トライオートFX検証

トライオートFX コアレンジャー ユーロ英ポンドは取引コストが割高なのでおすすめしない

投稿日:2019年10月23日 更新日:

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。

FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら

私は現在「リピート系FX」では、ループイフダン(アイネット証券)で450万円、トラリピで150万円の資金の合計600万円で運用をしています。

リピート系FXとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 FXトレーダーの間で2015年ごろから継続して流行しているのが「リピート系FX」と呼ばれるFXの注文方法が ...

続きを見る

リピート系FX比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 当サイトの管理人は「リピート系FX」で実際に最大約1080万円の資金で運用をしていました。2017・2 ...

続きを見る

今回は某仮想通貨業界のインフルエンサーが選択後に暴落したと話題のインヴァスト証券の「トライオートFX」の中にある「コアレンジャー」のユーロ英ポンドについて。

トライオートFX シストレ24 どっちもやめた もうやらない理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私は現在、リピート系FXに関しては、ループイフダンで450万円、トラリピで150万円の資金で運用をしていま ...

続きを見る

ユーロ英ポンドはリピート系FX向きではない?

 

まずは、ユーロ英ポンドの日足チャート、週足チャート、月足チャートを見ていきましょう。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。

月足チャートで見ると、ここ3年間ぐらいは、0.833~0.932という1,000pipsぐらいのレンジでの値動きです。

ただ、2015年6月~2015年12月ごろにかけては0.69台をつけている場面もあり、最低でもこのあたりまで下落しても強制ロスカットにならないような設定(や資金管理)にはしておきたいところです。

3年間だけ見るとレンジ相場での揉み合いですが、特に下に抜けてしまう可能性は十分にあり、また米ドル円などの対円通貨ペアと比較してもスプレッドが広い点なども考慮するとリピート系FX向きの通貨ペアであるかどうかは疑問です。

ループイフダンで比較的高金利な通貨ペア(カナダドル円など)で運用をする方がいいような気も。

ループイフダンで毎月10万円稼ぐための必要資金の目安 カナダドル円

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 当サイトやYouTube上では、FXの中長期投資で毎月10万円稼ぐための必要資金・皮算用(期待値)シリーズ ...

続きを見る

スポンサーリンク

コアレンジャーの売買ロジック

 

トライオートFX」の「コアレンジャー_ユーロ英ポンド」の売買ロジックを月足チャート上に表示すると以下のようになります。

0.859~0.903の範囲に買い注文、0.871~0.927に売り注文が出ています。

コアな部分では「両建て」をするということですね。

個人的には、私はリピート系FXでは両建て」はしない派なので、この「コアレンジャー_ユーロ英ポンド」の売買ロジックを利用したいとは思いません

また、冒頭でも書きましたがつい数日前に買い注文の範囲内を抜けてしまっていますね。

それは、この売買ロジックの根本の考え方が破綻している (想定レンジから抜けている)という見方も出来ると思います。

この売買ロジックを選択・稼働したタイミングにもよりますが、証拠金に余裕がない状態だと、強制ロスカットに近い状態の方もいらっしゃるのでは。

スポンサーリンク

リピート系FXでユーロ英ポンドはあり?なし?

 

そもそもの話、「ユーロ英ポンド」という通貨ペアはリピート系FX向きの通貨ペアと言えるのでしょうか。

私の個人的な意見としては「複数の通貨ペアで稼働させる中の一つならアリ」だと思います。

つまり、かごに盛った卵の中の一つ(ポートフォリオの中の一つ)ならいいのでは。

congerdesign / Pixabay

逆に言うと、全力(手持ち資金の全て)をツッコむような通貨ペアではないと私は見ています

それでも、コアレンジャー」の収益率のランキング上位に表示されていて、著名ブロガーさんがおすすめしていたら選びたくもなりますよね。

結果がどうなるかは、結果論であり今の時点ではわかりませんが、私には危なっかしく見えます

スポンサーリンク

トライオートFXは手数料が割高

 

過去に何度も当サイトで指摘していますが、「トライオートFX」はいまだに外付けの売買手数料が発生することもあり、割高なリピート系FXです。

ループイフダン トライオートFX 比較

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 リピート系FXの二つのサービスを比較するシリーズです。 今回は、アイネット証券などが提供する「ループイフダ ...

続きを見る

以下のように、「トライオートFX」の外付け手数料は取引数量に応じて変動する仕組みですが、多くの方は1回の注文は1万通貨以下(1,000~9,000通貨)だと思うので、青色の部分を見てください。

1万通貨未満 1,000通貨単位当たり20円
(対外貨通貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満 1,000通貨単位当たり10円
(対外貨通貨は0.1外貨)
10万通貨以上50万通貨未満 1,000通貨単位当たり5円
(対外貨通貨は0.05外貨)
50万通貨単位以上 無料

さて、次にユーロ英ポンドの取り扱いのあるリピート系FXのトラッキングトレードとの比較をした表を二つご覧いただきます。

まずは手数料無料キャンペーンの比較です。1,000通貨取引の場合。

サービス名 口座開設後
90日間
口座開設後
90日間経過以降
トラッキングトレード 往復手数料無料
キャンペーン中
(スプレッドのみ)
片道手数料無料
キャンペーン開催中
(スプレッド+20円)
トライオートFX スプレッドと
手数料往復+40円
スプレッドと
手数料往復+40円

手数料を具体的な金額にした場合は以下です。*計算を簡略化するため、1,000通貨・1pipを10円の取引コストとして算出しました

サービス名 口座開設後
90日間
口座開設後
90日間経過以降
トラッキングトレード
(ユーロ英ポンド
スプレッド2.9pips)
29円相当の
取引コスト
49円相当の
取引コスト
(片道20円の
手数料分上乗せ)
トライオートFX
(ユーロ英ポンド
スプレッド1.9pips)
59円相当の
取引コスト
(往復40円の
手数料分上乗せ)
59円相当の
取引コスト
(往復40円の
手数料分上乗せ)

90日間の手数料無料期間中は圧倒的、それ以降もトラッキングトレードの方が有利ということになりました。

トライオートFX」の「コアレンジャー_ユーロ英ポンド」のコアレンジ帯(中心部分の価格帯)では、20pips(1,000通貨だと約200円換算)の利確幅です。

約200円分の利益を狙うのに、コストが約59円だと、4分の1以上が取引コストとして消えていることになります。

トライオートFXの運用と検証をやめた理由

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供するリピート系FXの「トライオートFX」。実は私のリピート系FXデビューはこのサービ ...

続きを見る

今回も「トライオートFX」は他社と比較すると取引コスト面では割高感が出ています。

コアレンジャー 豪ドル/NZドル スプレッド比較すればインヴァスト証券が儲かる仕組み

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 インヴァスト証券の提供する「トライオートFX」の「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」。 その収益率の高さば ...

続きを見る

ただ、「トライオートFX」と「トラッキングトレード」は売買ロジックが少し違うので、その点は補足しておきます。

トラッキングトレードとは?

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。バイナリー会社比較はこちら。 私が2016年12月より運用を始めたのが「リピート系FX」の「トラッキングトレード」です。 ループイフ ...

続きを見る

まあ・・・先ほども少し触れましたが、どうしても「トライオートFX」の「コアレンジャー_ユーロ英ポンド」でないといけない理由があるのかどうか?も重要ですよね。

そう思われましたか?

*追記 後日、アイネット証券のループイフダンにもユーロ英ポンドが追加されました

ループイフダン ユーロ英ポンド 英ポンドドル ユーロ豪ドルなど6通貨ペア追加へ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社比較はこちら。リピ系FX比較はこちら。 私も450万円の資金で運用中の当サイトでの口座開設発生件数NO.1のリピート系FXのアイネット証券が提供す ...

続きを見る

 

トラッキングトレードタイアップ

 

トラッキングトレードが利用できるFXブロードネット社と当サイト限定タイアップ開催中!

以下が、その限定タイアップ申込用のバナーです。

FXトレーディングシステムズ

バナーが表示されていない場合はこちら→FXブロードネット

FXブロードネットの口座を新規で申し込むなら、当サイト経由がお得です。

タイアップキャンペーンの詳細はこちらの記事内容をご確認ください。

FXブロードネット タイアップ

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 FX会社の比較はこちら。 バイナリー会社比較はこちら。 FXブロードネットさんとスノーキーのサイト限定タイアップキャンペーンを開催中です! 2018年4月 ...

続きを見る

その他の当サイト限定タイアップ一覧表。

FX タイアップキャンペーン比較一覧

当サイト室長のスノーキー(小手川征也)です。 当サイト限定のFXタイアップキャンペーンを開催中のFX会社の一覧表を作成しました。 それぞれのタイアップキャンペーンの詳細情報は枠内の「詳細はこちら」のこ ...

続きを見る

話題のリピート系FX

人気・話題のリピート系FX提供会社

ループイフダン(アイネット証券)

◆管理人所有サイト口座開設申込人気NO.1
◆「選ぶだけ」の「リピート系FX」
◆仕組みがシンプルで初心者向け
◆取引手数料無料
◆取引コストが他社リピート系FXより有利
◆スワップポイントが高水準
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラリピ(マネースクエア)

◆元祖「リピート系FX」
◆「トラリピ®」は特許取得済み
◆取引手数料無料(2018年9月29日より)
◆レンジ指定が可能(○○円~○○円の間)
◆詳細な値幅設定が可能(中級者・上級者も満足)
◆ハーフ&ハーフ機能がある
◆1,000通貨から取引可能
◆専門書がある
◆会場セミナー・オンラインセミナーが充実

トラッキングトレード(FXブロードネット)

◆豪ドル円・NZドル円の取引コストが安い
◆1,000通貨から取引可能(ブロードライトコース)
◆「24」と通貨ペアが豊富
◆ポジション間隔を自分で設定可能
 (ランキングから選ぶだけの機能も)

-トライオートFX検証
-, ,

Copyright© リピート系・シストレ・外国為替FX比較評判検証室 , 2019 All Rights Reserved.