ループイフダン検証

ループイフダン 低リスク

投稿日:2019年3月6日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

当サイトNO.1人気のリピート系FX・アイネット証券が提供する「ループイフダン」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

ループイフダンの低リスクな売買システムなどについて。

*低リスク・ローリスクは「ノーリスク」ではありません。ループイフダンを始めとするFXは元本保証はありませんし、損失が発生するリスクもあります

ループイフダンの比較的低リスクな設定値幅

 

ループイフダンは、他のリピート系FXとは違い、あらかじめ用意された通貨ペア・値幅の中から選ぶだけです。

以下がループイフダンの中の設定値幅(の一部の通貨ペア)です。

米ドル円100」「カナダドル円80」「カナダドル円100」「豪ドル円80」「豪ドル円100」「NZドル円80」「NZドル円100」「ユーロドル100」あたりが、比較的低リスクな通貨ペア&設定値幅かと思います(*私の個人的な見解)。

それぞれに「B」と「S」があり、「B」は「買い」の売買システムのことで「S」は「売り」の売買システムのことです。

*当サイト限定特典で書下ろしレポートがもらえます。投稿の後半をご覧ください

ユーロ円120」や「英ポンド円150」は大きなトレンドが出た時が怖いので低リスク設定値幅からは、はずしました

スポンサーリンク

値幅の広い設定が低リスクの理由

 

値幅が広い設定が低リスクの理由ですが、B100(100銭ごとに買いポジションを持つ設定)を稼働後に為替が下落した場合

以下のチャート画像をご覧ください。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

2018年の末に米ドル円が110円割れまで大きく下落しましたが、上のチャートの範囲内では113円から稼働していたとしても、B100なら持っているポジションは4つです。

これがもしもB25なら、保有ポジション数は16です。

ポジションが増えるスピードの速い「狭い設定値幅(25)」は、おだやかにポジションが増える「広い設定値幅(100)」よりもリスクが高いです。

スポンサーリンク

リスクだけでなくリターンも見よう

 

リスク」の方を低くしようとすると、つられて「リターン」の方も低下します。

ループイフダンを始めとするリピート系FXの運用のコツは、リスク&リターンのバランスです。

私は過去にハイリスクハイリターンの運用をしていたので、フラッシュクラッシュ時の急激な円高・為替の下落に耐えられませんでした

値動きの穏やかな通貨ペアで値幅設定の広いものを選ぶと、一週間に一度も決済注文が成立しない可能性もあります。

一方のB25などの値幅の狭い設定は新規注文→決済注文が成立する回数が多くなります。

揉み合い」「レンジ相場」で自動で利益を狙えるのがループイフダンなどのリピート系FXの強みなので、広い値幅設定はそのチャンスを逃しやすいとも言えます。

スポンサーリンク

値幅設定の判断基準

 

ループイフダンの値幅設定の判断基準は「資金量」「想定変動幅(最大ポジション数)」「求めるリスクとリターン」の3つだと私は考えます。

ループイフダン口座に入っている証拠金額が少ないと、大きな想定変動幅(最大ポジション数)を狭い値幅設定で取ることはできません

リターンを求めにいった結果の狭い値幅設定で小さい想定変動幅(最大ポジション数)での運用はリスクが高くなってしまいます。

100」などの広い値幅設定は「狭い値幅設定と比較すると低リスク」であると思いますが、値幅設定の広いものを選んでおけば低リスク」は少し違うと私は思います。

ただ、初心者さんが狭い値幅設定と広い値幅設定のどちらかで悩んだ時(100などの)広い方を選んでおく方が無難であるとはお伝えしておきます。

 

まとめとアイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

この投稿の本題の「ループイフダンの低リスク運用」から話が広がってきましたが、私の考えは以上です。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループイフダン検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.