ループ株365検証

ループ株365 目安資金

投稿日:2019年5月22日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

ループイフダンの「株価指数版」ともいえる、ひまわり証券の「ループ株365」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

スタートする際に気になる「目安資金」について。

この後の表の見方

 

この後の表をご覧いただく前に補足説明を。

一番上の買値から耐えられる幅」とありますが、要は一番高値で持ったポジション(から自動損切り発動までの値幅)です。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

チャート上の21,500円が最高値の買いポジションだった場合、19,500円が2,000円下ということになりますよね。

まずは、ご自身が保有の最高値の買いポジションがいくらになのか?株価の上昇で追尾して、いくらになったのか?が基準になります。

当然、これが高値であれば(買いの売買システムの場合)、下落した時のための値幅は広く取った方が良いです。

2,000円より3,000円、3,000円より4,000円ということです。

スポンサーリンク

ループ株365設定値幅と目安資金

 

以下はひまわり証券公式ホームページに掲載されていた「日経225」の目安資金表です。

注意点は「必要な証拠金は69,000円で固定」「取引数量1枚」ということです。

投資資金 ループ株365設定値幅
B100 B200 B300
50万円 最大ポジション数 5 4 4
1番上の買値から
耐えられる値幅
400円 600円 900円
100万円 最大ポジション数 9 7 5
1番上の買値から
耐えられる値幅
800円 1,200円 1,200円
150万円 最大ポジション数 12 9 8
1番上の買値から
耐えられる値幅
1100円 1600円 2100円
200万円 最大ポジション数 14 11 9
1番上の買値から
耐えられる値幅
1300円 2000円 2400円
250万円 最大ポジション数 16 13 11
1番上の買値から
耐えられる値幅
1500円 2400円 3000円
300万円 最大ポジション数 18 14 12
1番上の買値から
耐えられる値幅
1700円 2600円 3300円
500万円 最大ポジション数 25 19 16
1番上の買値から
耐えられる値幅
2400円 3600円 4500円
800万円 最大ポジション数 34 25 21
1番上の買値から
耐えられる値幅
3300円 4800円 6000円
1000万円 最大ポジション数 38 28 24
1番上の買値から
耐えられる値幅
3700円 5400円 6900円
2000万円 最大ポジション数 57 41 34
1番上の買値から
耐えられる値幅
5600円 8000円 9900円

基本的に資金量が多いほど、耐えられる値幅は広くなります。

スポンサーリンク

設定値幅と最大ポジション数

 

先ほどの「設定値幅」と「最大ポジション数」「1番上の買値から耐えられる値幅」について。

設定値幅」は狭い方が頻繁に利益を積み上げることが可能です。

ただし、表の通り、設定値幅が300よりも狭い100の方が、1番上の買値から耐えられる値幅は狭くなります。

リスク&リターン」は比例する関係にあるということです。

 

どの設定がいいの

 

どの設定を選べばいいのか?」ですが「ループ株365に投資できる資金」と「取れるリスク」「狙いたいリターン」により変わってきます。

リスクを極力軽減したい」場合は、やはりB300を選ぶことになるかと思います。

例えば、資金300万円でB300を選択した場合だと、3300円の下落幅まで耐えられるので、2018年12月26日に付けた直近の安値18,900円台でも耐えることができます(*保有高値ポジションが21,500円だと仮定)。

今回は「日経225」を例にしましたが、投資対象の株価指数が、どの程度まで下落しそうなのか?を先に予測する必要がありますね。

 

ループ株365タイアップ

 

ということで、ループ株365の目安資金と、その考え方については以上です。

*追記 NYダウのループ株365の目安資金については以下の投稿で調査結果を公開しています

ループ・イフダン NYダウ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXで人気の自動売買といえば、いまやEAによるシステムトレードではなく「リピート系FX」です。 その中でも ...

続きを見る

ループ株365が始められる、ひまわり証券の新規口座開設当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

ひまわり証券 くりっく株365

上のバナーが表示されない方はこちら→ひまわり証券

株価指数よりFXのほうがいい!という方や、リピート系FXに関しては、こちらの二つの投稿参考にどうぞ。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループ株365検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.