ループイフダン検証

ループイフダン エントリー(始める) タイミング

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私も300万円の資金で運用中、当サイト圧倒的人気NO.1のリピート系FXのアイネット証券が提供する「ループイフダン」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

今「ループイフダン」のエントリー(始める)のタイミングについて。

仕様上のループイフダンのエントリーのタイミング

 

先に仕様上の「ループイフダン」のエントリー(ポジションを持つ)のタイミングをお伝えしておきます。

ループイフダン」では、売買システムを選択して、稼働を開始したらすぐにポジションをクイック注文(成行注文)で持ちます。

そこがトラリピと違う点です。

ループイフダン」は、選択型システムトレードなので以下の設定値幅の中から私たちは選びます。

そして、上の設定値幅の数値ごとにポジションを持ちます。

つまり、20」を選んだ場合は最大ポジション数の範囲内で、「20銭・20pips」刻みでポジションを持つ・積み上げていくということです。

スポンサーリンク

いつ始めると良いのか?というエントリーのタイミング

 

ここからは「ループイフダン」をいつ始めると良いのか?という意味のエントリーのタイミングについて。

ループイフダン」を始めとするリピート系FXでは想定変動幅」を決めて、そこから外さないことが重要です。

上の画像の例のように「109円までしか下落しないだろう」の予想に反して、108円まで下落した場合、証拠金が足りていないと強制ロスカットになる可能性も出てきます。

ということで、想定変動幅(○○円~○○円)」を外さないようにする、ということが「ループイフダン」などのリピート系FX運用では重要です。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

ここが、基本中の基本です。

スポンサーリンク

取引する通貨ペアが安値圏の時がねらい目

 

ここからはB(買い)」の売買システムを前提に話を進めていきたいと思います。

想定変動幅」から外さないためにはなるべく「安値圏でB(買い)の売買システムを稼働すること」です。

今皆様が取引しようと思う通貨ペアが「安値圏」なら、それはエントリーのタイミングなのかもしれません。

豪ドル円のチャートをご覧ください。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

米中貿易戦争の余波を受けて、豪ドル円はここ7年間ぐらいで見てもかなりの安値圏です。

2013年4月には105円を超えている時期もありました。

その高値から、もう30円も下落している水準です。

2018年12月の暴落は「リーマン・ショック級」なのか 株 為替 チャート比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 2018年12月24日のNYダウは大暴落し、翌日・2018年12月25日の東京株式市場は大混乱。日経平均株 ...

続きを見る

ちなみに、リーマン・ショック時につけた豪ドル円の最安値は55円台なので、そこまでの値幅は20円強まで落ちてきているのです。

そう考えると、かなりの安値圏だと思ったので、私は豪ドル円で6,000通貨でB(買い)を78円台でエントリーしました。

スポンサーリンク

取引対象の通貨ペアが安値圏ならエントリーしやすい

 

誤解を招いてしまっているかもしれませんが、豪ドル円のB(買い)を推奨しているわけではありません

どこでエントリーするか?の考え方・ロジックと、私が実際にリアルマネーでどう運用しているか?を知っていただきたかったので豪ドル円を例にしました。

要は「取引対象の通貨ペアが安値圏なら、想定変動幅をそこまで広く取らなくてもいいので円高局面は狙い目だということです(Bの場合)」。

現在の米ドル円の108円台の水準でも下がっても90円ぐらいまでだろう」という読みをお持ちで、そこまで耐えられる設定・資金量であれば、それは「エントリーのタイミングということです。

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ループイフダン」のエントリー(始める・稼働する)のタイミングについては以上です。

ループイフダンが利用できるアイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネットFX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2018年6月1日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループイフダン検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.