リピート系FX比較

サイクル2取引とは?iサイクル2取引との違い

投稿日:2019年4月25日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら

リピート系FX各種のスペック詳細。

今回は外為オンラインの提供する「サイクル2取引」について。

同社では「iサイクル2取引」というリピート系FXがありますが、仕様が違います。

また、過去に外為オンライン社では「サイクル注文」というリピート系FXがありましたが、それをバージョンアップ・進化したものが「サイクル2取引です。

サイクル2取引とは?

 

サイクル2取引とは?
外為オンラインが提供するサービスで、
システムトレードの一種である「リピート系FX」の名称。
同社が提供する「iサイクル2取引」との違いは、
「レンジ指定型」で「損切りなし」であるという点。

ということで、「レンジ指定」ができる点が「iサイクル2取引」と大きく違う点です。

想定変動幅」という設定したレンジの外では新規ポジションを持たず、取引をしません。

なので、ループイフダンよりはトラリピ寄りの仕様と言えます。

また、ワイド方式」という方式を使えば、中心レートの上と下で「売り」と「買い」注文を区切って発注することもできます。

トラリピの「ハーフ&ハーフ」と似たことができます。

スポンサーリンク

サイクル2取引最大の特徴は「リスク軽減値」

 

サイクル2取引」最大の特徴は「リスク軽減値」だと私は思います。

上の図のように「リスク軽減値」に例えば「10」と入力した場合に、スタートが「50」だった場合に中心レートから離れていった時に「60」「70」「80」とポジション間隔を広げることができます。

この機能はループイフダンやトラリピにはありません。両者は等間隔でしか注文を出せないはずです。

スポンサーリンク

その他のサイクル2取引の特徴

 

その他の「サイクル2取引」の特徴は以下です。

    • 1,000通貨から取引可能
      (miniコース)
    • 「26」と通貨ペアが豊富
    • 大島優子さんがイメージキャラクター
      (資本力がある)
    • 別途取引手数料がかかる
      (一定期間手数料無料キャンペーンあり)
    • 損切り設定は「なし」のみ

口座開設時にL25RminiコースかL25miniコースを選択すれば1,000通貨から取引が可能です。

新規口座開設キャンペーンで、90日間は往復の手数料が無料キャンペーンを継続中です。*詳細は公式ホームページでご確認ください

レンジ指定」型で「損切り設定なし」で「リスク軽減機能(*これが最大の特徴)」があるのが特徴です。

同社の提供する「iサイクル2取引」は「損切り設定あり」で「レンジ追尾型」です。

 

サイクル2取引の始め方

 

サイクル2取引を始める方法ですが、外為オンラインの口座が必要になります。

オンラインから口座開設申込が可能となっています。

以下が、その申込用のバナーです。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

バナーが表示されていない場合はこちら→外為オンライン

その他のリピート系FXを含めた比較記事はこちら。

30万円から始められるFX中長期投資

人気のリピート系FX&スワップ投資

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

メキシコペソ円スワップ投資

◆人気のメキシコペソ円
◆メキシコは信用格付けが高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約16%(管理人の設定)

南アフリカランド円スワップ投資

◆歴史が長い南アフリカランド円
◆スワップポイントの安定性が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆値動きがあるので為替差益も狙える
◆年利の期待値は約18%(管理人の設定)

-リピート系FX比較
-

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2020 All Rights Reserved.