ループイフダン検証

ループイフダン 米ドル円ショート 検証 売りスワップポイント支払いが痛い

投稿日:2019年4月9日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私も300万円の資金で運用中の人気のリピート系FXアイネット証券のループイフダン。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

リアル口座・リアルマネーではユーロドルショートで運用をしています。

当サイトでは、複数のデモ口座でも検証結果を公開しています。

その一つが米ドル円のショートで、以下の投稿でスタートしたことをお伝えしました。

ループイフダン 米ドル円ショート 損切り「なし」検証スタート

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 人気のリピート系FXのアイネット証券のループイフダン。 当サイトでは現在、豪ドルNZドルのデモ口座運用につ ...

続きを見る

あれから3カ月弱が経過しました。

米ドル円ショートを選んだ理由

 

米ドル円ショートを選んだ理由は米ドル円に関しては、当時は中長期で弱気スタンスだったからです。

足元の値動きや雰囲気を見ているとかなり楽観的な見方が広がってきていますが、稼働をした当時はフラッシュクラッシュ直後で、円高進行になると見ていたからです。

が・・・私の考えもそうですが、多くのアナリストたちの予想は外れ、穏やかな円安進行となっています。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

スポンサーリンク

稼働した売買システム

 

前回より稼働しました売買システムはこちらです。

売買システム 米ドル円S(売)25
取引数量 1,000通貨
最大ポジション数 101(約2,500pips・25円分の値幅)

25円分という、広めの想定変動幅(想定レンジ)で、損切り設定は「なし」にしました。

ループイフダン 損切り設定 あり なし どっちがいい?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私もリアル口座・リアルマネーで運用をしていますループイフダン。 2017年5月中旬に法人口座で運用を開始し ...

続きを見る

スポンサーリンク

前回からの口座残高の変化

 

スタート時に300万円だった口座残高は以下のように変化しました。

2019年1月14日 300万円でスタート
2019年4月9日 300万9,737円
運用トータル実現損益 +9,737円
前回公開時比残高 +9,737円
含み損益 -2万6,871円
(前回比 -2万6,871円)

2カ月+3週間ほどで、口座残高は1万円も増えていません

1,000通貨運用とは言え、やや口座残高の増えるペースが遅いような・・・。

また、含み損が27,000円ほどあるので、実質的な口座残高はマイナスです。

 

さえない成績の理由は売りスワップポイントか

 

現在のアメリカと日本の政策金利に差があるため、米ドル円のショートの場合は売りスワップポイントの支払いが発生します。

今回の期間中の約定履歴の一部をご覧ください。

売りスワップポイントの支払いにより、為替差益の一部が削られています。

次の画像は現在保有しているポジションの含み損益状況です。

米ドル円B25の1,000通貨の為替差益は250円なのですが、決済されてもマイナスが確定しているポジションをいくつか抱えている状況です。

 

米ドル円ショートは「なし」?

 

今回の検証結果を受けて、ループイフダンの米ドル円ショートという選択は「あり」か「なし」かで言うと難しいです。

選択としては「あり」だとは思いますが「ベストとは言えないといったところでしょうか。

高値圏でのロング(買い)の売買システムの稼働は「高値掴み」の警戒感もありますよね。

今の米ドル円の為替レートの水準は安値とも言い難い位置ですし、私は買いの売買システムの稼働はやや抵抗があります。

なので、米ドル円に固執せずに他の通貨ペアに目を向けてみる、というのもいいかもしれませんね。

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ということで、約2カ月+3週間の時点での検証結果は今回のような内容になりました。

検証作業はさらに続けていき、運用成績は当サイトにて、不定期に公開していきますね。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループイフダン検証
-

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.