リピート系FX入門

ループイフダン メリット デメリット

投稿日:2019年2月23日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

人気のリピート系FX・アイネット証券が提供する「ループイフダン」。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「ループイフダン」です。 2018年6月にはル ...

続きを見る

私はリアル口座・リアルマネーで2年以上運用しており、以下の書籍の著者でもあります。

*この書籍&書下ろしレポートが当サイト限定特典でもらえます。投稿の後半をご覧ください

他社リピート系FXと比較したループイフダンのメリット・デメリットについて。

この投稿のベースはアイネット証券のループイフダンを前提として進めていきます。

ループイフダンのメリット・選ぶだけ

 

まずはループイフダンのメリットから。たくさんあります。

ループイフダンが類似サービスと大きく違う点はリピート系FXかつ選択型システムトレード」であるということ。

選択型システムトレード」と書くとなんだ難しそうに感じるかもしれませんが「選ぶだけのFX」です。

以下の値幅(*一部の通貨ペアです。もっと多いです)から選ぶだけで始められます。

リピート系FXで初心者さんが悩むことは「値幅設定です。

22銭がいいのか?27銭がいいのか?考えていると日が暮れてしまいます

その点、ループイフダンはあらかじめ用意されたものの中から選ぶだけです!

スポンサーリンク

ループイフダンのメリット・始めやすい

 

先ほど、「選ぶだけ」と書きましたが、選ぶだけのメリットは「はじめやすいとも言えます。

ログイン後に通貨ペア」「売買方向(買いか売りか)」「損切り設定」「数量」を選び、入力すれば取引がスタートします。

ループイフダン 損切り設定 あり なし どっちがいい?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私もリアル口座・リアルマネーで運用をしていますループイフダン。 2017年5月中旬に法人口座で運用を開始し ...

続きを見る

他社リピート系FXは、スタートするまでが難しいものもあります。

スポンサーリンク

ループイフダンのメリット・取引手数料無料

 

他社リピート系FXの中には「取引手数料」が別途徴収されるものがあります。

というより、取引手数料がかかるほうが主流で、ループイフダントラリピ取引手数料が無料の方が非主流派です。

表面上、スプレッドが狭く感じる「トライオートFX」や「オートレール」などは往復の取引手数料が発生します。

その点、ループイフダンは取引手数料が無料なので取引コストの透明性が高いです。

 

ループイフダンのメリット・スワップポイントが高水準

 

当サイトでは定期的にリピート系FX各社のスワップポイントの調査をしていますがループイフダンを提供するアイネット証券がいつも最も高いです。

*1万通貨あたりの買いスワップポイント。日々変動します。2019年2月23日調査結果

サービス名 米ドル円
買いスワップ
豪ドル円
買いスワップ
アイネット証券
ループイフダン
+80円 +38円
トラッキングトレード +77円 +36円
トライオートFX +70円 +35円
ひまわり証券
ループ・イフダン
+65円 +20円
トラリピ +10円 +7円

ほとんどのFXブログや比較サイトではスワップポイントの金額についてはあまり書いてありませんが、リピート系FX運用で買いスワップポイントはかなり重要です。

含み損を抱える期間が長い中長期投資のリピート系FX運用ではスワップポイントでかなり運用成績に差が出ますよ。

スポンサーリンク

ループイフダンのメリット・デモ口座がある

 

ループイフダンのメリットはさらに続きます。

ループイフダンは無期限で利用できるデモ口座があります。

トラリピ」や「トライオートFX」にはデモ口座がありません。

 

ループイフダンのメリット・専門書が多い

 

ループイフダンは専門書が多いです。

冒頭では私が書いた書籍のリンクを貼りましたが、他の方の著書も発売されています。

また、Twitterで「#ループイフダン」で検索してみてください。

多くの方がループイフダンの運用結果やコツなどを無料で公開してくれています。

また、ループイフダンに特化したセミナーもアイネット証券では定期的に開催されています。

 

ループイフダンのデメリット・値幅の詳細設定ができない

 

何やらステマっぽくなってきたので、そろそろループイフダンのデメリットも挙げていきたいと思います。

先ほど「ループイフダンはあらかじめ用意された値幅から選ぶだけ」と書きましたが、逆に言うと自由に値幅設定をすることはできません

以下は米ドル円の「B15(15銭間隔で買い注文)」のイメージ図です。

例えば、米ドル円で「17銭間隔で取引がしたい」「35銭間隔で取引がしたい」と思っても、その値幅の売買システムがないからループイフダンでは不可能です。

値幅設定がしたい!」という方は後ほどリンクを貼っていますリピート系FX比較ページをご覧ください。

 

ループイフダンのデメリット・レンジ指定ができない

 

ループイフダンでは「レンジ指定」と呼ばれる「○○円になったら取引開始」「○○円になったら取引停止」という機能は現時点ではありません

B(買い)の場合は高値での買いポジションS(売り)の場合や安値での売りポジションを持つことがあるので、そういった時は手動での決済などの対応が必要になります。

レンジ指定ができるリピート系FXは「トラリピ」です。

トラリピとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2018年11月より運用を始めたのが「元祖リピート系FX」とも言えるマネースクエアの提供する「トラリピ ...

続きを見る

 

まとめとアイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ループイフダンのメリット・デメリットをあげてみました。

リピート系FX初心者さんにとって、もっともわかりやすい・理解しやすいのはループイフダンで間違いないと思います。

値幅設定やレンジ指定のこだわりがある方、ご自身が中級者以上だと思われる方は他のサービスも選択肢に入ってくるのかなと思います。

もう少し広い視野(*複数のリピート系FXの特徴を知りたい場合)で選ぶ場合は、以下の投稿を参考にどうぞ。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネットFX タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2018年6月1日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-リピート系FX入門
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.