ループイフダン検証

ループイフダン 複数通貨 メリット・デメリット

投稿日:2019年5月18日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私も300万円の資金で運用中、当サイト人気NO.1のリピート系FXのアイネット証券が提供する「ループイフダン」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

今回は「複数通貨運用のメリットとデメリットについて。

ループイフダンの通貨ペアと売買システム

 

ループイフダン」の通貨ペアと、売買システムは以下のようになります。

通貨ペアは米ドル円、ユーロ円、英ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円、スイスフラン円、トルコリラ円、メキシコペソ円、南アフリカランド円、ユーロドル、豪ドル米ドル、豪ドルNZドル、NZドル米ドルの計14通貨ペア

他社と比較したい場合は以下の記事をご覧ください。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

以下の設定値幅から選ぶことができます。

スポンサーリンク

複数通貨ペアでの運用のメリット

 

ループイフダン」で複数通貨の通貨ペアで運用する場合のメリットは以下などがあります。

  • 通貨ペアAの値動きが小さいときに通貨ペアBが利益を上げてくれる可能性がある
  • 通貨ペアAでロング、通貨ペアBでショートで両方でスワップ狙い&ヘッジができる

一つ目は、例えば米ドル円のみで運用していて、米ドル円の値動きが小さくなってしまった場合は利益を上げるのが難しくなります。

が、米ドル円&豪ドル円&ユーロ円の複数通貨ペアで運用していると、ユーロ円や豪ドル円が利益を上げてくれることもあります。

二つ目は、例えば米ドル円で両建てをすると、買いスワップと売りスワップの鞘(差額)で支払いの方が大きくなります。

そこで、米ドル円でロング、ユーロ円でショートなど、どちらもスワップポイントの受け取りが発生する通貨ペアを組み合わせるというやり方です。

これにより、同じような値動きをすることが多い対円通貨ペアのロングとショートでリスクヘッジもある程度はできます(*通貨ペアが違うと全く同じ値動きにはなりませんので、その点はご注意ください)。

*アイネット証券の2019年5月20日より適用のスワップポイント。スワップポイントは日々変動します

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ
米ドル円 +85円 -93円
ユーロ円 -13円 +5円

スポンサーリンク

複数通貨ペアでの運用のデメリット

 

ループイフダン」で複数通貨の通貨ペアで運用する場合のデメリットは以下などがありますです。

  • 必要な証拠金が多くなる(少額資金では難しい)
  • リスクが増える

一つ目ですが、必要資金が多くなることがデメリットです。

これは、例えば米ドル円だけだと、1,000通貨のみでの運用ができますが、複数通貨ペアにする時点で、最低でも1通貨ペア×2や3になるので、2,000通貨・3,000通貨となります。

二つ目はリスクが増えます。

通貨ペアが一つで運用しているよりも、二つ・三つになった方が、いずれかの通貨ペアが急落・急騰になる可能性があります。

ただ、この点に関しては一つの通貨ペアだけの方がリスク分散できていないので危険だ」という考え方もあるので、集中させた方が良いのか?分散させた方が良いのか?は考えが分かれるところです。

 

筆者の個人的な考え

 

私の個人的な考えとしては、一極集中させることはリスクが高いと思いますし、5通貨ペアなどにするのは分散させすぎだと思います。

そもそも、FXでは流動性の高い(取引の活発な)通貨ペアというのは一部です。

マイナーな通貨ペアを一つ組み込むだけで、リスクは高くなると私は思います。

なので、米ドル円、ユーロドル、NZドル円、豪ドル円、カナダドル円の中から3通貨ペアぐらいまでに絞りたいと思います。

この投稿の公開時点では豪ドル円が安値圏にあるので、豪ドル円のみで運用をしていますが。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ということで、「ループイフダン」の複数通貨ペア分散での運用については以上です。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループイフダン検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.