FXスワップポイント投資

FX スワップ投資 メキシコペソ円ショック・大暴落への備え

投稿日:2019年8月21日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら

私もリアル口座・リアルマネーで、200万円の資金で70万通貨保有しているメキシコペソ円のスワップ投資

現在はセントラル短資FXみんなのFXの2社に分けて100万円ずつ合計200万円、それぞれ35万通貨(合計70万通貨)で運用をしています。

今回は、2018年の夏に発生したトルコリラ・ショック」のようなことがメキシコペソ円でもあるのではないか?ということについて。

YouTube上でも、動画を公開済みです。

くりっく365のメキシコペソ円の買い建玉が最高水準

 

本日、ライターの高城泰さんのTwitterで知りましたが、くりっく365のメキシコペソ円の買い建玉(買いポジション)が過去最高水準まで積みあがっているようです。

史上最安値の4.87円(FX業者によってつけたレートは異なる)まで接近している点も、値ごろ感からの買いが入っている要因でしょうね。

史上最安値と、買い場についてはこちらの投稿で数日前に書きました。

メキシコペソ円 史上最安値 そこまで待つべき?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 私もリアル口座・リアルマネーで、200万円の資金で70万通貨保有しているメキシコペソ円のスワップ投資。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

メキシコペソ円のチャートを確認

 

それではメキシコペソ円のチャートを確認してみましょう。

今回はヒロセ通商のチャートを利用させてもらいます。

史上最安値まで、あと60銭ぐらいです。

確かに、これは買いたくなる水準です。

私もポジションを持っていなかったらここで始めたいです。

が、問題はもっと高値でポジションを持っている方がどうなのか?ですよね。

為替レートが7円や8円の時に買いポジションを持った方は、史上最安値の4.8円前後に逆指値注文を設定している方が多そうです。

もしも、その近辺に逆指値注文が多いと仮定して、AIやヘッジファンドがその4.8円を狙って売り仕掛けをしてきたら、オーバーシュートをして、4円台前半ぐらいまでは走りそうです。

その水準の売り仕掛けなら、可能性としてはいつでもあり得ると思います。

ただ、2018年夏の「トルコリラ・ショック」のような、メキシコペソ円のロンガーが阿鼻叫喚になるような展開は「今ではない」気がします(*個人的な相場観・雑感です)。

AIやヘッジファンドが大混乱に陥れようと思った場合、年末年始や日本のお盆休みのような流動性の低い時期を狙ってくるのではないでしょうか

スポンサーリンク

米ドルメキシコペソのチャートを確認

 

今回は、米ドルメキシコペソのチャート画像もご覧いただきます。

こちらも史上最高値(メキシコペソ売りの米ドル買い)まであと少しの位置にあります。

もしも米ドルメキシコペソが史上最高値を更新しに行くと・・・ですね。

ヒロセ通商なら、「米ドルメキシコペソ」という通貨ペアがあるので口座を持っておくと、いつでもチャートをチェックできます。

ヒロセ通商 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 バイナリー会社比較はこちら。 スノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンをいくつかのFX会社さんと開催中ですが、裁量取引用系の ...

続きを見る

スポンサーリンク

リスクコントロールとスワップ投資始め時

 

AIやヘッジファンドがいつ売り仕掛けをしてくるか?はわかりません

そもそも、そんなことがない可能性があります。

ただ、大暴落が来てもいいように、リスク管理は必要だと思います。

特に、7円や8円で買いポジションを持っていて、4.8円ぐらいの位置に逆指値注文を設定している場合ですね。

一段安に備えて入金をするのか?それとも、そこまで行ってしまったら仕方ないと割り切るのか。

逆に現在ポジションを持っていなくて「もっと安値で買いたい」場合は、暴落やショック安の場面は買い場ですので、「ここだ」と思うところに指値注文を出しておくというのも手でしょう。

 

セントラル短資FXタイアップキャンペーン

 

まとめますと、今回の投稿でお伝えしたいことはリスク管理の見直しです。

日本人投資家のポジションは狙われやすいので、くりっく365の買い建玉が積みあがっていること」は悪材料だと知っておきましょう。

多少の一時的な下落が来ても強制ロスカットにさえならなければ、中長期で見ると「一時的な下げ」なので。

私がどんな買い方をしているか?強制ロスカットラインはどのあたりか?はこちらの記事をご覧ください。

当サイトで毎週調査してるメキシコペソ円スワップポイントこちらです。

FX スワップポイント投資は通貨ペアごとにFX会社・口座を分けた方が良い

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私は現在、LIGHT FXで南アフリカランド円スワップ投資をしています。 そして本日、メキシコペソ円スワッ ...

続きを見る

私も100万円を預けてメキシコペソ円スワップ投資をしている「セントラル短資FX」と当サイト限定タイアップキャンペーン中です!

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

FXダイレクトプラス

上のバナーが表示されない方はこちら→セントラル短資FX

タイアップキャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。

セントラル短資FX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 100年以上の歴史がある老舗企業の「セントラル短資FX」との当サイト限定タイアップキャンペーンがスタートし ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-FXスワップポイント投資
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.