ループイフダン検証

ループイフダン 買いのみ

投稿日:2019年1月30日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

当サイトへの検索キーワードでの流入が特に多いのが取引コスト面で有利なリピート系FXアイネット証券のループイフダンに関することです。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

そのループイフダンの「買いのみ」運用、「売り」との使い分け運用について。

ループイフダンは「買い」も「売り」も選べる

 

この投稿時点では、アイネット証券のループイフダンでは14通貨ペアが取引可能です。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

それぞれの通貨ペアに、あらかじめ用意された値幅設定があり、そこから私たちは選ぶだけで取引をスタートできます。

上の画像は、その中の一部です。

それぞれから「B(買い)」と「S(売り)」の両方どちらでも選べるので、「買いのみ」だけではなく「売り」という選択肢もあります。

スポンサーリンク

「買い」と「売り」の使い分けはテクニックの一つ

 

私のこちらの著書の6章の112Pで書きましたが、ループイフダン運用において「B(買い)」と「S(売り)」を使い分けることはテクニックの一つです。

*当サイト限定特典でこの書籍がもらえます。投稿の後半をご覧ください

また、ループイフダンセミナーでも、そのことはお話させていただいています。

スノーキー ループイフダンセミナー お申込方法

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私の新刊「FXで負けないたったひとつの資産運用 ループイフダン入門と実践」は好評発売中です!*記事の最後に ...

続きを見る

スポンサーリンク

「買い」と「売り」の使い分け例

 

B(買い)」と「S(売り)」の使い分け例です。

チャート上で「安値」と思う部分では「B(買い)高値」と思う部分では「S(売り)」を稼働させるというものです。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

スポンサーリンク

「S(売り)」稼働時の注意点

 

S(売り)」稼働時の注意点ですが、通貨ペアによっては高額な売りスワップポイントが発生することがあります。

以下は、アイネット証券・ループイフダンのスワップポイントです。*調査日 2019年1月30日。1万通貨あたり

通貨ペア 買いスワップ
ポイント
売りスワップ
ポイント
米ドル円 +80円 -88円
ユーロ円 -12円 +4円
英ポンド円 +38円 -45円
豪ドル円 +40円 -53円
NZドル円 +36円 -52円
カナダドル円 +46円 -49円

米ドル円などは、買いポジション保有時に受け取れるスワップポイントは高額ですが、売りポジション保有時に支払いが発生するスワップポイントも高額です。

ループイフダン マイナススワップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 当サイトの人気のコンテンツはアイネット証券のループイフダンに関する投稿です。 新規口座開設申し込み数が最も ...

続きを見る

つまり、安値圏で「S(売り)」を稼働した場合、売りスワップポイントに苦しめられる可能性も出てきます。

急激な円安・ハイパー円安がこれから先に発生しないとは限りませんし・・・。

スポンサーリンク

「B(買い)」のみ稼働は?

 

この投稿のタイトルのループイフダン 買いのみ」についてですが、それはそれでアリだと思います。

初心者さんが「B(買い)」と「S(売り)」を積極的に使い分けるのは難しいでしょうからね。

どこが高値でどこが安値か?」という判断も簡単なものではありません

ただし、「B(買い)」を稼働して放置していればいいのか?というと、ループイフダンは追尾機能があり、為替の上昇を追いかけてくれるので高値掴みへの警戒が必要です

上の米ドル円月足チャートをご覧いただきますと、125円台をつけた時期があります。

その後の安値は97円台なので、28円ぐらいの変動幅があったということですよね。

買いのみ」運用をされる場合は、為替が高値圏に上昇してきたときはどうするのか?を考えておいた方がいいです。

  • 高値圏では稼働を停止して、安値圏になったら再稼働する
  • 稼働時点から高値圏からリーマン・ショック級の下落に耐えられる最大ポジション数の設定をする

上の二つなどが対処法の例です。

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ループイフダンの「買いのみ」運用に関しての投稿は以上です。

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネットFX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2018年6月1日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-ループイフダン検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.