マネースクエア評判

マネースクエア 悪評 スプレッド改悪か 2018

投稿日:2018年1月27日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら

リピート系FXの元祖ともいえる「トラリピ」。

そのサービスを提供しているのが「マネースクウェア・ジャパン」。

*「マネースクエア」に社名変更をしました

以下の投稿を書くためにリピート系FX会社の情報を収集していて気付いたことがあります。

*追記 その後の調査結果・最新スプレッド情報などは以下の投稿で随時更新しています

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

*追記 当サイト限定タイアップキャンペーンの詳細はこちらの投稿でご覧ください

トラリピ(マネースクエア) タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 元祖リピート系FXの「トラリピ」でおなじみ「マネースクエア」との当サイト限定タイアップキャンペーンがスター ...

続きを見る

公式HPにスプレッドが見当たらない

 

数ヶ月前にも、マネスク・トラリピのスプレッドを調査したことはありました。

以前は公式HPに飛ぶと「為替レート表示パネル」のようなものがあって、そちらで確認することが出来ました。

ところが、どこを探しても見当たらないのです。

*2019年3月6日追記 ログインしなくてもスプレッドの確認ができるようになっていました。調査したスプレッドは後述しています

スポンサーリンク

サポートセンターに電話

 

おかしいな」と思い、サポートセンターに電話で確認をしてみました。

トラリピのスプレッドを確認したいんですけど・・・」と聞いたところ、

お客様は口座をお持ちでしょうか?ログイン後にご確認いただけます」との返答が。

え?前はスプレッドを見るのにログインなんて必要なかったよ?

これはアカンやつな予感がしてきました。

*2019年3月6日追記 ログインしなくてもスプレッドの確認ができるようになっていました。調査したスプレッドは後述しています

 

何年かぶりにマネスク・トラリピにログイン

 

何年かぶりにマネースクウェア・ジャパン(マネースクエア)の口座にログインしようとしたら、重要事項説明書50個ぐらい貯まっていて、超面倒でした。

それはさておき、以前にスプレッドを確認した時にログインが必要ではなかったということですよね。

これはFX業者のあるあるとして覚えておいていただきたいのですが、ウィークポイント・弱点はHP上の見えにくい階層に書く傾向があります。

スワップポイントの低いところは目立つところに書きませんし、自己資本規制比率が低いところも目立つところには書きません

2018年1月26日(金)17時頃に私が目視で確認したのは以下のスプレッドでした。

*2019年1月末にマネースクエア社が公開しましたスプレッドです。変動制です

通貨ペア スプレッド
(変動制)
米ドル円 3~4銭
ユーロ円 4~5銭
英ポンド円 6~7銭
豪ドル円 5~6銭
NZドル円 6~7銭

米ドル円、ユーロ円、英ポンド円がやや広いかなという印象です。

特にNZドル円とか英ポンド円は広すぎますね。

アイネット証券のループ・イフダンとかFXブロードネットのトラッキングトレードにシェアを奪われていった理由はここにもあるのでしょうか。

 

スプレッド改悪・拡大の理由

 

どこのFX会社であっても(FXに限らずでしょうけど)、新規顧客の獲得というのは優先順位の高い項目です。

ところが、マネースクウェア・ジャパン(マネースクエア)は昨年の情報漏えい事件&行政処分後に、新規口座開設を休止中です。

その後、新規口座開設を再開しました。

マネースクエア

マネースクウェア・ジャパン トラリピ 口座開設できない理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 リピート系FXの元祖ともいえる「トラリピ」を提供しています「マネースクウェア・ジャパン」。 *「マネー ...

続きを見る

*2019年3月6日追記 ここから

一時的に広がっていたスプレッドは、2019年3月の再調査時には狭くなっていました

また、手数料無料化で、かなり使いやすくなっています

手数料無料化を機に、私も100万円の資金で運用をしています。

トラリピ ユーロドル 設定例 資金100万円

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 元祖リピート系FXで、マネースクエアが提供する「トラリピ」。 トラリピの設定例シリーズ第三弾。 前々回は米 ...

続きを見る

*2019年3月6日追記 ここまで

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

マネースクウェア・ジャパン(マネースクエア)のトラリピの魅力は「レンジ指定」ができる点などです。

リピート系FX レンジ指定とは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 「リピート系FX」用語集・入門記事です。 今回は「リピート系FX」初心者さん・特にこれから始められる方が耳 ...

続きを見る

その他の他社リピート系FXと比較したトラリピの優位点は、以下の投稿で再度ご確認ください。

トラリピとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2018年11月より運用を始めたのが「元祖リピート系FX」とも言えるマネースクエアの提供する「トラリピ ...

続きを見る

当サイトリピート系FX一番人気ループイフダンです。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-マネースクエア評判
-,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.