ソーシャルトレード

ソーシャルトレード 詐欺というリスク

投稿日:2018年1月21日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社の比較はこちら。 バイナリー会社比較はこちら

ソーシャルトレード・コピートレードに関する詐欺案件があるのではないか?とふと気になり、調べてみました。

記事の後半にリンクを掲載しているmacaso(マカソ)みんなのFXみんなのシストレ」についても是非ご一読ください。

ソーシャルトレードとは?

 

ソーシャルトレードとは?
「コピートレード」と呼ばれるシステムトレードの一種。
外国為替証拠金取引で進化した取引形態。
一般的なシステムトレードと違うのは、
生身の人間の取引をそのままコピーをする点。

ということで、日本国内で「ソーシャルトレード」の存在を世に広めたのは「日刊SPA!」だと思います。

INSTANTRADE(インスタントレード)」が大々的に紹介されました。

ですが、「INSTANTRADE(インスタントレード)」は日本の金融庁の許可を取っていない海外業者・無登録業者です。

スポンサーリンク

ソーシャルトレードの詐欺案件ってどういうこと?

 

ソーシャルトレードの詐欺案件とはどういうことか?

二つの疑惑があります。

まず一つ目は、公式ホームページに記載されている成績が「嘘・でたらめ」という疑惑

そしてもう一つが、実は取引をしているのは「人間」ではなく「プログラムというものです。

ソーシャルトレードの公式ホームページには、顔写真のようなアイコンが表示されていますが、個人を特定できないようなものばかりです。

個人を特定できないようにしている理由が「個人情報保護の観点から・・・」と言われると、納得してしまいますよね。

なので、よくわからないアイコンの主が人間なのか?プログラムなのか?を確認することは難しいです。

それはさておき・・・もしもプログラムが売買をしていたら、ソーシャルトレードでもなんでもないですよね。

スポンサーリンク

プログラムであっても、好成績であれば問題ないんじゃないの?

 

もしもプログラムであっても、好成績であれば問題ないんじゃないの?」と思われる方もおられるかも知れません。

ですが、外国為替証拠金取引・・・いわゆるFXの世界での成績をよく見せかける古典的な手口として「バックテストの成績を公開する」というものがあります。

バックテストの意味はまた後日に後述したいと思いますが、好成績を装うことなんて、「カーブフィッティング」を使えば簡なんです。

カーブフィッティングをして無数に作り上げた自動売買プログラムの中から好成績のものを上位に表示して「好成績のトレーダー」と偽ることも可能です。

定期的に、その更新作業(偽装の更新作業)を常に行い続ければ好成績のトレーダーが途切れることはありません。

悪意を持って(利益を得るために)、ウソにウソを塗り固められる可能性も。

 

さすがにそれは法的に問題があるのでは?

 

さすがに、「人間」の正体が「自動売買プログラム」で、成績も操作されたものであれば、法的には問題があるでしょう。

ただ、それがどのような罪になるのか?は私は法律の専門家ではありませんが正体を騙された」ことが「実害」に繋がらなければ、警察は動かないでしょうね。

架空の人物を作り上げたこと」だけで罪に問えるのかどうか?ということです。

スポンサーリンク

警察にかけこんでも・・・

 

では、もしもすべてが嘘であったとして、日本の警察に駆け込んだらどうなるんでしょうか?

日本の警察は、どうすることもできない可能性が高いです。

その理由は、日本国内でソーシャルトレードのサービスを提供するFX会社はなくこの投稿時点でソーシャルトレードのサービスを行っている会社は日本の金融庁の許可をとっていない海外業者・無登録業者が非常に高いのです

上の打ち消し線部分は過去の情報です。

繰り返しになりますが「INSTANTRADE(インスタントレード)」は日本の金融庁の許可を取っていない海外業者・無登録業者です。

また、日本国内のFX会社でソーシャルトレードを提供しているサービスについては、以下の追記とリンク先をご覧ください。

*追記 日本国内のFX会社の二つのサービス「みんなのシストレ」「macaso」が後日にソーシャルトレードを開始しました

macaso(マカソ)とは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 日本国内でソーシャルトレードのできる会社は2社あります。 一つ目がみんなのFXの提供する「みんなのシストレ ...

続きを見る

みんなのシストレ ソーシャルトレード開始

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 以前にこちらの投稿で「日本国内でソーシャルトレードの出来る会社はない」と書きましたが、みんなのFXの「 ...

続きを見る

*後日、みんなのシストレではAIによる自動売買も可能になりました

AI(人工知能) FX自動売買のできるサービス

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 色々な業種で、その活躍が期待されているのが「AI(人工知能)」ですよね。 FX(為替)や株式市場でも、 ...

続きを見る

追記が続きましたが、話を戻します。

(海外業者のソーシャルトレードを利用して)日本の法律の外で起こった出来事に、警察が動いてくれる可能性は極めて低いです。

また、(海外業者のソーシャルトレードを利用して)問題が起きた時に民事訴訟をしようと思っても、経営者などの実態がつかめない可能性が高いです。

スポンサーリンク

ソーシャルトレード 詐欺で検索してみた

 

ソーシャルトレード 詐欺」で検索をしてみたのですが、弁護士サイトやヤフー知恵袋などが出てきて、詐欺(まがい)被害に遭っている方もいらっしゃるようです。

全てのソーシャルトレードが詐欺とはもちろん言いませんが、まずは疑ってかかった方がいいかと思います。

特に海外業者・無登録業者の場合は。

システムトレード系のサービスを利用するにしても「リピート系FX」など、ある程度は自分自身の考えを反映させることのできるものがいいのではないでしょうか。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

ループイフダンなどのリピート系FX」は、FXの自動売買の一種ですが、売買ロジック(どこで買って、どこで売るのか)が明確ですしね。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

100%他力本願で利益を出すことが出来るほど、投資の世界は甘くないと思いますよ。

AIによる自動売買に個人的には期待していますが。

トランプ砲前後に驚異の2円分の値幅利益確定 テキストマイニングAI検証

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 私がTwitterでツイートをして、たくさんの「いいね」をもらうのがみんなのFXの「みんなのシストレ」 ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ソーシャルトレード
-,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.