FXスワップポイント投資

メキシコペソ円 史上最安値 そこまで待つべき?

投稿日:2019年8月19日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら

私もリアル口座・リアルマネーで、200万円の資金で70万通貨保有しているメキシコペソ円のスワップ投資

現在はセントラル短資FXみんなのFXの2社に分けて100万円ずつ合計200万円、それぞれ35万通貨で運用をしています。

今回は、そんなに遠くないメキシコペソ円の史上最安値と、そこまで待つべきなのかどうか?について。

直近のメキシコペソ円の値動き

 

まずは、直近のメキシコペソ円の値動きを確認してみましょう。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

トランプ大統領の中国への追加関税第4弾に関するTwitterでのツイートをきっかけとした円高進行の影響を受けて、メキシコペソ円も下落

5.6円~5.9円前後で推移していたメキシコペソ円は、今日の時点では5.4円台です。

2019年1月3日のフラッシュクラッシュ時につけた5.1円台(FX会社によってつけたレートは異なる)も視野に入ってきました。

つまり、年初来安値に接近しているということです。

スポンサーリンク

メキシコペソ円の史上最安値

 

それでは次に、メキシコペソ円の月足チャートをご覧いただきます。

以下のチャート上に史上最安値が表示されています。

メキシコペソ円の史上最安値は、2016年11月につけた4.8円台で、FX業者によって付けたレートは異なりますが、おおむね4.87円台です。

この月に何があったのか?というと、アメリカのトランプ大統領の誕生ですよね。

メキシコとの国境付近に壁を作ることなどのトランプリスク」により、メキシコペソが売られましたし、一時的な円高進行もありました。

本日の為替レートから見てみると、あと60銭ほどなので、近いといえば近いですよね。

待つべきか?待たずに買うべきか?

スポンサーリンク

私のメキシコペソ円のポジションの含み損

 

私はそこまでの水準まで下落するの待たずに、メキシコペソ円スワップ投資を始めました

冒頭部分に公式ブログへのリンクを貼りましたが、始めた日は2019年6月17日にみんなのFXで、2019年7月30日にセントラル短資FXで買い増しをしました。

それぞれの含み損状況はこちらです。

ともに取得レートは5.68円台と、5.69円台でそれほど差はありません。

が、前者のみんなのFXの含み損は70,000円台なのに対して、後者のセントラル短資FXの含み損は90,000円台です(*画像だと10万円を超えていますが、実際にはスワップが付与されているので)。

その違いは何なのか?というと、スタートした時期です。

1カ月以上も前(先行して)にスタートしたみんなのFXの方が、付与されたスワップポイントが多いので、含み損は少ないのです。

つまり、スワップポイントが為替差損をカバーしているということ。

スポンサーリンク

史上最安値まで待つことは機会損失?

 

史上最安値まで待つことは一つのやり方だとは思います。

が、史上最安値をまたつけてくれるのか?つけるにしても、それがいつなのか?はわかりません。

2016年11月に史上最安値をつけてから、この投稿の公開時点の2019年8月で計算しても、2年半以上はそこまで下落していません

例えば、900日間待った場合のスワップポイントを計算してみましょう。

私のように、100万円の資金で、30万通貨のメキシコペソ円の買いポジションを買っていて、セントラル短資FXの直近のスワップポイント10万通貨あたり140円が続いたと仮定します(*スワップポイントは日々変動します。以下の数値は皮算用です)。

140×3(30万通貨)=420円。

420円×900日=37万8,000円となりました。

この金額が、待っている間に得られるはずだった(皮算用の)スワップポイントです。

じゃあ、待たずに早く始めたほうがいいのか?ですが、そうとも言い切れません。

明日メキシコペソ円の大暴落が起きて、絶好の買い場が発生する可能性もあるからです。

つまり、先のことなど誰も読めないので、投資家本人が納得のいく為替レートでスタートするしかないのです。

過去に、資金別の設定例を当サイトで公開しました。

FX メキシコペソ円 スワップポイント投資 50万円 100万円 例 利回りどれぐらい?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 当サイトでは、毎週トルコリラ円&メキシコペソ円スワップポイント比較調査を行っております。 調査結果はこちら ...

続きを見る

考え方としては、少し下落したぐらいで強制ロスカットになるようなリスクの取り方はせずに、また戻ってくるような為替レートでスタートすることが重要だと思います。

仮の数字をあてはめると、5.7円でスタート→4.5円まで下落したが強制ロスカットにならず→数年後に再度5.7円に戻る。その間にスワップポイントが積みあがる

強制ロスカットラインと、そこまで到達する可能性は低い設定でできているのか?また戻ってくる為替レートなのか?のイメージが重要です。

 

まとめとFXタイアップキャンペーン

 

まとめますと、「待っている間に得られるスワップポイントを逃している機会損失」という考え方もできますし、「安値で買うことが最も重要なら待つ」方が後悔しないでしょう。

当サイトで毎週調査してるメキシコペソ円スワップポイントこちらです。

FX スワップポイント投資は通貨ペアごとにFX会社・口座を分けた方が良い

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私は現在、LIGHT FXで南アフリカランド円スワップ投資をしています。 そして本日、メキシコペソ円スワッ ...

続きを見る

私も100万円を預けてメキシコペソ円スワップ投資をしている「セントラル短資FX」と当サイト限定タイアップキャンペーン中です!

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

FXダイレクトプラス

上のバナーが表示されない方はこちら→セントラル短資FX

タイアップキャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。

セントラル短資FX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 100年以上の歴史がある老舗企業の「セントラル短資FX」との当サイト限定タイアップキャンペーンがスタートし ...

続きを見る

私がスワップ投資で利用している、みんなのFXとLIGHT FXのタイアップキャンペーンは以下の投稿でご確認ください。

みんなのFX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 バイナリー会社比較はこちら。 スノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンのご紹介です。 根強い人気なのがみんなのFXです! メ ...

続きを見る

LIGHT FX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 上場企業のトレイダーズホールディングス傘下の「LIGHT FX(ライトエフエックス)」との当サイト限定タイ ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-FXスワップポイント投資
-,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.