トラリピ入門

トラリピ 最低通貨(最少取引単位)

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

マネースクエアが提供する人気のリピート系FXの「トラリピ」。

トラリピとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2018年11月より運用を始めたのが「元祖リピート系FX」とも言えるマネースクエアの提供する「トラリピ ...

続きを見る

その最低通貨(最少取引単位)について。

最少取引単位

 

この投稿のタイトルは最低通貨」にしましたが、FX用語的には「最少取引単位いうのが一般的です。

最少取引単位」の意味とは何か?ですが、最も少ない数量だといくらの単位から取引ができるのか?という意味です。

トラリピ最少取引単位は1,000通貨です。

リピート系FX」各社最少取引単位はどこでも1,000通貨です。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

 

最大取引数量は?

 

あっさりと答えを書いてしまいましたので、最大取引数量も調べてみました。

トラリピを提供するマネースクエアのホームページを確認すると、1回あたりの取引上限金額」という表現で「200万通貨とありました。

1回あたりということなので、最大の保有数量というわけではなさそうです。

ちなみに私はフラッシュクラッシュ前には、リピート系FXで100万通貨の数量で運用をしていた時期もありました(1回ではなく全てのポジションの合計)

1000万円超の資金で最大100万通貨ぐらいを保有していたのですが、今思えばリスクの取りすぎだったと反省しています。

フラッシュクラッシュでの失敗を機に考えを改めましたが(*レポートの中でも書きました)。

 

トラリピの1回の発注数量はどれぐらいがいい?

 

では、トラリピの1回の発注数量はどれぐらいがいいのでしょうか。

それには○○だ」という答えはありません

まず、資金量がいくらなのか?によります。

さらに、リスク&リターンの考え方によっても変わってくるかと思います。

一般論かつ初心者さん向けに私の考えをお伝えしますと、30万円・50万円など100万円以下の資金だと1,000通貨で十分だと思います。

100万円以下の資金で1万通貨単位の運用だと、きっとリスクが高いか、あまり注文が成立しない設定になっているかと思います。

細かく新規注文→決済注文の「リピート」を狙っていくのがトラリピを始めとするリピート系FXの王道だと私は思います。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

 

トラリピタイアップキャンペーン

 

トラリピ」の最少取引単位(最低通貨)と、初心者さんの取引数量に対する考え方は以上です。

トラリピが利用できるマネースクエアの口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

マネースクエア

バナーが表示されていない場合はこちら→マネースクエア

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

トラリピ(マネースクエア) タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 元祖リピート系FXの「トラリピ」でおなじみ「マネースクエア」との当サイト限定タイアップキャンペーンがスター ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-トラリピ入門
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.