リピート系FX比較

ループイフダン トラリピ スプレッド比較 2019

投稿日:2019年1月18日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

リピート系FXの二つのサービスを比較するシリーズの2019年版・第一弾です。

*追記 両者の違いを知りたい方は以下をご覧ください
公式ブログで後日、仕様面・スプレッド・スワップポイントなどを含めて徹底比較しました

◆公式ブログ記事への外部リンク
ループイフダン トラリピ 違い

 

アイネット証券などが提供する「ループイフダン」と、マネースクエアの提供する「トラリピ」のスプレッドを調査してみました。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

ループイフダンは初心者向け

 

多くのリピート系FX運用ブログなどでも書かれていますが「ループイフダン」の方が初心者さん向けです。

トラリピ」は、中級者以上向けというのが多くの方の意見であり、私もそう思います

リピート系FXを比較したらループイフダンが初心者向け 5つの理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 当サイトではリピート系FXのいろいろなサービスを比較・検証しています。 圧倒的人気NO.1なのはアイネット ...

続きを見る

ループイフダンが初心者さん向けと思う理由は上の投稿で書きましたが、デモ口座があるということと「設定を選ぶだけ」のリピート系FXであるからです。

ただ、「ループイフダン」→「トラッキングトレード」→「トラリピ」の順で、間に「トラッキングトレード」も入ると思います。

トラリピとトラッキングトレードは初中級者さん向けです。

トラッキングトレードとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 私が2016年12月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「トラッキングトレード」です。 ループイフ ...

続きを見る

スポンサーリンク

ループイフダンとトラリピの違い

 

ループイフダンの通貨ペア数は「20(2019年11月11日以降)」、トラリピの通貨ペア数は「12」です。

トラリピは2018年9月末に手数料が無料化されました。

ループイフダンはもともと手数料は無料です。

つまり、両社ともに手数料はかからないので、スプレッドを比較すれば取引コストの差がわかりやすいです。

スポンサーリンク

ループイフダンとトラリピのスプレッドを比較

 

それでは本題のループイフダンとトラリピのスプレッドの比較です。

以下の表がこの投稿時点での主要通貨ペアのスプレッド比較です。

*トラリピは変動制ループイフダンは原則固定。対円通貨は銭・ドルストレートはPIP。

再調査日。2019年11月7日。ループイフダン、トラリピともに自社が公開しているスプレッド

通貨ペア ループイフダン
(固定制)
トラリピ
(変動制)
米ドル/円 2銭
約3~4銭
ユーロ/円 3銭
約4~5銭
英ポンド/円 5銭
約6~7銭
豪ドル/円 4銭
約5~6銭
NZドル/円 6銭
約6~7銭
カナダドル/円 5銭
約2~3銭
ユーロ/米ドル 2PIP
約3~4PIP
豪ドル/米ドル 4PIP
約4~5PIP
NZドル/米ドル 6PIP
約4~5PIP

約半年前の前回調査時よりも、トラリピのスプレッドが広くなっているものが多かったです。

ループイフダン トラリピ 比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 リピート系FXの二つのサービスを比較するシリーズです。 今回は、アイネット証券などが提供する「ループイフダ ...

続きを見る

カナダドル円とNZドル/米ドル以外はループイフダンの方に優位性があります。

スポンサーリンク

スプレッドって重要?

 

リピート系FXを選ぶときにスプレッドは重要かどうか?ですが、最重要項目だと私は思います。

1万通貨あたり、1銭の取引コストの差があると100円相当です。

リピート系FXは、年間に数百回も取引を繰り返すことがあるので、5年・10年と運用を続けていたら数十万円の差がつくこともあります。

携帯電話料金などでイメージしてみるといいかもしれません。

毎月かかるランニングコストは、低い方がいいですよね。

取引コストで選ばれる方にとっては、ループイフダンの方が有利な通貨ペアが多いという結果になりました。

ちなみに、リピート系FXを選ぶポイントはスプレッドの次にスワップポイント、使い勝手(操作性)、カスタマイズ能力などになってくるのかなと思います。

後日に書きましたトラリピの特徴はこちらの投稿でご覧ください。

トラリピとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2018年11月より運用を始めたのが「元祖リピート系FX」とも言えるマネースクエアの提供する「トラリピ ...

続きを見る

 

まとめとアイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

ループイフダンとトラリピのスプレッド比較最新・2019年版は以上です。

当サイトとトラリピ(マネースクエア)の限定特典はこちら→マネースクエア

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-リピート系FX比較
-,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.