リピート系FX比較

連続予約注文 トライオートFX 比較

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

マネーパートナーズの提供する連続予約注文」と「リピート系FX」比較シリーズ第3弾です。

過去にはループイフダントラリピと比較した投稿を公開済です。

連続予約注文 ループイフダン 比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が今、リアル口座・リアルマネーで運用をしているリピート系FXはループイフダンとトラリピです。 ループイフ ...

続きを見る

連続予約注文 トラリピ 比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私は現在、マネースクエアのトラリピで100万円の資金で運用をしています。 当サイトでは先日、ループイフダン ...

続きを見る

今回は連続予約注文」と「トライオートFX」を比較していきましょう。

トライオートFXはリピート系FX・連続予約注文は?

 

過去のシリーズの投稿と繰り返しになりますが、私はリピート系FX」の定義づけをしました。

以下の投稿です。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

その中で一度設定したら注文を繰り返して、その数に上限がないと書きました。

トライオートFX」はこの条件を満たしているのでリピート系FXです。

が、「トライオートFX」は、その使い勝手の悪さと手数料の割高さから、私は利用をやめました

トライオートFXの運用と検証をやめた理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供するリピート系FXの「トライオートFX」。実は私のリピート系FXデビューはこのサービ ...

続きを見る

かたやマネーパートナーズの提供する「連続予約注文」は上限が20回に制限されています。

連続予約注文とは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 以下の投稿で書きましたマネーパートナーズの提供する「連続予約注文」。 多くのブログなどで「手動トラリピにピ ...

続きを見る

話を整理しますと。ほったらかしにできるのは「トライオートFX」の方です

トライオートFXはリピート系FX」で、かたや「連続予約注文は手動注文の進化形です。

スポンサーリンク

最小取引単位比較

 

最小取引単位(最も少ない数量)ですが、連続予約注文」は100通貨から取引可能(nano口座)で、「トライオートFX」は1,000通貨です。

1,000通貨と100通貨を比較すると10分の1なので、少額資金で始めやすいのは「連続予約注文です。

 

スプレッド比較

 

次に取引コストの比較です。

両者のスプレッドを比較したものは以下です。

マネーパートナーズには二つのサービスがありパートナーズFX」が最小取引単位は1万通貨FXnano」が最小取引単位は100通貨です。

スプレッドだけを見てみると、両者は拮抗しているように見えますが連続予約注文」は取引手数料は発生しませんが、「トライオートFX」は、以下の図のように往復の取引手数料が発生します

この取引手数料」が両者を比較するうえで最も重要なポイントといえるかもしれません。

 

取引コスト比較(スプレッド&手数料)

 

それでは、スプレッドと取引手数料を合計した取引コストの比較をしてみたいと思います。

どちらのサービスを利用される場合でも、多くの方が1万通貨以下の取引だと思います。

1万通貨当たりのスプレッドが1銭の場合100円と換算した場合、取引手数料を合わせた取引コストは以下のようになります。

米ドル円にいたっては、「トライオートFX」は「連続予約注文」の10倍以上の取引コストがかかるという計算になります。

取引コスト面だけ比較すると圧倒的に「連続予約注文」の方が有利です。

 

 

買いスワップポイント比較

 

トライオートFX」「連続予約注文」のどちらを利用される方も、中長期投資の方が多いと思います。

中長期投資で重要な買いスワップポイントを調査してみました。

3通貨ペアのスワップポイントの今回(2019年4月4日)の投稿時点での調査結果です。

*スワップポイントは日々変動します。以下は1万通貨あたり

パートナーズFX
(連続予約注文)
パートナーズFXnano
(連続予約注文)
インヴァスト証券・
トライオートFX
米ドル円
買いスワップ
+32円 +71円 +70円
豪ドル円
買いスワップ
+28円 +40円 +30円
NZドル円
買いスワップ
+23円 +30円 +35円

米ドル円・豪ドル円では「連続予約注文」のFXnanoが有利NZドル円では「トライオートFX」が有利という結果になりました。

 

まとめとタイアップキャンペーン

 

様々な視点で両サービスを比較してきましたが、全体的に「連続予約注文」の方が有利な点が多い結果になりました。

ただ、私の手には余った「トライオートFX」を使いこなせるのであれば、そちらもいいでしょう。

マネーパートナーズの新規口座開設は、限定特典付きの以下のバナーからがお得です。

マネーパートナーズ

上のバナーが表示されない方はこちら→マネーパートナーズ

マネーパートナーズタイアップキャンペーンの詳細はこちらの投稿で書きました。

マネーパートナーズ タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 東証一部上場企業の株式会社マネーパートナーズグループ傘下の「マネーパートナーズ」との当サイト限定タイアップ ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-リピート系FX比較
-,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.