リピート系FX比較

ループイフダン トラリピ 初心者向けはどっち

2020年4月14日

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私は過去、最大1100万円の資金で「リピート系FX」運用を行っていました。

リピート系FXとは?
リピート系FX比較

が、その後フラッシュクラッシュでの失敗・大損を経験し、今は600万円の元手資金でループイフダントラリピ運用を行っています。

ループイフダン」は5年以上、「トラリピ」は2年以上の運用歴があります。

そんな私が、どっちが初心者さん向けか?をお伝えしたいと思います。

ループイフダンは「アイネット証券」という前提で書いていきます。

ループイフダン アイネット証券 ひまわり証券 どっちがいい

最後にはどちらのサービスとも限定特典のお知らせもあります。

両サービスの主要スペックをチェック

 

ループイフダン」と「トラリピ」のそれぞれの主要スペックについての詳細は、以下の二つの投稿で書きました。

ループイフダンとは?
トラリピとは?

以下が、それぞれの特徴が一目でわかるスペック一覧画像です。

サービス名 ループイフダン
(アイネット証券)
トラリピ
通貨ペア数 20 15
取引手数料 無料 無料
もらえる
スワップポイント
かなり高い かなり安い
値幅設定
(取引間隔)
固定
(選ぶだけ・
選択型)
自分で設定可
タイプ 追尾型 レンジ指定型
損切り設定 あり・なし
設定可
あり・なし
設定可
デモ口座 あり なし
難易度・
カスタマイズ
初心者向け 中級者向け

この両サービスがリピート系FXの中でも人気があり、初心者さんが「どちらがいいのかな?」と最終候補に残る理由は両サービスともに外付けの取引手数料がない点です。

スペック一覧だけを見た場合、デモ口座があるので、「ループイフダン」の方が初心者さんに優しいといえるでしょう。

 

ループイフダンは選ぶだけ、トラリピは?

 

それぞれの仕組みというか仕様の違いですが、私は「ループイフダン」は「選択型システムトレード」かつ「リピート系FX」と分類分けしています。

以下のように「ループイフダン」では、取引間隔は固定されており、ユーザーはそこから選ぶだけです。

ただ、「トラリピ」の方も「トラリピ1クリック」という機能があり、あらかじめ用意されたものから選ぶだけでの発注も可能です。

とは言え、「トラリピ」の「トラリピ1クリック」は、今のところその数は少なく、選ぶだけ」という点では「ループイフダン」の方に軍配が上がるでしょう。

あと、これはあくまでも私のイメージですが、「トラリピは注文方法の進化形」と分類分けした方が仕組みを理解しやすいかと思います。

両者ともに、実際にやることは新規注文→決済注文の繰り返し、なのですが。

 

ループイフダンとトラリピのユーザーインターフェースは?

 

ユーザーインターフェースは、好みが分かれるところだと思います。

まずはループイフダンの方をご覧いただきます。

以下のように、通貨ペアを選択し、値幅を選択し、損切り設定のありなしを選び、取引数量を入力します。

あとは、最大ポジション数を入力して「確認」を押せば運用はスタートします。

一方、以下の二つの画像はトラリピの「トラリピ1クリック」を使わない、通常の発注画面です。

通貨ペアを選択し、レンジ(〇〇円~○○円)を入力し、数量を入力し、トラップ本数、利益金額、決済トレールのありなし、ストップロス注文を設定するかどうかを選びます。

ここで念のために「トラリピのリスクを試算」をして、「どのような注文内容になるのか?」を見ることができます。

あとは「確認」から「注文実行」を押せば、運用がスタートします。

ループイフダン」の方が項目が少ないので、簡単とも言えますし、こだわりがある場合は「トラリピ」の方に魅力を感じる方もいらっしゃるでしょう。

どっちが初心者さん向けですよ、とは言い難いです。

 

その他の仕様面の違い

 

その他の仕様面の違いです。

ここは、初心者さん向けとは言えない部分も含めて再確認をしておきたいと思います。

先ほどまでに取り上げなかった部分の比較ですが、ループイフダン」のメリットは「通貨ペア数が多い」「スワップポイントの水準がかなり高い」「主要通貨ペアのスプレッドが狭い点。

「ループイフダン」のデメリットは「レンジ指定」や「決めたレートで停止の機能がない」点。

トラリピ」のメリットは「値幅設定のカスタマイズ性が高い」「レンジ指定ができる」「高金利通貨ペア3兄弟のスプレッドが狭い点。

「トラリピ」のデメリットは「スワップポイントの水準がかなり低い」「主要通貨ペアのスプレッドがやや広い」点。

この項をまとめると、ループイフダンは通貨ペア数が多く、スワップポイントが高く、米ドル円などの通貨ペアのスプレッドが狭いです。

一方のトラリピの魅力は、レンジ指定ができるなどカスタマイズ性能が高く、メキシコペソ円などの通貨ペアのスプレッドが狭いです。

次の項で「限定タイアップキャンペーン」のお知らせがあります。

 

ループイフダンとトラリピ初心者向けはどっち?

 

始めやすい」という点ではアイネット証券「ループイフダンだと思います。

実際に私は「ループイフダン」で利益をコツコツ積み上げています。

FXブログなどの情報量の多さで言うと、互角でしょう。

両サービスともに著名ブロガーさんなどが設定を公開してくれています。

私もいくつか公開しています。

*追記 最新のループイフダン設定例はこちらの公式ブログのループイフダン設定例まとめ・こちらのオレンジ色のボタンから飛べます

ループイフダン設定例まとめはこちら

ループイフダン 米ドル円版 資金30万円設定例 2020年4月
ループイフダン 資金30万円設定例 カナダドル円・豪ドル円・NZドル円 2020年6月更新

ちなみに、今回比較しました両サービスと当サイト限定タイアップキャンペーンを開催中です。

その他のリピート系FXも合わせて比較したい方はこちらをご覧ください。

リピート系FX比較

以上、「ループイフダン トラリピ 初心者さん向けはどっち?」でした。

ループイフダンが利用できるアイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券バナー

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

ループイフダン 始め方

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

マネースクエア・トラリピとのタイアップキャンペーンの詳細はこちら。

トラリピ(マネースクエア) タイアップ

その他の限定タイアップ一覧。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

30万円から始められるFX中長期投資

人気のリピート系FX&スワップ投資

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

メキシコペソ円スワップ投資

◆人気のメキシコペソ円
◆メキシコは信用格付けが高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆低レバレッジでも高いスワップ
◆年利の期待値は約18%(管理人の設定)

南アフリカランド円スワップ投資

◆歴史が長い南アフリカランド円
◆スワップポイントの安定性が高い
◆保有するだけでスワップがもらえる
◆値動きがあるので為替差益も狙える
◆年利の期待値は約14.6%強(管理人の設定)

-リピート系FX比較
-, ,

© 2022 50代でセミリタイア・リピート系FXとスワップ投資検証ブログ