FXスワップポイント投資

FX トルコリラ円スワップ投資 資金30万円例 利回り期待値など 為替レート7円8円9円版 2022年

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

当ブログでは、定期的にスワップポイント投資の設定例を公開しています。

この記事では、私が2021年4月下旬より実際に継続している「トルコリラ円スワップポイント投資についての設定例の2022年1月版をお送りします。

前回・昨年2021年の記事では、2021年版・為替レートは13円の場合の例でした。

【追記あり】FX トルコリラ円スワップ投資 資金30万円例 利回り期待値など 為替レート13円版

今回の例では、為替レートが7円~9円の場合の30万円資金での例を公開します。

*追記 この記事を公開した後に、動画版をYouTubeにて公開しました

私のトルコリラ円スワップ投資実績

 

今回の投稿をご覧いただく前に。

私は実際に300万円の元手資金でトルコリラ円スワップポイント投資をしています。

その様子は定期的に当ブログで公開しており、直近の記事はこちらです。

元手資金100万円でスタート→うまくいっていたので、元手資金300万円に引き上げ

順調にスワップポイントを積み上げていたのですが、昨年後半のトルコ中銀の4か月連続の利下げやエルドアン大統領の発言などでトルコリラ円は大きく下落

私は強制ロスカット寸前で、トルコリラ円為替レートが奇跡の反転上昇をしてくれたので、なんとか耐えることができました。

口座残高は300万円→360万円ぐらいまで増えてはいますが、含み損が200万円ほどあります。

スポンサーリンク

次に、この投稿をご覧いただく際の注意点です。

スワップポイントや為替レートは投稿時点の情報です。

為替レートに関しては、普段お使いのFXのチャートツール他、スワップポイントに関してはこちら最新情報のご確認をお願いいたします。

今回の投稿では、1万通貨当たりの買いポジションのスワップポイント+26円が続いた場合という仮定・皮算用にて算出しております。

また、為替レートが7円、8円、9円の時に買いポジションを持った場合の例です。

スワップポイントの変動があった場合、利回り期待値は異なってきますし、為替レートが違う箇所で買った場合は強制ロスカットラインの目安も異なってきます。

ちなみに、10万通貨の買いポジション保有時に為替レートが1円上昇→10万円の含み益(利益)で、10万通貨の買いポジション保有時に為替レートが1円下落→10万円の含み損(損失)です。

今回の投稿では私の考え方を公開するだけなので、例を推奨しているわけではありませんので、保守的に運用したい場合は、同じ資金で数量を減らす、または同じ数量で資金を増やす、などアレンジしてみてください。

スポンサーリンク

トルコリラ円日足・月足チャートを確認

 

トルコリラ円の日足チャートをご覧いただきます。

トルコリラは、前述しましたが、2021年に大きな下げがあり、初来下落率でいうと対ドルで44%も下落しました。

2021年末より値動きは落ち着いてはきましたが、まだまだどうなるかわかりません。

トルコのエルドアン大統領が、気に入らないトルコ中銀メンバーを次々と更迭していき、イエスマンで固めているからです。

そして彼は「高金利は良くない」という考えを持っており、高インフレで悩むトルコに対し利上げどころか利下げを繰り返すという暴挙を繰り返す異常な考えの持ち主です。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。表示しているテクニカル指標はこちらをMT4に再現しています。

それはさておきトルコリラ円の月足チャートで、史上最安値等を確認しておきましょう。

史上最安値は2021年12月に付けた、6.1円ぐらいが史上最安値です。

史上最安値までは耐えられるように買い方にするのが、FXの中長期投資の王道の考え方。

そして、スタート時のレバレッジは2倍程度におさえるという考え方も一般的です。

リピート系FXとは?
リピート系FX比較

史上最安値の更新がまたあっても当たり前で、最低でも4円、できれば3円ぐらいまで為替レートが下落しても強制ロスカットにならないような買い方をしておきたいところです。

 

例その1・為替レート8円・30万円資金・5万通貨

 

それでは早速、6つの例で利回り期待値などをご覧いただきます。

現在、みんなのFX&LIGHT FXがトルコリラ円の最大レバレッジの引き下げを行っており、最大レバレッジが10倍となっております。*SBI FXトレードも最大レバレッジの引き下げ措置が年末より

なので今回は、当サイトで限定タイアップキャンペーンの中でも人気JFXを利用した場合で、戦略を練っていきます。

JFX タイアップ

一つ目の例は為替レートが13円の時に資金30万円でトルコリラ円スワップ投資を5万通貨で始めた場合。

以下、証拠金シミュレーションはJFXのものを利用しています。

今回は+26円で算出してみました。が、スワップポイントは日々変動しますので、最新情報は必ずこちらでご確認ください。

ということで、以下の6例全て、1万通貨あたり+26円が続いたと仮定してこの後の皮算用を続けていきます。

1例目。

為替レートが8円の時に5万通貨で始めた場合の必要証拠金は16,000円。レバレッジ約1.33倍スタートです。

FXの中長期投資では、「レバレッジ2倍」を基準にレバレッジが高いか?低いか?を判断する方が多いようなので、けっこう低めです。

得られるスワップポイントの皮算用。

5万通貨の場合は26円×5×365日=4万7,450円(の皮算用)となります。

これは年利期待値約15.8%強です。

強制ロスカットラインの目安は、約2.4円ということで、史上最安値の6.1円から3円以上下落しても耐えられる計算です。

トルコリラ円の下落の歴史を考えるとこれぐらい保守的でもいいのでは?と個人的には思う、そんな買い方です。

スポンサーリンク

例その2・為替レート8円・30万円資金・6万通貨

 

二例目。

為替レートが8円の時に資金30万円でトルコリラ円スワップ投資を6万通貨で始めた場合。

二例目は先ほどの、例その1よりも数量を1万通貨増やしているということ。

為替レートが8円の時に始めた場合の必要証拠金は19,200円。レバレッジ約1.6倍スタートです。

例その1同様に「レバレッジ2倍」以下なので、攻めてはいません。

得られるスワップポイントの皮算用。

6万通貨の場合は26円×5×365日=5万6,940円(の皮算用)となります。

これは年利期待値でいうと、約18.9%強です。

強制ロスカットラインの目安は、約3.4円ということで、史上最安値の6.1円から半値以下まで下落してしまった場合、耐えられない計算です。

例その1の方が保守的ですが、物足りない方はこの例その2が選択肢になるのかもしれません。

スポンサーリンク

例その3・為替レート7円・30万円資金・5万通貨

 

三例目。

例その1と数量は同じで、為替レートがさらに下がって7円で買えた場合。

為替レートが7円の時に資金30万円でトルコリラ円スワップ投資を5万通貨で始めた場合。

必要証拠金は14,000円。レバレッジ約1.16倍スタートです。

例その1よりも為替レートが下の位置で始めているので必要証拠金が少なくて、レバレッジもかなり低いです。

得られるスワップポイントの皮算用。

5万通貨の場合は26円×5×365日=4万7,450円(の皮算用)となります。

これは年利期待値約15.8%強です。例その1と変わりません。

が、例その1と違うのは強制ロスカットラインの目安。

約1.4円ということで、史上最安値の6.1円から3分の1以下まで下落してしまった場合でも、耐えられる計算です。

もしも7円までトルコリラ円の為替レートが下落してきた場面があれば、かなり保守的な買い方ができますね。

スポンサーリンク

例その4・為替レート7円・30万円資金・6万通貨

 

四例目。

例その2と数量は同じで、為替レートがもしも7円で買えた場合。

為替レートが7円の時に資金30万円でトルコリラ円スワップ投資を6万通貨で始めた場合。

その場合の必要証拠金は16,800円。レバレッジ約1.4倍スタートです。

この例も「レバレッジ2倍」以下なので、一般的にはリスクが高いとは言えない買い方。

得られるスワップポイントの皮算用。

6万通貨の場合は26円×5×365日=5万6,940円(の皮算用)となります。

これは年利期待値でいうと、約18.9%強です。例その2と変わりません。

が、例その2と違うのは強制ロスカットラインの目安。

約2.4円ということで、史上最安値の6.1円から半値以下下落してしまった場合でも、耐えられる計算です。

もしも7円までトルコリラ円の為替レートが下落してきた場面で始めるなら、数量が6万通貨でも保守的な買い方ができますね。

スポンサーリンク

例その5・為替レート9円・30万円資金・5万通貨

 

五例目。

例その1・その3と数量は同じで、為替レートが上昇していて9円の時に始めた場合。

為替レートが9円の時に資金30万円でトルコリラ円スワップ投資を5万通貨でスタート。

必要証拠金は18,000円。レバレッジ約1.5倍スタートです。

例その1よりも為替レートが高い位置で始めているので必要証拠金が増えて、レバレッジも少し上がりました。

とは言え、レバレッジ2倍以下なので、それほど無茶な買い方というわけでもありません。

得られるスワップポイントの皮算用。

5万通貨の場合は26円×5×365日=4万7,450円(の皮算用)となります。

これは年利期待値約15.8%強です。例その1・その3と変わりません。

例その1・その3と違うのは強制ロスカットラインの目安。

約3.4円ということで、史上最安値の6.1円から半値以下まで下落してしまったら、耐えられない計算です。

このやり方で始めるのなら、強制ロスカットの危険・可能性が出てきたときは入金をして対応、というのも視野に入れておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

例その6・為替レート7円・30万円資金・6万通貨

 

六例目。

例その2・その4と数量は同じで、為替レートが9円まで上昇していてす場合。

為替レートが9円の時に資金30万円でトルコリラ円スワップ投資を6万通貨の数量で始めた場合。

その場合の必要証拠金は21,600円。レバレッジ約1.8倍スタートです。

この例「レバレッジ2倍」以内におさまっています。

得られるスワップポイントの皮算用。

6万通貨の場合は26円×5×365日=5万6,940円(の皮算用)となります。

これは年利期待値でいうと、約18.9%強です。例その2・その4と変わりません。

が、例その2・その4と違うのは強制ロスカットラインの目安。

約4.4円ということで、史上最安値の6.1円を大きく更新してしまったら耐えられない計算です。

もしも9円までトルコリラ円の為替レートが上昇している場面で始めるなら、数量が6万通貨はややあぶなかっしい買い方と言えますね。

スポンサーリンク

トルコリラ円スワップ投資例2022年版・最後に注意点など

 

それでは、最後に注意点を。

・史上最安値を更新しないとは限りません(つい1か月前に更新したばかり)
・とはいえ、今はいったん落ち着きを取り戻しつつある状況
・スワップポイントは今回は26円前提でしたが、
5年後、10年後はどうなるかはわかりません(利下げの確率高い)

・スワップポイント投資では通貨ペアや目的ごとに口座を使い分けましょう

口座を使い分ける理由は「巻き込まれロスカットを防ぐため」です。

FX スワップポイント投資は通貨ペアごとにFX会社・口座を分けた方が良い

実際に私も目的ごとにFX口座の使い分けをしています。

次の項で限定タイアップキャンペーンのお知らせがあります。

 

JFXタイアップキャンペーン

 

トルコリラ円の30万円の資金での買い方の例・利回り期待値の2022年1月版(スワップポイントは変動するのであくまでも皮算用)は以上です。

私のトルコリラ円スワップ投資の様子はこちらで公開しています。

また、シストレサイトでは、不定期更新ではありますがトルコリラ円を含む高金利通貨ペア3兄弟のスワップポイント比較調査を行っております。

調査結果はこちらです。

以下はトルコリラ円のスワップポイントが高い2社とのタイアップキャンペーンのお知らせです。

今回の試算で活用しましたJFXと当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中です!

こちらのバナーからの新規口座開設で特典付きです。

上のバナーが表示されない方はこちら→JFX

JFX タイアップ

私も実際に使っているトルコリラ円スワップポイントが高水準のLIGHT FXと当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中です!

こちらのバナーからの新規口座開設で特典付きです。

LIGHT FX

上のバナーが表示されない方はこちら→LIGHT FX

LIGHT FX タイアップ

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

30万円から始められるFX中長期投資

人気のリピート系FX&スワップ投資

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

メキシコペソ円スワップ投資

◆人気のメキシコペソ円
◆メキシコは信用格付けが高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約16%強(管理人の設定)

南アフリカランド円スワップ投資

◆歴史が長い南アフリカランド円
◆スワップポイントの安定性が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆値動きがあるので為替差益も狙える
◆年利の期待値は約12%強(管理人の設定)

-FXスワップポイント投資
-

© 2022 リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室