リピート系FX比較

連続予約注文 ループイフダン 比較

投稿日:2019年3月12日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私が今、リアル口座・リアルマネーで運用をしているリピート系FXはループイフダントラリピです。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

トラリピとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2018年11月より運用を始めたのが「元祖リピート系FX」とも言えるマネースクエアの提供する「トラリピ ...

続きを見る

ループイフダンで300万円、トラリピで100万円の資金で運用をしています。

そんな私が今回はマネーパートナーズの提供する連続予約注文」と「ループイフダン(アイネット証券)」の比較をしてみたいと思います。

*投稿の最後に両者とのタイアップキャンペーンの記述があります

ループイフダンは自動売買・連続予約注文は?

 

私がこのサイトを立ち上げてすぐにリピート系FX」の定義づけをしました。

以下の投稿です。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

その中の一部を要約しますと一度設定したら注文を繰り返して、その数に上限がない」と定義しました。

アイネット証券のループイフダンはこの条件を満たしているのでリピート系FX」であり「システムトレード」であり「自動売買です。

稼働時に立てた予想が外れなければ、無限(回数に制限がないという意味)に新規注文→決済注文を繰り返してくれます。

また、ループイフダンはあらかじめ用意されている値幅の中から選ぶだけです。

一方のマネーパートナーズの提供する「連続予約注文」は上限が20回に制限されており、値幅設定も自分で行う必要があります。

連続予約注文とは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 以下の投稿で書きましたマネーパートナーズの提供する「連続予約注文」。 多くのブログなどで「手動トラリピにピ ...

続きを見る

ラクチンかどうか?でいうと、ループイフダンの方に軍配が上がります

この項をわかりやすく書きますと、ループイフダンはシステムトレード(自動売買)」で、かたや「連続予約注文は手動注文の進化形です。

スポンサーリンク

最小取引単位比較

 

最小取引単位ですが、「連続予約注文」は100通貨から取引可能(nano口座)で、ループイフダンは1,000通貨です。

少額資金で取引したい方にとっては連続予約注文」が魅力的に映るのではないでしょうか。

 

取引コスト比較

 

次に取引コストの比較です。

ループイフダン、連続予約注文ともにスプレッド以外の取引手数料などは発生しません

以下をご覧いただくと、マネーパートナーズ(連続予約注文)の方に優位性があります。

マネーパートナーズには二つのサービスがありパートナーズFX」が最小取引単位は1万通貨FXnano」が最小取引単位は100通貨です。

FXnanoの方でスプレッドを見ても、米ドル円で0.4銭原則固定、豪ドル円でも0.9銭原則固定と驚きの安さです。

以下の比較ページの、どのサービスよりも割安です。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

 

買いスワップポイント比較

 

ループイフダン」運用者は中長期投資の方が多いです。

また、「連続予約注文」も長期で値幅を広く設定していくのなら買いスワップポイントも気になるところです。

3通貨ペアのスワップポイントの今回(2019年3月12日)の投稿時点での調査結果です。

*スワップポイントは日々変動します。以下は1万通貨あたり

パートナーズFX
(連続予約注文)
パートナーズFXnano
(連続予約注文)
アイネット証券・
ループイフダン
米ドル円
買いスワップ
+27円 +69円 +80円
豪ドル円
買いスワップ
+26円 +40円 +32円
NZドル円
買いスワップ
+21円 +36円 +35円

マネーパートナーズはパートナーズFXnano口座が有利です。ループイフダン(アイネット証券)といい勝負になりました。

スポンサーリンク

その他の細かな違い・比較ポイント

 

その他の細かな違いとしては「連続予約注文」は初回注文は「指値注文となります。

一方の「ループイフダン」は初回注文は「クイック注文(成行注文の一種)となります。

稼働してすぐにポジションを保有するのは「ループイフダン」の方です。

また、「ループイフダン」はB15」と設定すれば、等間隔で注文が発注されます。

15」の売買システムは15銭(15pips)ごとに最大ポジション数分の(2回目以降は)指値注文が並びます。

ループイフダン」の「B」は「買い注文」のみが、S」は「売り注文」のみが出ます。

一方のマネーパートナーズの「連続予約注文」は値幅の間隔は任意(自分で決められる)です。

また、以下のように初回は買い注文→決済注文つ目は売り注文→決済注文などが可能です。

連続予約注文」の方が自由度が高く感じますが、前述のとおり最大の注文数は「20回」という仕様です。

 

まとめとタイアップキャンペーン

 

いろいろな視点で両者を比較してきましたが、それぞれに特徴があり、有利な点があります。

ここまでご覧になられてどちらがいいか悩んでいる」という方に私から個人的な意見をお伝えしますね。

○○円で買って○○円で売る」「値幅はこれぐらい」という明確なビジョンをお持ちの方で、手動注文が面倒でなく取引コストを抑えたい方は「連続予約注文」が向いているかと思います。

何銭値幅にしていいかわからない・悩む」「手動で注文を出すのは面倒だ」「ブロガーなどの設定をまねしたい」というFX初心者さんは「ループイフダン」の方が向いていると思います。

参考になれば幸いです。

両者の使い分け例についてはこちらの投稿をご覧ください。

リピート系FX リスクヘッジ 両建て

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 ループイフダンやトラリピでなどのリピート系FXで両建て戦略をされている方はいらっしゃいますでしょうか。 私 ...

続きを見る

マネーパートナーズの口座開設は当サイト限定特典付きの以下のタイアップバナーからどうぞ。

マネーパートナーズ

上のバナーが表示されない方はこちら→マネーパートナーズ

マネーパートナーズタイアップキャンペーンの詳細はこちらの投稿で書きました。

マネーパートナーズ タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 東証一部上場企業の株式会社マネーパートナーズグループ傘下の「マネーパートナーズ」との当サイト限定タイアップ ...

続きを見る

アイネット証券・ループイフダンの口座開設は私の書下ろしレポートや書籍がもらえるこちらの限定タイアップバナーからどうぞ。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

アイネット証券タイアップキャンペーンの詳細はこちらの投稿で書きました。

アイネットFX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2018年6月1日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-リピート系FX比較
-,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.