トライオートFX検証

トライオートFX 売買手数料は大損した時に辛い

投稿日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

先日のこちらの投稿に続く、「トライオートFX」に続く情報です。

トライオートFX コアレンジャー ユーロ英ポンドは取引コストが割高なのでおすすめしない

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私は現在「リピート系FX」では、ループイフダン(アイネット証券)で450万円、トラリピで150万円の資金の ...

続きを見る

トライオートFX シストレ24 どっちもやめた もうやらない理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私は現在、リピート系FXに関しては、ループイフダンで450万円、トラリピで150万円の資金で運用をしていま ...

続きを見る

私は現在、リピート系FXでは、ループイフダン450万円トラリピ150万円の資金で運用をしています。

また、セントラル短資FXみんなのFX計200万円の資金でメキシコペソ円スワップ投資LIGHT FX100万円の資金で南アランド円スワップ投資をしています。

トライオートFX」に関しては、過去に1年間ほど利用していました。

トライオートFXの運用と検証をやめた理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供するリピート系FXの「トライオートFX」。実は私のリピート系FXデビューはこのサービ ...

続きを見る

ループイフダンとトラリピを利用している理由

 

私がループイフダンとトラリピを利用している理由は、ずばり、売買手数料が無料な点」と「損切り設定ありなし」が選べる点です。

上の図の中には入れていませんが、「トライオートFX」も損切り設定のありなしは選べます。

が、次の一覧の一番下に入れていますが、トライオートFX」は売買手数料が発生します。

その売買手数料の仕組みは以下の図のようになっており、1回あたりの注文が1万通貨以下の場合は、1,000通貨取引で往復40円のコストが必要(*対円通貨ペアの場合)となります。

インヴァスト証券公式ホームページや、FXブログなどでスプレッドが狭い点が強調されていることがありますが、本来強調されるべきは売買手数料が発生する点です。しかも往復。

スポンサーリンク

リピート系FXにおいて売買手数料の有無は重要?

 

それでは、リピート系FX選びにおいて、「売買手数料があるのか?ないのか?は重要なこと」なのでしょうか。

当サイトや公式ブログでは、スプレッドと売買手数料をプラスして、取引コストの総額を算出することが多いです。

過去にはループイフダンとトラリピと、トライオートFXとの比較投稿を公開済みです。

ループイフダン トライオートFX 比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 リピート系FXの二つのサービスを比較するシリーズです。 今回は、アイネット証券などが提供する「ループイフダ ...

続きを見る

トラリピ トライオートFX 比較 2019

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 リピート系FXの二つのサービスを比較するシリーズです。 今回は、マネースクエアが提供する「トラリピ」と、イ ...

続きを見る

が、実は買値」と「売値」の差の間接的なコストである「スプレッド」と、直接的なコストである「売買手数料」は意味合いが異なります

スポンサーリンク

トライオートFXの売買手数料は大損した時にも徴収

 

今この投稿をご覧いただいているあなたは、すでにリピート系FXで運用をされていますでしょうか?

また、リピート系FXの運用経験がなくても、FXの運用経験はおありでしょうか。

新しいことを始めるときは、上手くいく前提でスタートしがちです。

ですが、裁量(自分の判断)FXでも、リピート系FXなどの自動売買系のFXでも、思い通りにいかないことは当然ながらありえます

思い通りにいかない」とは「損失」あるいは「大損のことです。

私にとってもそれは他人事ではなくて、2019年1月3日の「フラッシュクラッシュ」と呼ばれる急激な円高で損失を出してしまいました。

*以下の画像はレポートがもらえるキャンペーンへのリンクです

話を戻しますが、「トライオートFX」で「損失」「大損」が発生した時に、売買手数料はどうなると思いますか?

今回は損失を出したからおまけしてあげよう」ということはなく、当然ながら売買手数料は徴収されます。

泣きっ面に蜂」ですが、取引ルールなので仕方ないですよね。

売買手数料があるか?ないか?で、そういった時に追い打ちを食らうかどうか?にもつながってきます。

どうしてもトライオートFXでないといけない」理由があれば、売買手数料が往復発生することも加味して選べばいいとは思いますが、そういった理由はおありでしょうか。

私が厳選しましたリピート系FXサービスの比較ができるページはこちらです。

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

 

アイネット証券タイアップ

 

以上、トライオートFX 売買手数料は大損した時に辛い(外付け手数料タイプのリピート系FXは大損した時に辛い)」理由でした。

当サイトリピート系FX・人気NO.1のループイフダンが利用できるアイネット証券の口座を新規で申し込むなら、当サイト経由・以下のバナーからがお得です。

アイネット証券

バナーが表示されていない場合はこちら→アイネット証券

タイアップキャンペーンの詳細こちらのページでもご確認いただけます。

アイネット証券 タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 リピ系FX比較はこちら。 アイネット証券さんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2019年9月6日より ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-トライオートFX検証
-

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.