リピート系FX入門

手動(トラリピ)リピート系FX メリット デメリット

投稿日:2019年3月7日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

FXブログなどで人気を2分しているのがループイフダントラリピです。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

トラリピとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2018年11月より運用を始めたのが「元祖リピート系FX」とも言えるマネースクエアの提供する「トラリピ ...

続きを見る

*投稿の最後に両者とのタイアップキャンペーンの記述があります

その一方で手動トラリピ」なんて呼ばれ方もしている「手動リピート系FX」も一部の投資家の間で人気のようです。

手動でリピート系FXをすることのメリット・デメリットについて。

手動トラリピ(リピート系FX)のメリット

 

手動トラリピ(リピート系FX)でよく利用されているのは2社あります。

マネーパートナーズSBI FXトレードです。

この2社が人気の理由はマネーパートナーズは100通貨から取引可能で、SBI FXトレードは1通貨から取引可能であることと、スプレッドが狭いことでしょう。

2社ともに東証一部上場企業の傘下企業です。

以下が米ドル円のスプレッド比較です。

*マネーパートナーズには2種の口座があり「パートナーズFX」は最小取引単位は1万通貨。「パートナーズFXnano」は最小取引単位は100通貨で、スプレッドなどが異なります

スプレッドだけを見ると、圧倒的に手動のサービスの方が有利ですが・・・。

スポンサーリンク

手動トラリピ(リピート系FX)のデメリット

 

先ほどのスプレッド比較を見ると、誰もが手動の方がいいと思うのですが、デメリットは「手動」であることです。

以下の投稿で書きました「リピート系FX」の定義の一部を抜粋します。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

  • 一度設定したら自動で注文を繰り返す
  • 注文を繰り返す回数に上限がない
    (証拠金と設定の範囲内で)
  • PCの電源を切ってもFX会社のサーバー上で稼働する

手動だと、これらのことを行ってくれません

逆に、ループイフダントラリピそれらを繰り返し自動で行ってくれるラクチン自動売買だから人気なのです。

特に50銭以下のような比較的狭い値幅の場合、こまめに注文の発注をやり直さなければいけません

注文の出し忘れや、注文が枯れている状態だと、上のチャートのような場面を取りこぼしてしまいます

これは大きなデメリットかなと思います。

また、一般的には手動で注文を複数出す場合は、出した注文の数分の証拠金が必要となります(*例外は次の項)。

スポンサーリンク

手動と自動の中間が「自動売買注文」

 

前の項で「出した注文の数の証拠金が必要だが例外がある」で終えましたが、その例外がマネーパートナーズの提供する「連続予約注文」です。

以下の投稿で詳しく書きました。

連続予約注文とは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 以下の投稿で書きましたマネーパートナーズの提供する「連続予約注文」。 多くのブログなどで「手動トラリピにピ ...

続きを見る

連続予約注文」の場合は基本的には1回目の注文の証拠金だけで20回分の注文が出せます。ただし、当然ながら証拠金で出せる注文の範囲内で。証拠金が足りていないと注文は出ません。

しかも、最大20回まで発注できる機能があるので、手動でリピート系FXをするなら、マネーパートナーズ一択ですね。

発注回数も多いですし、注文の出し方の自由度も高いです。

マネーパートナーズの口座開設は以下のタイアップバナーからどうぞ。

マネーパートナーズ

上のバナーが表示されない方はこちら→マネーパートナーズ

タイアップキャンペーンの詳細はこちらの投稿で書きました。

マネーパートナーズ タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 東証一部上場企業の株式会社マネーパートナーズグループ傘下の「マネーパートナーズ」との当サイト限定タイアップ ...

続きを見る

 

リピート系FXタイアップキャンペーン

 

今回の手動リピート系FXの投稿をご覧いただいて、手動か自動か?どちらがいいと思われましたでしょうか。

取引コストで選ぶか?ラクチンな方を選ぶか?ですかね。

自動リピート系FX2社と当サイト限定タイアップキャンペーン中です。

アイネット証券・ループイフダンはこちらのバナーからどうぞ。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

トラリピが利用できるマネースクエアはこちらのバナーからどうぞ。

マネースクエア

バナーが表示されていない場合はこちら→マネースクエア

タイアップキャンペーンの詳細は以下の投稿で詳細をご確認いただけます。

アイネットFX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2018年6月1日より ...

続きを見る

トラリピ(マネースクエア) タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 元祖リピート系FXの「トラリピ」でおなじみ「マネースクエア」との当サイト限定タイアップキャンペーンがスター ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-リピート系FX入門
-,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.