スワップポイント

FXトルコリラ円 メキシコペソ円 南アランド円 スワップポイント比較 2019年9月13日

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

今週は金曜日の更新です。

トルコリラ円&メキシコペソ円&南アフリカランド円のスワップポイントを調査結果を公開します。

私のスワップ投資口座も順調にスワップポイントが積みあがっています。

なお、アイネット証券のスワップポイントはループイフダンでも適用されます。

ピックアップしている店頭FX6社は、高スワップポイントで、当サイト限定特典のある会社です(*当サイト経由の口座開設がお得です)。

ちなみに、直近のメキシコペソ円人気会社セントラル短資FXです。

今回も参考データとして「くりっく365」のものも調査しました。*くりっく365はどこの取扱業者を使っていてもスワップポイントは同じです

過去のスワップポイント比較記事一覧こちらからご覧いただけます。

今回のスワップポイント比較一覧表をすぐにご覧になりたい方は、下の方までスクロールしてください。

直近の値動きや為替の材料など

 

それでは、3通貨ぺアの値動きを見ていきましょう。

先週からの円安トレンドは続いています。

トルコリラ円は、昨晩の政策金利発表で事前予想よりも大きな幅の利下げ・ネガティブサプライズだったにもかかわらず上昇。

19円台をつける場面もありました。

トルコリラ円スワップ投資・資金30万円・50万円・100万の例はこちらです。

私が70万通貨保有しているメキシコペソ円も続伸。気持ちいいぐらいの上昇ですね。

私が30万通貨を保有する南アフリカランド円も陽線が続きます。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

メキシコペソ円投資の50万円・100万円での数量などの例はこちら。

メキシコペソ円投資の30万の資金での数量・利回り期待値などの例はこちら。

私のスワップポイント投資のメキシコペソ円運用実績はこちらから(*公式ブログへの外部リンク)ご覧いただきます。

私のスワップポイント投資の南アフリカランド円運用実績はこちらから(*公式ブログへの外部リンク)ご覧いただきます。

 

スプレッド比較一覧表

 

この投稿で比較している会社・サービスのスプレッド比較一覧表です。

スワップポイント投資は、頻繁に売買を繰り返す方は少ないと思いますので、見るべきは長期的に安定したスワップポイントが付与されているか?だと思います。

会社名
(サービス名)
トルコリラ円
スプレッド
メキシコペソ円
スプレッド
南アランド円
スプレッド
くりっく3653銭程度
(変動制)
1銭程度
(変動制)
0.8銭程度
(変動制)
セントラル短資FX
(ダイレクトプラス)
FXダイレクトプラス
1.7銭
原則固定
0.3銭
原則固定
0.9銭
原則固定
LIGHT FX
LIGHT FX
1.7銭
原則固定
0.3銭
原則固定
0.9銭
原則固定
みんなのFX
1.7銭
原則固定
0.3銭
原則固定
0.9銭
原則固定
ヒロセ通商
1.7銭
原則固定
0.4銭
原則固定
1.0銭
原則固定
FXプライムbyGMO
FXプライム
4.8銭~
203.8銭
1.9銭3.0銭
アイネット証券
(ループイフダン)
アイネット証券
7銭7銭7銭

それでは、トルコリラ円&メキシコペソ円のスワップポイントの調査結果を公開します!

*スワップポイントは日々変動します。投稿日・調査日時点での情報です

 

くりっく365他のスワップポイント調査結果

 

まずはくりっく365を調査してみました。

くりっく365の取扱業者なら、どこの会社を利用してもスワップポイントは同じです。

日付トルコリラ円
買いスワップ
付与額
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
南アランド円
買いスワップ
付与額
9月12日(木)+74円+117円+132円

トルコリラ円は前回調査時は80円でしたが、74円へ減額となりました。

メキシコペソ円は先週の111円から117円に増額。

南アフリカランド円は130円から、132円とこちらは増額となりました。

南アフリカランド円以外はこの後に出てくる店頭業者と比較すると、やや見劣りする水準です。

くりっく365ならこちら→GMOクリック証券(くりっく365)

いつもは調査していない大手店頭FX会社3社の今日のスワップポイントはちなみにこちらです。*メキシコペソ円と南アランド円は10万通貨あたり

会社名トルコリラ円
買いスワップ
付与額
(9月13日)
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
(9月12日)
南アランド円
買いスワップ
付与額
(9月13日)
SBI FXトレード+60円取り扱いなし+110円
GMOクリック証券
FXネオ
+67円
(9月12日)
+110円+110円
(9月12日)
DMM FX取り扱いなし取り扱いなし+110円

スポンサーリンク

セントラル短資FXのスワップポイント調査結果

 

今回はセントラル短資FXから始めたいと思います。投稿の最後にまとめもあります。

私はこの会社に100万円の資金を預けてメキシコペソ円スワップ投資をしています。メキシコペソ円スワップ投資派からの人気爆発中

セントラル短資FXのトルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円の買いスワップ調査結果。*メキシコペソ円と南アランド円は10万通貨あたりの金額です

日付トルコリラ円
買いスワップ
付与額
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
南アランド円
買いスワップ
付与額
9月9日(月)+49円+130円
+70円
9月10日(火)+49円+130円+70円
9月11日(水)+49円
+140円+70円
9月12日(木)+196円
(4倍デー)
+520円
(4倍デー)
+280円
(3倍デー)

トルコリラ円の期間中の平均は49円、メキシコペソ円は平均131.4円、南アフリカランド円は連日70円でした。

最新情報や詳細はこちらで→セントラル短資FX

セントラル短資FXとのタイアップキャンペーンの詳細は以下の投稿で。

スポンサーリンク

LIGHT FXのスワップポイント調査結果

 

次は管理人も利用しているLIGHT FX」(*上場企業のグループ企業)です。

私もこの会社で実際に100万円の資金を預けて南アフリカランド円スワップポイント投資をしています。

私の保有サイトの中でも「LIGHT FX」の人気は上位です!スワップ投資派の人気が高いです。

LIGHT FXの高金利通貨ペア3兄弟に関する調査結果。*メキシコペソ円と南アランド円は10万通貨あたりの金額です

日付トルコリラ円
買いスワップ
付与額
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
南アランド円
買いスワップ
付与額
9月9日(月)+85円
+110円+120円
9月10日(火)+85円
+110円+120円
9月11日(水)+340円
(4倍デー)
+440円
(4倍デー)
+480円
(4倍デー)
9月12日(木)+70円
+110円+120円

トルコリラ円の期間中の平均は82.8円、メキシコペソ円は110円が連日、南アフリカランド円は連日120円でした。

最新情報や詳細はこちらで→LIGHT FX

LIGHT FXとのタイアップキャンペーンの詳細は以下の投稿で。

 

みんなのFXのスワップポイント調査結果

 

次はLIGHT FXと同スペックのみんなのFX(*上場企業のグループ企業)です!

私もこの会社で実際に100万円の資金を預けてメキシコペソ円スワップポイント投資をしています。

みんなのFXの高金利通貨ペア3兄弟に関する調査結果。*メキシコペソ円と南アランド円は10万通貨あたりの金額です

日付トルコリラ円
買いスワップ
付与額
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
南アランド円
買いスワップ
付与額
9月9日(月)+85円
+110円+120円
9月10日(火)+85円
+110円+120円
9月11日(水)+340円
(4倍デー)
+440円
(4倍デー)
+480円
(4倍デー)
9月12日(木)+70円
+110円+120円

トルコリラ円の期間中の平均は82.8円、メキシコペソ円は110円が連日、南アフリカランド円は連日120円でした。

最新情報や詳細はこちらで→みんなのFX

みんなのFXとのタイアップキャンペーンの詳細は以下の投稿で。

LIGHT FXとどちらにするか?で悩んだら、こちらの投稿をどうぞ。

スポンサーリンク

ヒロセ通商のスワップポイント調査結果

 

次に調査結果をお伝えするのは上場企業ヒロセ通商

タイアップキャンペーンのキャッシュバックが2019年9月より4,000円に増額となりました。

ヒロセ通商のトルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円の買いスワップ調査結果。*メキシコペソ円と南アランド円は10万通貨あたりの金額です

日付トルコリラ円
買いスワップ
付与額
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
南アランド円
買いスワップ
付与額
9月9日(月)+81円+110円+150円
9月10日(火)+86円+130円+150円
9月11日(水)+225円
(3倍デー)
+330円
(3倍デー)
+450円
(3倍デー)

9月12日(木)+86円
+130円
+150円

トルコリラ円の期間中の平均は79.6円、メキシコペソ円の期間中の平均値は116.6円、南アフリカランド円は連日150円でした。

最新情報や詳細はこちら→ヒロセ通商

ヒロセ通商との限定タイアップキャンペーンの詳細は以下の投稿で。

スポンサーリンク

FXプライムbyGMOのスワップポイント調査結果

 

次に調査結果をお伝えするのはFXプライムbyGMO

ポーランドズロチ円とユーロ円のサヤ取りでも人気の会社です(*上場企業のグループ企業)

FXプライムbyGMOのトルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円の買いスワップ調査結果。*メキシコペソ円と南アランド円は10万通貨あたりの金額です

日付トルコリラ円
買いスワップ
付与額
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
南アランド円
買いスワップ
付与額
9月9日(月)+75円+120円
+110円
9月10日(火)+75円+120円+110円
9月11日(水)+75円
+120円
+110円
9月12日(木)+290円
(4倍デー)
+480円
(4倍デー)
+440円
(4倍デー)

トルコリラ円の期間中の平均は73.5円、メキシコペソ円は連日120円が安定、南アフリカランド円は連日110円でした。

最新情報や詳細はこちら→FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOとの限定タイアップキャンペーンの詳細は以下の投稿で。

スポンサーリンク

アイネット証券(ループイフダンも含む)の調査結果

 

次はアイネット証券(ループイフダンも含む)。

トルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円の買いスワップ調査結果。*メキシコペソ円と南アランド円は10万通貨あたりの金額です

日付トルコリラ円
買いスワップ
付与額
メキシコペソ円
買いスワップ
付与額
南アランド円
買いスワップ
付与額
9月9日(月)+83円+130円+120円
9月10日(火)+85円+130円+120円
9月11日(水)+85円+130円+120円
9月12日(木)+85円+130円+120円

トルコリラ円は平均約84.5円、メキシコペソ円は連日130円、南アフリカランド円は連日120円でした。

ループイフダンで運用した場合はリピート系FXなので、スワップポイントだけではなくて、為替差益も狙えるのが優位点ですよね。

ループイフダンではトルコリラ円とメキシコペソ円、南アフリカランド円の値幅に25銭が追加され、リピートしやすくなりましたね。

最新情報や詳細はこちら→アイネット証券

アイネット証券との限定タイアップキャンペーンの詳細は以下の投稿で。

 

今週のスワップポイント比較一覧表&まとめ

 

今回の調査結果のまとめを一覧表でご覧いただきます

トルコリラ円は平均84.5円という買いスワップポイントがついたので、アイネット証券が他を圧倒(26回連続)しています。

会社名
(サービス名)
トルコリラ円
スプレッド
今回の調査期間中の
トルコリラ円
スワップポイント平均
アイネット証券
(ループイフダン)
アイネット証券
7銭+約84.5円
LIGHT FX
LIGHT FX
1.7銭
原則固定
+82.8円
みんなのFX
1.7銭
原則固定
+82.8円
ヒロセ通商
1.7銭
原則固定
+79.6円
FXプライムbyGMO
FXプライム
4.8銭~
最大203.8銭
+73.5円
セントラル短資FX
FXダイレクトプラス
1.7銭
原則固定
+49円

メキシコペソ円は平均131.4円という買いスワップポイントがついたので、セントラル短資FX(10回連続)が他を圧倒しています。

会社名
(サービス名)
メキシコペソ円
スプレッド
(かっこ内は
筆者の運用額)
今回の調査期間中の
メキシコペソ円
スワップポイント平均
セントラル短資FX
FXダイレクトプラス
0.3銭
原則固定
(筆者
100万円運用)
+131.4円
アイネット証券
(ループイフダン)
アイネット証券
7銭+130円
FXプライムbyGMO
FXプライム
1.9銭+120円
ヒロセ通商
0.4銭
原則固定
+116.6円
LIGHT FX
LIGHT FX
0.3銭
原則固定
+110円
みんなのFX
0.3銭
原則固定
(筆者
100万円運用)
+110円

南アフリカランド円は150円の買いスワップポイントがついたヒロセ通商(3回連続)が他を圧倒しています。30円の差は大きいです。

会社名
(サービス名)
南アランド円
スプレッド
(かっこ内は
筆者の運用額)
今回の調査期間中の
南アランド円
スワップポイント平均
ヒロセ通商
1.0銭
原則固定
+150円
LIGHT FX
LIGHT FX
0.9銭
原則固定
(筆者
100万円運用)
+120円
みんなのFX
0.9銭
原則固定
+120円
アイネット証券
(ループイフダン)
アイネット証券
7銭+120円
FXプライムbyGMO
FXプライム
3.0銭+110円
セントラル短資FX
FXダイレクトプラス
0.9銭
原則固定
+70円

スワップポイント運用は、通貨ペアごとに口座を分けた方が良いと私は思っています。

その理由は以下の投稿で書きました。

スワップポイント投資をスタートするタイミングに関しては以下の投稿で書きました。

過去のスワップポイント比較記事一覧こちらからご覧いただけます。

https://snowkey.bz/category/fxcompany-comparison/swappoint/

前回調査時の結果は以下の投稿でご覧いただけます。

 

それぞれの通貨ペアの必要証拠金の目安

 

FX初心者さんのために、必要証拠金を表にしました。

まずはトルコリラ円(1万通貨あたり)。

トルコリラ円
為替レート
1万通貨あたりの必要証拠金
(最低限必要な資金)
17円6,800円
18円7,200円
19円7,600円

次にメキシコペソ円(10万通貨あたり)。

メキシコペソ円
為替レート
10万通貨あたりの必要証拠金
(最低限必要な資金)
5.0円20,000円
5.5円22,000円
6.0円24,000円

最後に南アフリカランド円(10万通貨あたり)。

南アフリカランド円
為替レート
10万通貨あたりの必要証拠金
(最低限必要な資金)
6.5円26,000円
7.0円28,000円
7.5円30,000円

30万円から始められるFX中長期投資

人気のリピート系FX&スワップ投資

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

メキシコペソ円スワップ投資

◆人気のメキシコペソ円
◆メキシコは信用格付けが高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約16%(管理人の設定)

南アフリカランド円スワップ投資

◆歴史が長い南アフリカランド円
◆スワップポイントの安定性が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆値動きがあるので為替差益も狙える
◆年利の期待値は約18%(管理人の設定)

-スワップポイント
-, ,

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2020 All Rights Reserved.