リピート系FX入門

リピート系FXでフラッシュクラッシュでの大損を避けるには?対応策3選

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

コ○ナ・ショック以降、変わらない人気の「リピート系FX」。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法か ...

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

トルコリラ円、メキシコペソ円や南アフリカランド円などのスワップポイントの減額が進んでいるのでスワップ投資の魅力が落ち、その一方で中長期投資としての「リピート系FX」の魅力がさらに増してきています。

その「リピート系FX」で「フラッシュクラッシュ」での大損を避けるための対策とは?

フラッシュクラッシュとは?

 

まずは「フラッシュクラッシュ」の意味から。

◆フラッシュクラッシュとは?
株価や為替などが瞬間的に大きく下落・急落する現象
為替の場合は3円~5円ぐらいが数分程度で下落することもある。

直近では2019年の1月3日に対円通貨ペアの多くで、2020年の3月には豪ドル円で2回も発生しています。

2020年3月時の様子は以下です。

2020年3月9日 米ドル円 フラッシュクラッシュ チャート 楽天FX SBI FXトレード不具合

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 昨日の午前10時ごろに「フラッシュクラッシュ」と呼ばれる為替の急落がありました。 昨晩、YouTubeチャ ...

2020年3月19日 豪ドル円 セリングクライマックス フラッシュクラッシュ 口先介入チャート

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 今日の午前10時59分ごろに豪ドル円にて「フラッシュクラッシュ」というより「セリングクライマックス」といっ ...

 

筆者はフラッシュクラッシュでの大損経験あり

 

私にとっても他人事ではなく、2019年1月のフラッシュクラッシュで、1100万円を超える損失を出してしまいました。

その時の体験談・対応策はこちらのレポートで書きました。

同じような目に遭ってほしくないという気持ちからこのレポート、そしてこの投稿を書いています。

 

そのフラッシュクラッシュの対応策・その1

 

フラッシュクラッシュへの対応策・備えその1。

ループイフダンやトラリピなどのリピート系FXでは、想定レンジ・想定変動幅を予想します。

それをとにかく広く取るというのが対策です。

例えば、米ドル円なら、75円まで下落しても大丈夫な設定にする。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。表示しているテクニカル指標はこちらをMT4に再現しています。

米ドル円が75円まで下落しても耐えられる設定にしていたなら、90円から85円まで5円下落するフラッシュクラッシュに耐えられます

が、想定変動幅(想定レンジ)を広く取るには大きな資金が必要となりますし、資金効率が悪くなりがちです

対応策としては確かに有効なのですが、個人的にはあまりやりたくないです。

 

そのフラッシュクラッシュの対応策・その2

 

対応策・備えその2。

先ほどのフラッシュクラッシュとは?の項で、対円通貨ペアで発生することが多いと書きました。

ということは、対円通貨ペア以外の通貨ペアを選択するというのも対応策・備えになります。

対円通貨ペア以外と言うと、具体的にはユーロドル米ドルカナダドルやドルスイスフラン、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、豪ドル米ドルなどです。

冒頭にリピート系FX比較のURLを貼りましたが、通貨ペア数が多いサービス・会社を利用したほうが対円通貨ペア以外の通貨ペアが充実しているので有利です。

その中でも選ぶだけのリピート系のループイフダンが、初心者さんにとって始めるハードルは低いかと思います。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

選ぶだけのリピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXの自動売買は日々進化しています。 株式投資の自動売買と比較すると、何週も先を走っているのが、FXの自動 ...

ただ、対円通貨ペア以外を選べばそれで大丈夫」とは言い切れません

2015年に発生した「スイスフランショック」では、スイスフランが絡む通貨ペアで大変動が発生したので、スイスフラン円、ドルスイスフラン、豪ドルスイスフラン、ユーロスイスフランなどでは急落や急騰が起きました

こういったことがまた発生する可能性はありますし、それが豪ドル米ドルなどでも起きる可能性は0ではないです。

 

そのフラッシュクラッシュの対応策・その3

 

対応策・備えその3。

対円通貨ペアと、それ以外の通貨ペアを組み合わせる

日本人投資家にとって最もなじみ深いのが日本円です。

なので、日本円が絡んだ通貨ペアを選びがちです。

さらに複数を組み合わせる際も、米ドル円の買い、豪ドル円の買い、カナダドル円の買い、という対円通貨ペアの円売りポジションで通貨ペア分散をしてしまう傾向にあります。

他人事のように書いていますが、私もそうでした。

それで2019年1月3日のフラッシュクラッシュが直撃して大損に繋がりました。

当サイト限定タイアップ特典の以下の両方のレポートでも書きましたが、それを気に対円通貨ペア一極集中はやめました

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2020年4月3日より ...

トラリピ(マネースクエア) タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 元祖リピート系FXの「トラリピ」でおなじみ「マネースクエア」との当サイト限定タイアップキャンペーンがスター ...

で、対応策・備えに戻りますが、例えばですが、豪ドル円の買い、ドルスイスフランの買い、ユーロ円の売りなど、為替が一方向に大きく(特に円高進行)動いても、耐えられるような通貨ペア分散をした内容にするのです。

上の3通貨ペアの例だと、円高に大きく動いた時に影響を受ける(含み損が広がる)のは豪ドル円の買いだけですよね。

また、もしも米ドル安に大きく動いても、大きな影響を受けるのドルスイスフランの買いのみです。

リピート系FXでのフラッシュクラッシュへの備えとして私が行っているのは、このやり方です。

通貨ペアの分散は有効ですが、とは言え30万円など、少額資金でそれをするのはなかなかハードルが高いというのが難点です。

どんな設定にするか?にもよりますが、1通貨ペアにつき30万円ぐらいの最低資金が必要だから、それを3つとなると90万円の資金が必要となってくるので。

公式ブログにて、ループイフダンの色々な通貨ペアでの設定例を公開しています。

以下のボタンから飛べます。

ループイフダン設定例まとめはこちら

ということで、リピート系FXでフラッシュクラッシュでの大損を避けるには?対応策・備え3選については以上です。

30万円から始められるFX中長期投資

人気のリピート系FX&スワップ投資

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

メキシコペソ円スワップ投資

◆人気のメキシコペソ円
◆メキシコは信用格付けが高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約16%強(管理人の設定)

南アフリカランド円スワップ投資

◆歴史が長い南アフリカランド円
◆スワップポイントの安定性が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆値動きがあるので為替差益も狙える
◆年利の期待値は約12%強(管理人の設定)

-リピート系FX入門
-

© 2020 リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室