ループイフダン検証

6年ぶり円安 ループイフダン 米ドル円S(売り)25検証3か月 2022年3月30日

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

当サイト・新規口座開設数NO.1のリピート系FXのアイネット証券が提供する「ループイフダン」。

リピート系FXとは?
ループイフダンとは?

通貨ペア分散で運用しているリアル口座での運用結果はこちらの公式ブログにて公開中です。

ループイフダンの検証作業はリアル口座と並行して、デモ口座で色々と検証作業を行っており、主に当サイトで公開しています。

今回は、2021年12月30日より始めました、米ドル円のS25の検証結果について。

前回、この検証を始めることをお伝えした投稿はこちら。

売りスワップの調査のためループイフダン 米ドル円ショートS25 損切り「なし」検証スタート 2021年末

あれから、約3か月が経過しました。

稼働中の売買システム・ループイフダン設定

 

稼働中の「ループイフダン」の米ドル円Sの売買システム・設定はこちらです。

デモ口座の資金は300万円スタートなので、1,000通貨の売買システムを3つ稼働中です。

この項のデータは稼働時のもの。

通貨ペア・
売買方向・
値幅
米ドル円
S(売り)25
最大
ポジション数
(想定変動幅)
64
(約1,600pips・16円分)
目安必要資金
(*稼働時)
81万4,400円×3
(約55万円の余裕資金)
想定変動幅内で
為替が動いた場合の
1年間の決済損益の目安
(*ループイフダンランキングの
2021年12月30日抽出のデータより)
約61,000円×3
-売りスワップの
支払い

設定値幅は狭めの「25」にしました。

米ドル円の直近約3年間の高低差(高値と安値の為替レートの差)は14.3円なので、それよりも広い16円という想定変動幅を取っています。

私は損切り設定は「なし」。

ループイフダン 損切り設定 あり なし どっちがいい?

この設定を米ドル円月足チャート上に表示したものがこちらです。

稼働時の為替レートの115円が最安値での売りポジションだった場合、その16円上の131円が売買システムが停止する目安のライン。

さらに、余剰資金が約3円分ほど残っているので、115円が最安値の売りポジションの場合134円が強制決済・強制ロスカットラインの目安です。

スポンサーリンク

直近の値動きを米ドル円の日足&月足チャートで確認

 

直近の米ドル円の値動きです。まずは日足チャートをご覧いただきます。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。表示しているテクニカル指標はこちらをMT4に再現しています。

稼働時に115円台だった米ドル円はその後、125円まで上昇しました。

2022年3月28日には1日で(一時)3円も上昇・円安になるという激しい急騰劇を演じました。

月足チャート。

月足チャートで見ると、現在の為替水準がものすごく高いことがよくわかります。

私がFXを始めたのは2008年なのですが、125円~126円台は米ドル円の天井付近という感覚です。

スポンサーリンク

2022年3月末の米ドル円急騰の要因・なぜ?

 

米ドル円が急騰・・・というか、米ドル円のみではなく、他の対円通貨ペアも大きく上昇したので「円売り」が大きく進んだ理由。

1日で3円も上がった日の前週ですが、片岡日銀委員の「引き締めへの転換はない」という発言、黒田日銀総裁の「円に対する信頼失われてない」という発言で、現状の日銀の姿勢に大きな変化はなさそうで、また円安」容認と市場は受け取っていました

そして週が明けて今週の月曜日・28に日銀が指定した利回り「0.25%」で国債を無制限に買い入れる「指し値オペ」を実施すると発表し実施しました。

これにより、今年より積極的に利上げしていくという米国と日本との金融政策のギャップが浮き彫りになり、これから金利差が開いていくであろうとことで、円売り・米ドル買いに動きました。

金融緩和を継続するというメッセージを発信した日本円」を売り、米国など利上げスタンスに動いている「外貨」を買う流れが鮮明になったので、円安が一気に進んだということです。

スポンサーリンク

今回のループイフダン米ドル円S25の約定履歴

 

今回の、ループイフダンの米ドル円S25のデモ口座の約定注文の履歴の一部です。

この米ドル円ショートのデモ口座での検証作業をしている理由の一つが「スワップポイントの支払い」がどの程度重石になるのか?を調べるため。

今のところ、スワップポイントの支払いは大きなコストとなっていません。

ループイフダン運用におけるスワップポイントの重要性はこちらのレポート内で書きました。

ループイフダンセミナーでもいつもお伝えしていますよね。

スノーキー ループイフダンセミナー お申込方法

スポンサーリンク

ループイフダン米ドル円S25口座残高公開

 

稼働をスタートしてから約3か月が経過して以下のように口座残高は変化しました。

2021年12月30日 300万円でスタート
2022年3月30日 307万4,476円
トータル実現損益 +7万4,476円
前回公開時比残高 +7万4,476円
含み損益 -46万8,908円
(前回(稼働時)比 -46万8,908円)

約3か月間で+約7.4万円(決済損益)口座残高が増えています。

確定利益は3カ月分なので、7万4,476円を3で割ると、1か月あたり約2万4825円です。

平均月利(月間利益率)0.8%強(元本比の利回り。口座残高比・稼働時からの平均月利(月間利益率)約0.8%強)なので物足りないです。

私の考え方では、ループイフダン運用では月利(月間利益率)が1%を超えていたら十分なので。

実効レバレッジは5.1倍台と高く、口座維持率は490%台と危なっかしいです。

含み損が先月と比べて46万8千円ほど増えたので、実質的には、39万円ほどの口座残高減です。

米ドル円のS(売り)の売買システムを稼働していて、急激に円安進行になると利益も伸びないし、含み損が膨らんで当然ですよね。

やはり、ループイフダン運用では、通貨ペア分散がいいなと改めて思いました。

ループイフダンの通貨ペア選び・分散についてはこちらの特典のレポート内で詳しく書きました。口座をまだお持ちでない方は受け取ってください。

また3か月後ぐらいにでも続報を当サイトで公開しようと思っていますので、ブックマーク・お気に入りに追加をお願いいたします。

公式ブログにて公開中のループイフダン設定例まとめはこちら。

ループイフダン設定例まとめはこちら

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップキャンペーン

 

ということで、米ドル円S25の検証記事・3か月経過後は以上です。

また、この設定の検証結果を公開していきたいと思います。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券バナー

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

マネースクエア・トラリピとのタイアップキャンペーンの詳細はこちら。

トラリピ(マネースクエア) タイアップ

その他の限定タイアップキャンペーン一覧。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

30万円から始められるFX中長期投資

人気のリピート系FX&スワップ投資

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

メキシコペソ円スワップ投資

◆人気のメキシコペソ円
◆メキシコは信用格付けが高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約16%強(管理人の設定)

南アフリカランド円スワップ投資

◆歴史が長い南アフリカランド円
◆スワップポイントの安定性が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆値動きがあるので為替差益も狙える
◆年利の期待値は約12%強(管理人の設定)

-ループイフダン検証
-

© 2022 リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室