リピート系FX比較

リピート系FX スワップポイント 買いと売りの差額(さや)比較

投稿日:2019年11月16日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

一昨日にリピート系FXのスワップポイントの調査結果を当サイトで公開しました。

リピート系FX比較でスワップポイントが重要な理由&調査結果 20191114

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 当サイトでは定期的にリピート系FXのスワップポイントの調査結果を公開しています。 前回は2018年12月1 ...

続きを見る

上記の投稿時点では「もらえるスワップポイント」の調査結果だったのですが、今回は支払いが発生するポジションと、「さや」についても調べてみました。

さや」とは「買いスワップ」と「売りスワップ」の「差額です。

YouTube上で、動画を先に公開しました。

*動画内ではトラリピのユーロ円の買いスワップと売りスワップが逆になっていますので訂正いたします

「さや」は小さい方がいい?大きい方がいい?

 

FX初心者さん、リピート系FX初心者さんにはピンとこないかもしれませんが、両建てをする際は特に「さや」が小さい方がいいです。

スワップポイントのさや」は私たち投資家の負担=取引コストになります。

また、FX会社さん側から見ると「さや」は利益に繋がります。

今回の調査では「さや」だけではなく、「支払いスワップポイント」も確認できます。

 

ループイフダン(アイネット証券)のスワップポイントの「さや」は?

 

それでは、2019年11月16日に調査しました、アイネット証券(ループイフダン)のスワップポイントはこちらです。

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ さや
米ドル円 +62円 -69円 7円
ユーロ円 -20円 +12円 8円
英ポンド円 +42円 -49円 7円
豪ドル円 +23円 -35円 12円
NZドル円 +22円 -37円 15円
カナダドル円 +45円 -54円 9円
ユーロドル -92円 +82円 10円

アイネット証券のスワップポイントのさやは、この後の、他社と比較しても狭いです。

スポンサーリンク

トラッキングトレードのスワップポイントの「さや」は?

 

次に2019年11月16日に調査しましたトラッキングトレードを提供しているFXブロードネットのスワップポイントはこちらです。

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ さや
米ドル円 +62円 -65円 3円
ユーロ円 -15円 +10円 5円
英ポンド円 +27円 -38円 11円
豪ドル円 +20円 -28円 8円
NZドル円 +18円 -26円 8円
カナダドル円 +42円 -52円 10円
ユーロドル -92円 +82円 10円

トラッキングトレードも、アイネット証券・ループイフダンに負けず劣らずさや」が比較的小さいのが特徴です。

FXトレーディングシステムズ

FXブロードネット タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 バイナリー会社比較はこちら。 FXブロードネットさんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2018年4月 ...

続きを見る

スポンサーリンク

トライオートFXのスワップポイントの「さや」は?

 

次に2019年11月16日に調査しましたインヴァスト証券の「トライオートFX」のスワップポイントはこちらです。

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ さや
米ドル円 +40円 -75円 35円
ユーロ円 -27円 +2円 25円
英ポンド円 +11円 -35円 24円
豪ドル円 +5円 -35円 30円
NZドル円 +5円 -30円 30円
カナダドル円 +22円 -45円 23円
ユーロドル -119円 +45円 65円

トライオートFXはループイフダンやトラッキングトレードと比較すると「さや(差額)」が大きいですね。

トライオートFXの運用と検証をやめた理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供するリピート系FXの「トライオートFX」。実は私のリピート系FXデビューはこのサービ ...

続きを見る

トライオートFX シストレ24 どっちもやめた もうやらない理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私は現在、リピート系FXに関しては、ループイフダンで450万円、トラリピで150万円の資金で運用をしていま ...

続きを見る

スポンサーリンク

トラリピのスワップポイントの「さや」は?

 

次に2019年11月16日に調査しましたマネースクエアの「トラリピ」のスワップポイントはこちらです。

通貨ペア 買いスワップ 売りスワップ さや
米ドル円 +3円 -63円 66円
ユーロ円 -50円 ±0円 50円
英ポンド円 +28円 -28円 56円
豪ドル円 +1円 -53円 54円
NZドル円 +1円 -51円 52円
カナダドル円 +8円 -42円 50円
ユーロドル -66円 +30円 96円

1年ほど前に調査した時よりも、微妙に「さや」が広がっている気がしますね。

リピート系FX スワップポイント比較 ループイフダン(アイネット証券)が高い 20181216

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 2018年8月10日にリピート系FXのスワップポイントを調査しました。 あれから4カ月以上経過したので、最 ...

続きを見る

トラリピとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2018年11月より運用を始めたのが「元祖リピート系FX」とも言えるマネースクエアの提供する「トラリピ ...

続きを見る

スポンサーリンク

リピート系FXさや比較一覧表

 

順番にご覧いただいても、どこが有利なのかわかりづらいと思いますので、比較一覧表を作成しました。

こちらです。

さや」が狭いのはアイネット証券・ループイフダンとFXブロードネット・トラッキングトレードですね。

ちなみに、先日調査しました主要通貨ペアのスワップポイントはこちら。

こうやってみると、アイネット証券がスワップポイントに関しては圧倒的に有利です。

毎週調査しています、こちらの高金利通貨ペア3兄弟でも2週連続3冠王にアイネット証券が輝きましたよ。

その他の視点でリピート系FXを比較したい方はこちらの投稿をご覧ください。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

 

アイネット証券・ループイフダンタイアップ

 

冒頭でも書きましたが、買いスワップと売りスワップの「さや」は小さい方が私たちにとってはいいことです。

また、「支払いスワップポイント」も当然ながら、金額が小さい方がいいですね。

ということで、リピート系FXのスワップポイントの「さや」の調査結果は以上です。

ループイフダンとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私が2016年11月より運用を始めたのが「リピート系FX」のアイネット証券の提供する「ループイフダン」です ...

続きを見る

アイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

その他の当サイト限定タイアップ一覧表。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 当サイト限定のFXタイアップキャンペーンを開催中のFX会社の一覧表を作成しました。 それぞれのタイアップキャンペーンの詳細情報は枠内の「詳細はこちら」のこ ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-リピート系FX比較
-,

Copyright© リピート系FX・スワップポイント投資比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.