまでも続くとは限りません。

ループイフダンと「リーマン・ショック」について。

リーマン・ショックとは?

 

リーマン・ショックとは、どのような出来事だったのでしょうか。

リーマン・ショックとは?
2008年9月15日に、米国の大手投資銀行である「リーマン・ブラザーズ」が経営破綻したことに端を発して、
連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象。
当時は「100年に1度の金融危機」と言われ、相場が大混乱に陥った。
株式市場は大暴落、為替市場は円高に大きく動いた。

リーマン・ブラザーズ」が破綻したのは2008年9月中旬ですが、それ以前からサブプライムローン問題の表面化で為替は円高に大きく動いていました

スポンサーリンク

リーマン・ショック前後の米ドル円チャート

 

リーマン・ショック前後の米ドル円のチャートをご覧いただきます。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

2007年6月に124円だった米ドル円は、2011年10月には75円台まで下落しています。4年半弱の期間で39円ほどの下落幅ですね。

ただリーマン・ショック」の余波を受けての下落は87円台前半ぐらいまでかなと思います。それ以降の下落はまた違う要因があったので。

スポンサーリンク

リーマン・ショック時にループイフダンはどうだった?

 

このリーマン・ショック時にループイフダン運用者はどうなったのか?ですが、まだループイフダンはリリースされていません。

今と仕様がかなり違う「旧ループイフダン」がリリースされたのが2013年10月のようです。

アベノミクスによる円安進行が始まったのが2012年12月からなので、良い時期にサービスが開始していますね。

スポンサーリンク

リーマン・ショック級の下落まで想定したほうがいい?

 

その後の円高要因も含めて、4年半弱の期間で39円ほどの下落幅を記録した米ドル円。

米ドル円だけではなく、豪ドル円、ユーロ円、英ポンド円などクロス円も大きく下落しました。

ループイフダンの最大ポジション数を設定する場合、そこまで想定したほうがいいのかどうか?

資産運用系のブロガーさんはリーマン・ショック級の下落まで耐えられる設定にしている方が多いようです。

私は公式ブログでリアル口座の設定、当サイトではデモ口座での設定を公開しています。

300万円が2倍の600万円に ループイフダン検証 2018年12月4日

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 リアル口座・リアルマネーで運用中のアイネット証券のループイフダン。 リアルマネーでの運用成績についてはこち ...

続きを見る

どちらをご覧いただいても一目瞭然なのですが、私はリーマン・ショック級の下落まで耐えられる設定にはしていません

豪ドル円で9円~10円ほどの下落幅・想定変動幅を設定しています。

これはもう「リスク&リターン」の運用スタイルの問題なので、どちらが正解とは言えません

ただ、数十年運用を続けていくのなら前者(リーマン・ショック級を想定した設定)の方がショック安には強いでしょうし、大損を回避できる可能性も高いでしょうね。

好み・運用スタイルの問題なので、どちらを選ばれるかは皆様次第です。

過去のこちらの投稿も併せてご覧ください。

ループイフダン 損切り設定 あり なし どっちがいい?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私もリアル口座・リアルマネーで運用をしていますループイフダン。 2017年5月中旬に法人口座で運用を開始し ...

続きを見る

 

まとめとアイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

今回の投稿では、次回のループイフダンセミナーでお話させていただく予定の内容の一部を先行公開しました。

スノーキー ループイフダンセミナー お申込方法

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私の新刊「FXで負けないたったひとつの資産運用 ループイフダン入門と実践」は好評発売中です! 今回は、私が ...

続きを見る

ループイフダンと「リーマン・ショック級」に関する私の考えは以上です。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループイフダン検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.